劣等感が激しいと、配偶者にまで自分の弱点を隠す。

そして、他人からどう思われているかが気になる。

ある他人からどう思われているかが気になる男性は、七十歳を過ぎても、妻に自分の弱点を隠していた。

自分の弱点をさらりと言ってしまえる人は、相手をリラックスさせる。

しかし自分の弱点を隠して、自分を偉大に見せようとする他人からどう思われているかが気になる人は相手をも緊張させる。

絶えず「他人からどう思われているか」を気にしている人は、自分の何が相手に好かれるかを誤解する。

他人からどう思われているかが気になる人は付き合いが始まっても、自分の何に相手が惹かれているかを誤解する。

そして「他人からどう思われているか」を気にしている人は、相手が気に入ってくれるだろうと「自分が考える」生き方に、自分を合わせようとする。

その結果、他人からどう思われているかが気になる人は相手に不快感を与える生き方を選んでしまうということがある。

「他人からどう思われているか」を気にしている人は、相手に好かれようとして、逆に相手が自分を嫌いになるように嫌いになるように行動してしまう。

人は、相手が自分を嫌いになるように嫌いになるように、無理な努力を重ねることがよくある。

要するに「好きなことは好きだ」という、単純なことが理解できない。

そんなにいちいち「こうなったら、相手はこう思うに違いない」「こうなったら、大変だ、相手に嫌われるのではないか」などと相手の気持ちを勝手に解釈する必要はない。

「他人からどう思われているか」を気にしている人は、相手の気持ちを解釈しすぎるのである。

そして他人からどう思われているかが気になる人は会話がなくなる。

他人からどう思われているかが気になる人はボロを出すまいとするから、会話がなくなる。

「他人からどう思われているか」「好かれること」は、実はそんなに大事なことじゃない

もちろん他人からどう思われているかが気になる人は相手の気持ちを解釈しすぎるのは、不安だからである。

他人からどう思われているかが気になる人は自分が好かれているかどうか不安だから、ついつい解釈しすぎてしまう。

「他人からどう思われているか」を気にしている人は、相手に親切をしたいのだけれども、どのように親切にしていいかわからないというときもある。

あるいは、他人からどう思われているかが気になる人は「こんなことをすると、恩着せがましく感じるのではないか」と恐れて、その親切をやめてしまうこともある。

「他人からどう思われているか」を気にしている人は、相手に対する好意はあるのだけれども、それをどう表現していいかわからない。

それは第一には自分が好かれているかどうか自信がないということである。

第二には、好かれることに自分の価値を感じすぎているからである。

そして他人からどう思われているかが気になる人は相手と心がふれあっていない。

他人からどう思われているかが気になる人は「相手に好かれること」があまりにも重要になりすぎると、かえって相手に親切ができなくなる。

他人からどう思われているかが気になる人は相手に対して、「こうしよう」とか「こうしたら」とか「こうしてあげる」とか提案さえもできなくなってしまう。

「他人からどう思われているか」を気にしている人は、相手との関係では、受け身でしかありえなくなる。

おそらく、「他人からどう思われているか」を気にしている人は、子どものころに重要な他者との関係で、自分に自信を得ることができなかったのであろう。

他人からどう思われているかが気になる人は重要な他者との関係で、心安らかな時間をともにすることができなかった。

※参考文献:無理しない練習 「自分らしく」生きたほうが好かれる 加藤諦三著