あなたの周りの人にあなたは、人見知り?と聞くと大体の人は、私も人見知り。と返ってきます。
つまり、大体の人が人付き合い、人間関係が苦手の予備軍なのです。

人見知りを治すべきなのか、でも少しくらい人見知りがあった方が可愛げがあります。

もし生活に支障が出る、あるいはもっと自分を自由に表現したい。という人は治した方がいいかもしれません。

人見知りの治療法も人付き合い、人間関係が苦手を克服したい人と同じで、どんどん成功体験を積んで自分に自信をもつことです。