”「メサイアコンプレックス」の二つの原因”

自殺するほどの劣等感をもちながら、「世界の悩んでいる人を救いたい」などと言うメサイアコンプレックスには二つの原因があると思っている。

一つは、優越への願望が強いと言うメサイアコンプレックスである。

メサイアコンプレックスの人は「世界を救いたい」と言うほどに、人に優越したいのである。

だから、メサイアコンプレックスの人は優越できない自分に深刻な劣等感を持つ。

もう一つは、アイデンティティーが確立していないメサイアコンプレックスである。

自分は隣人一人救えないから、とても人類を救うことなどできないと思っているのが、心理的に健康な人である。

それなのに、メサイアコンプレックスの彼らはなぜ深刻な劣等感をもちながら、「世界を救う」などと言うのだろうか。

それは、劣等感を持っている「この自分」がないからである。

自分とは「この体を持った自分」である。
自分とは「この心を持った自分である。
この親やこの兄弟を持った「この自分」である。
いつも現実から逃げている「この自分」である。
臆病な「この自分」である。
人の為に尽くすのが嫌な「この自分」である。
いつも得しよう、利益を得しようとしている「この自分」である。
この腕を持った「この自分」である。
煮魚の嫌いな「この自分」である。
この体力のない「この自分」である。
この気の弱い「この自分」である。
この顔の「この自分」である。

こういう友達がいる「この自分」である。
この性質の「この自分」である。
この利己主義の「この自分」である。
このセンスの「この自分」である。
この食欲の「この自分」である。
この声の「この自分」である。
この身長の「この自分」である。
この年齢の「この自分」である。
なかなか寝付けない「この自分」である。
すぐに落ち込んでしまう「この自分」である。

メサイアコンプレックスを持つ彼らは、そうした「この自分」には現実感がない。

メサイアコンプレックスの人は他ならぬこの自分自身に現実感がない。

もし、「この自分」に現実感があれば、世界の悩める人を救いたいとは言わない。

つまり、メサイアコンプレックスを持つ人は、自分が何者であるかが理解できていない。

メサイアコンプレックスの人はその「現実の自分」「この自分」に現実感がない。

メサイアコンプレックスの人はだから「世界を救う」という途方もない言葉が出てくるのである。

メサイアコンプレックスの彼らは青年期の課題であるアイデンティティーの確立がなされていないのである。

メサイアコンプレックスの人は自分と他人の間の自我の境界がない。

メサイアコンプレックスの人は同じようなことが、かつて人口に膾炙した「モラトリアム人間」にも当てはまる。

大人になりたがらない若者達である。

彼らも、いくつになっても自己限定することができない。

メサイアコンプレックスの人は自分は一商社マンだとか、自分は一新聞記者だとか、自分を限定していないで、いつも夢みたいなことを言ってる人がいる。

就職をしないで大きな事ばかり言っている人もいれば、就職しても、それが自分の本来の職業だと自分を限定していけないメサイアコンプレックスの人もいる。

メサイアコンプレックスの人はいつになってもそれは仮の職業なのである。

フリーターもメサイアコンプレックスの人のようにおおきなことは言っていないが、アイデンティティーが確立されていないのではないか。

対人恐怖症、社交不安障害を克服するには自分のメサイアコンプレックスに気付くことが一歩です。

※参考文献:自分の受け入れ方 加藤諦三著