人生最大の嘘

たとえば、大学に進みたいと思いながら、勉強しようとしない。

これは「いま、ここ」を真剣に生きていない態度でしょう。

もちろん、受験はずっと先のことかもしれません。

何をどの程度勉強すればいいのかわからないし、面倒に感じるかもしれません。

しかし、毎日少しでもいいから、数式を解く。

単語を覚える。

つまりはダンスを踊る。

そうすると、そこには必ず「今日できたこと」があるはずです。

今日という一日は、そのためにあったのです。

決して遠い将来の受験のために今日があるのではありません。

あるいはお父様の場合も、毎日仕事を真剣に踊ってこられたのでしょう。

大きな目標があったとか、その目標を達成できたとか、そんなこととは関係なく「いま、ここ」を真剣に生きてこられた。

だとすれば、お父様の生は幸福だったはずです。

ただどこに達したのかを線で見るのではなく、どう生きたのか、その刹那を見ていくのです。

これはあなた自身の人生についても、同じことが言えます。

遠い将来に目標を設定して、今はその準備期間だと考える。

「本当はこれがしたいけど、やるべき時が来たらやろう」と考える。

これは人生を先延ばしにする生き方です。

人生を先延ばしにしている限り、われわれはどこにもいけませんし、味気ないモノクロームの日々が続くだけでしょう。

「いま、ここ」は準備期間でしかない、我慢の時期だと思っているわけですから。

しかし、たとえば遠い将来の受験に向けて勉強している「いま、ここ」も、すでに本番なのです。

目標など、なくてもいいのです。「いま、ここ」を真剣に生きること、それ自体がダンスなのです。

深刻になってはいけません。真剣であることと、深刻であることを取り違えないでください。

人生はいつもシンプルであり、深刻になるようなものではない。それぞれの刹那を真剣に生きていれば、深刻になる必要などない。

そしてもうひとつ覚えておいてください。エネルゲイア的な視点に立ったとき、人生は常に完結しているのです。

あなたも、そしてわたしも、たとえ「いま、ここ」で生を終えたとしても、それは不幸と呼ぶべきものではありません。

20歳で終わった生も、90歳で終えた生も、いずれも完結した生であり、幸福なる生なのです。

ここまで何度となく人生の嘘という言葉を使ってきました。

そして最後に、人生における最大の嘘は何かをお話ししましょう。

人生における最大の嘘、それは「いま、ここ」を生きないことです。

過去を見て、未来を見て、人生全体にうすらぼんやりとした光を当てて、何か見えたつもりになることです。

あなたはこれまで、「いま、ここ」から眼を背け、ありもしない過去と未来ばかりに光を当ててこられた。

自分の人生に、かけがえのない刹那に、大いなる嘘をついてこられた。

さあ、人生の嘘を振り払って、怖れることなく「いま、ここ」に強烈なスポットライトをあてましょう。

あなたには、それができます。

過去も未来も存在しないのですから、今の話をしましょう。決めるのは、昨日でも明日でもありません。「いま、ここ」です。

対人恐怖症、社交不安障害を克服するには、「いま、ここ」を意識することです。

※参考文献:嫌われる勇気 岸見一郎著

 

  ★対人恐怖症・社交不安障害の克服メルマガ★(無料)

対人恐怖症・社交不安障害、あがり症の克服方法や考え方を定期的にメールで配信します。

対人恐怖症・社交不安障害、あがり症でお困りの方にはきっと役立つと思いますので、これを読んで克服していきましょう。

ただ今、医師が「ああ、もう克服しかけてるな」と安心する時、対人恐怖症・社交不安障害の人が発する言葉を登録時に配信中です。

*メールアドレス
*お名前(ニックネーム)



※登録後の返信メールが届かない場合は、一度迷惑メールフォルダをご確認のうえ、迷惑メール解除をお願いします。
サブコンテンツ

このページの先頭へ