対人恐怖症、社交不安障害を克服したい人の中には

人と接すると訳もなくイライラしてしまう人がいるかもしれません。

それは、現実をはき違えて理解しているからです。

私はあの人を憎んでいる、だから向こうもこちらを憎んでいる。

そこで、間違った努力をする。

そうすることでどっと、疲れがでる。

ここで注目したいのは、向こうはこちらを憎んでも何でもないということだ。

つまり相手を客観視できていない、間違った解釈をしているのである。

たとえば、男は、どんと男らしくなくちゃだめだ。と思っている人に対して、

少し、疲れて影がある男に魅力を感じる人もいる。

人と接すると訳もなくイライラする人は相手がこちらをどう思っているのか。

もしかしたら、何も思っていないかもしれませんが、

相手を正確に見る。

そのためには、まずは「NO」を言うことから始めてみましょう。

そうすると何か見えてくるかもしれません。