人付き合いが怖いを解消する方法

人付き合いが怖い人は必死に”今ここ”を生きてみよう

人付き合いが怖い内づらのわるい不機嫌な人は、心の底では愛情と受容を求めながらも、親密な関係がわずらわしい。

人付き合いが怖い人は彼らは他人への愛情欲求、一体化願望が満たされていない。

それゆえに人付き合いが怖い人は自他の合体を望むが、同時に個性化を望む。

そして、人付き合いが怖い人はこの心の葛藤ゆえに内側にあたる身近な人に接すると、混乱して自己が自己として体験できなくなってしまう。

人付き合いが怖い人は結果として不安定で、不快な感情におちいってしまう。

人付き合いが怖い彼らは愛情と受容を求めながらも、他方で親密な関係を避けたがる。

なぜか?

おそらく、人付き合いが怖い彼らは母なるものからの完全な自立がなしとげられていないからであろう。

女性の場合は父から分離、個別化がされていないのだろう。

人付き合いが怖い人は心理的な親離れが成就されていないことが、親密な関係を避けようとする姿勢となってあらわれる。

人付き合いが怖い人が親しい内側の人がうっとうしく、不快なのは、親しくなることで親を裏切り、そしてもう親に迎え入れてもらえないのではないかという心配が無意識に働いているからであろう。

人付き合いが怖い不機嫌な内づらの基底にある問題は、親密さへの不快さであり恐れである。

そして人付き合いが怖い人は無意識のうちに親密さは親への裏切りと感じている。

人付き合いが怖い彼らにはまだ親が必要なのであろう。

外づらの人とは、人付き合いが怖い彼らにとって「よそ者」なのである。

人付き合いが怖い人はよそ者とどんなに親しくなろうと、相手がよそ者であるかぎり、親への忠誠と衝突することはない。

親に対しては自分をさらけ出すことはできない。

そして内側の人間に親に対する感情を転位させてしまう。

つまり内側の人間には自分をさらけ出すことができない。

しかしよそ者には自分をさらけだすことができる。

親から離れられない人付き合いが怖い人というのは自分を信用できない人なのである。

自分を信用でき自信ができれば、他人と親しい関係を持ちたいという欲求は高まる。

健全な家庭で育った人は、自分を信用できるし、他人と親しい関係を持ちたいという欲求を実感できる。

しかし、嫉妬深い家庭などで育つと、人付き合いが怖い人はとても他人と関係を持つことへの欲求を素直に感じることはできない。

また人付き合いが怖い人はそのような欲求を高めることもできない。

嫉妬深い親というのは、自分の子どもとの関係では常に他人に脅かされている。

子どもが他人に親近感を持つことに脅かされている。

子どもにはこの親の気持ちが反映する。

親離れできない子どもは、この親の気持ちを大切にする。

嫉妬深い親に育てられると、子どもは自分の人間としての立場を失う。

立場の喪失は自我の喪失でもある。

親は親の立場で、子どもは子どもの立場で親子の関係を結べないのが嫉妬深い親子関係である。

よそ者がよそ者であるかぎり親は脅かされない。

だから人付き合いが怖い内づらのわるい不機嫌な人も、外側の人に対しては接近を妨害するものを心の中に持っていない。

嫉妬深い親が子どもに望む世界観はどういうものであろうか。

それはすべての他者をよそ者として排除しておく世界観である。

子どもが、結婚し配偶者と親しくなることは望まれないし、親しく生活するという人生観は望まれない世界観なのである。

実際、多くの奥さんは次のように悩んでいる。

「夫は私か母親のどちらかを選ぶなら母親を選ぶといいます」

自分の奥さんと親しくなることは、母親との関係を脅かすものではまったくない、ということが、これらの人にはどうしてもわからない。

残念ながら人付き合いが怖い彼らは嫉妬深い母親に育てられたのであろう。

人付き合いが怖い人は自分の考え方はおかしいと頭ではわかっていても気持ちの上でどうしようもない。

それが人付き合いが怖い内づらのわるい不機嫌な人なのであろう。

人付き合いが怖い内づらのわるい不機嫌な人は嫉妬深い親に負けてしまっているのである。

嫉妬深い親から心理的にどうしても離れられないでいるのが、人付き合いが怖い内づらのわるい不機嫌な人なのである。

ことに嫉妬深い親に猫かわいがりされた子どもは悲劇である。

多少極端な例であるが、ある人付き合いが怖い内づらのわるい不機嫌に苦しむ男性が話をしてくれた。

小さいころからの話である。

悩みや苦しみは、現実から逃避していれば、母親が助けてくれた。

小学校でも中学校でも、ほとんど努力しなくてもよかった。

母親は、自分が成績わるくても、陰で先生に贈り物をしてくれる。

僕の友達を家に呼んでもてなしてくれる。

母親の温かい羽根の下で安心して暮らせる。

母親と性的な話になると緊張する。

そういう話は避ける。

今まで記してきたことの他に、回避依存症といわれるものがある。

人付き合いが怖い人は過干渉の親に育てられた人である。

アルコール依存症の人がアルコールを飲まないではいられないように、回避依存症の人は、近くなるとその人を回避しないではいられない。

「わが家の者はいちばんであり、他の人々は愚かである」

人付き合いが怖い彼には、親密さが家族への裏切りのように思えた。

「よそ者」と親密になることに対する恐れにはいくつかある。

1.人びとに嫌われるのではないかという恐れ

2.人びとと親しくなることで家族を裏切るのではないかという不安

3.もう家族に迎え入れてもらえないのではないかという心配

そういう人付き合いが怖い人は、とりあえずアルコール依存症(alcoholism)や性交渉(sexual affairs)で、現実から目を背けることがある。

空しさを避けるためのsexual affairsである。

実存的空白で欲望は肥大化する。

無理をして過剰に適応した人付き合いが怖い人は口唇欲求のような欲求を排斥しながら、意識的に自分の人格をつくっていく。

人付き合いが怖い人は欲求は意識からは分離されても、その人の心の底にある。

人付き合いが怖い人は意識的につくられている人格とは融合することなく、分離されて心の底で満足させられることを待っている。

内づらが、その分離されて心の底で満足されることを待っている欲求不満を表現している。

外づらが、意識的につくられている自分の人格である。

この二つが融合していないのが、人付き合いが怖い内づらがわるくて外づらがよい人の心である。

人付き合いが怖い人は家ではreal self(本来の自分)である。

人付き合いが怖い人は家での姿が、本当のその人である。

人付き合いが怖い人は外では疑似自己である。

人付き合いが怖い人は本当の自己を隠して、人に見せるための自己を演じている。

こういう人付き合いが怖い人は、とにかく人に認めてもらいたい。

人付き合いが怖い人が無意識の領域で本人が受け入れてもらいたいのは「実際の自分」のほうである。

つまり人付き合いが怖い人は幼児的願望を持った自分、ダメな自分である。

そして人付き合いが怖い人は疑似自己と、「実際の自分」との乖離が不安を生む。

意識と無意識の乖離である。

人付き合いが怖い人はその不安を解消しようとして、外ではいよいよ立派な自分を演じなければならない。とにかく認められたいからがんばる。

すると、人付き合いが怖い人は人に見せるための「疑似自己」と「実際の自分」との乖離がいよいよ深刻になる。

たとえば大企業の役員をやめて家に戻ったときには、もうその乖離は埋めようがなくなっている。

人付き合いが怖い人は「実際の自分」の欲求は何も満たされていない。

人付き合いが怖い人の欲求不満は深刻である。

そして実は、人付き合いが怖い自分は心理的にいえば立派でも何でもない。

人付き合いが怖い人は情緒的成熟に挫折している。

人付き合いが怖い人は心の底では憂うつである。

ところがどんなに無意識の領域で憂うつに苦しめられても、その人付き合いが怖い人は「本来の自分」「実際の自分」を認められない。

人付き合いが怖い自分は外では「実際の自分」を隠して無理をしていたということを認められない。

しかし実はある視点から見れば、立派なのである。

その人が、たとえ疑似自己であったとしても、「そこまでがんばった」ということは間違いない。

しかし人付き合いが怖い人は仮面をかぶりつづけて生きていたということも事実である。

そこで「私の人生は、そういう人生だった」と認めれば道はひらける。

人付き合いが怖い人は幼い頃に、ありのままの自分を受け入れてもらえなかったことが悲劇のはじまりであった。

私はありのままの自分を受け入れてもらえないままにがんばった。

「私は疑似自己のままで生きてきたのだ」と認める。

まさにこれがアイデンティティの確立のときである。

それは自分の運命を受け入れて、社会の中の自分の位置がわかったときである。

自分だって、もし違った人間関係の中に生まれていたら、疑似自己としてがんばらなくてもよかったかもしれないのである。

しかし自分の運命は違った。

人付き合いが怖い自分は生き延びるためには疑似自己として生きる以外に方法はなかった。

もしその人付き合いが怖い人が本当にがんばって生きてきたのであれば、「私にはこれ以外の人生は考えられなかった」と思える。

そのときが、その人付き合いが怖い人にとって人生のコペルニクス的転回のときである。

「私には私の人生がある」と、自分の人生を受け入れてくれたときに、今までの自分の人生がよく見えてくる。

偽りの自分としてがんばった人付き合いが怖い人生が見えてくる。

虚勢に苦しんだ自分の人付き合いが怖い人生が見えてくる。

そして疑似自己として生きた人付き合いが怖い時代をも含めて、「これが自分の人生だ」と受け入れられる。

人付き合いが怖い人はがんばって生きてくれば、今の職業は自分には適していないなと気がついても、「私にはこれ以外の職業は考えられなかった」と感じる。

「私にはこれ以外の職業は考えられなかった」と感じる人には、いろいろなタイプがあるだろう。

はじめの職業が自分には適していない商売で、最後まで商売人として生きた人もいるだろう。

あるいは職業を転々として、いくつ変わったかわからないという人もいるだろう。

外側から見ればいろいろとちがった人生である。

しかし必死で生きてきた人は、最後には、「私にはこれ以外の職業遍歴は考えられなかった」と感じるにちがいない。

そう感じない人は、手抜きして生きてきた人である。

手抜きして生きてきた人は、たとえ社会的に成功しても、「私にはこれ以外の職業は考えられなかった」と感じることはない。

アイデンティティの確立はない。

つまり「私にはこれ以外の職業は考えられなかった」と感じる人は、一切の職業的劣等感から解放される。

心理学者がアメリカのマサチューセッツ州のコンコルドの刑務所に入って調査したときのことである。

そこには武装強盗の人たちが入っていた。

刑務所の中で話をしたときの、ある若者である。

「俺はブラック(黒人)だ、教育も受けていない。親父は俺が小さい頃、女をつくって家からでていった。俺に、盗む以外にどう生きろというのだ」といった。

そして彼は「俺には、盗むことは悪くない」と主張した。

要するに「俺に生きる権利があるというなら」ということである。

※参考文献:「いい人」をやめたほうが好かれる 加藤諦三著

 

  ★対人恐怖症・社交不安障害の克服メルマガ★(無料)

対人恐怖症・社交不安障害、あがり症の克服方法や考え方を定期的にメールで配信します。

対人恐怖症・社交不安障害、あがり症でお困りの方にはきっと役立つと思いますので、これを読んで克服していきましょう。

ただ今、医師が「ああ、もう克服しかけてるな」と安心する時、対人恐怖症・社交不安障害の人が発する言葉を登録時に配信中です。

*メールアドレス
*お名前(ニックネーム)



※登録後の返信メールが届かない場合は、一度迷惑メールフォルダをご確認のうえ、迷惑メール解除をお願いします。
サブコンテンツ

このページの先頭へ