私個人の好き好みなんですが、

僕は、この本、大好きなんですよ。

特に、ピンポイントに対人恐怖症、社交不安障害、あがり症の人が克服するための本だなと思いました。

中でも僕は
「馬を水辺へ連れていくことはできるが水を飲むか飲まないかは馬の自由だ」というフレーズが大好きです。

課題の分離ですね。

※参考文献:嫌われる勇気 岸見一郎著