「挑戦し続けられる自信」の育て方

子どもに自信を与える時間とは、子どもからするとどんな時間であろうか。

もちろん安心感のある時間である。

自分に弱点があっても、親は自分を好きであると、子どもが確信できる。

そのような時間である。

そう感じることができるときに、子どもは大きな安らぎを覚える。

これこそが自分に対する自信である。

そんなときに子どもは親に対して温かい、親しい感情を持つのではなかろうか。

「自分が優れた子どもでなくても、親は自分を好きである」。

こう感じることができた子どもは、百億の財産をもらうよりも幸せである。

百億の財産は、子どもに自信を与えることはできない。

しかしこの感じ方は、子どもに自信を与えることはできる。

「相手は”自分が自分であること”以上のことを、自分に期待していない」、こう感じることができてはじめて、人は安心できる。

このような安らぎの体験の積み重ねの中で、自信ができてくるのではなかろうか。

このような安らぎの体験の記憶が幾重にも重なり、大人になったときの自信へと連なっていく。

自信と安心感があるから、人は積極的に仕事ができるのであろう。

人は自分に自信があるから、恐れることなく自分の能力を試されるような機会に挑戦できる。

自分の能力に自信があるから、積極的に挑戦できるのではない。

「自分に能力がなければ自分は嫌われる」と思っている人は、失敗を恐れてなかなか未知の仕事に挑戦できない。

したがって、どんなに能力があっても自信のない人は自信がない。

自信とは、「自分に弱点があっても自分は相手にとって価値がある」と感じられることである。

自分に弱点があっても、相手は自分に会いたがる。

自分に弱点があっても、相手は自分に満足している。

自分に弱点があっても、相手は自分を見捨てない。

子どもは、運動会で一番になって自信がつくのではない。

一番になって「すごい!」という母親の評価では、自分に自信はつかない。

ビリになっても抱きしめてくれるお母さんがいることで、自信がつく。

三番になって、「三番で嬉しい」という母親の感情で、子どもは自分に自信がつく。

母親の評価で自信がつくのではなく、母親の感情で自信がつく。

子どもは「比較しないでほめて!」と言っている。

「ニセの自信」に騙されていないか?

人は親しい人との関係において、自分をそう感じることができなければ、”不安な緊張”からは解放されないであろう。

生きることは辛い。

生きることには困難が伴う。

そのような人生を意欲的に生きていかれるためには、このような自信が必要である。

自分に弱点がないということは、自分に対する自信とはならない。

弱点がない人などいない。

だからそのようにいう人は、弱点を相手に隠しているだけである。

「弱点がないから自分に自信がある」と言う人がもしいるとしても、それは真の自信にはならない。

なぜなら「もしその長所を自分が失ったら、自分は重要な人を失う」という不安から逃れられないからである。

「自分は体力があるから自分に自信がある」と言う男性がいたとしよう。

そして「その体力が女性を惹きつける」と言っていたとしよう。

しかし、いつかは体力を失う。

あるいは何かの事情で、体力を失うかもしれない。

病気になったらどうするか。

この男性は自分に自信があるためには、病気をしてはいけない。

本当の自信とはむしろ、「自分は体力がないけれども、相手に好かれている」という感じ方である。

親しい人との関係においては、いわゆる長所のみが意味あるのではない。

このことが劣等感の強い人は理解できない。

ある人を好きになるというのは、その人が世間的に驚くべき長所を持っているからではない。

前から見える姿だけが人を惹きつけるわけではない。

ボロボロになっている後ろ姿も、人を惹きつけるのである。

長所だけが人を惹きつけるわけではない。

弱点もまた人を惹きつけるのである。

劣等感の強い人は、「親しまれる」「好かれる」ということはどういうことかということが理解できていない。

※参考文献:無理しない練習 「自分らしく」生きたほうが好かれる 加藤諦三著

 

  ★対人恐怖症・社交不安障害の克服メルマガ★(無料)

対人恐怖症・社交不安障害、あがり症の克服方法や考え方を定期的にメールで配信します。

対人恐怖症・社交不安障害、あがり症でお困りの方にはきっと役立つと思いますので、これを読んで克服していきましょう。

ただ今、医師が「ああ、もう克服しかけてるな」と安心する時、対人恐怖症・社交不安障害の人が発する言葉を登録時に配信中です。

*メールアドレス
*お名前(ニックネーム)



※登録後の返信メールが届かない場合は、一度迷惑メールフォルダをご確認のうえ、迷惑メール解除をお願いします。
サブコンテンツ

このページの先頭へ