対人恐怖症、社交不安障害の人の多くは、ミスを恐れます。

なぜなら小さい頃から失敗したら怒られ、成功したら褒められて育ってきたからです。

おそらく、この傾向が強い家庭で育ったのでしょう。

しかし、ミスがそんなに非難されるものでしょうか。

例えば、人前で発表するときに声が震えてしまった。あるいは言葉に詰まってしまった。

それを、聞いている人からしたらなんてことありません。逆に、かわいいとかがんばってるなとか思うかもしれません。

これをロールプレイという療法で対人恐怖症、社交不安障害を克服するのには効果てき面です。

つまり話を戻すと、対人恐怖症、社交不安障害の人は若干、人の気持ちを忘れてしまっているということになります。

人の気持ちがわかるようになると、対人恐怖症、社交不安障害の克服に大きく近づきます。

そこで、ロールプレイの詳しいやり方として例として、声が震えてしまう役の人ととそれを聞いてる役の人に別れます。

そして、聞いている人はそれを見てどう感じたかを述べます。

次に、役を入れ替えて同じことをします。

続けているうちに少しづつ、相手の気持ちがわかってきて

「こんなもんか」と思うようになります。

相手役は友達でも家族でもドクターでも構いません。

今回のキーポイントは「ミスもあなたのうち」ということです。

覚えておいてください。