人との触れ合いで喜びを得ること、人により支えられ成長できること、人との交わりにより人生がいっそう豊かになること―これは真実です。

しかし、付き合う人の多さよりも、その深さから多くのことを学ぶものです。

その深さにより、私達の心が豊かに耕されるのです。

A・H・マズローは、自己実現した人々の共通特性を分析し、意外にも彼らの交友範囲は、かなり限定されているといっています。

それは、平均的な人よりも健康で自己実現に近い状態にある人を相手として求めるからです。

その限定された人間関係のなかで、彼らは普通の人よりもずっと深い関係を持っているというのです。

友達の多さよりも、深い親友としての付き合いを重視すべきです。

と同時に、どんな人からも学ぶことは多いものです。

私は「人はみな我が師」という感じを、歳とともに強く実感しています。

人間関係のストレス解消法としてどんなに嫌いな人からも、学ぶべき多くの点を発見することができます。

自分と方向は違うけれどもある種の信念を持って生きているとか、優れた技術を持っているとか、面倒見が良いとか、バイタリティがあるとか、感情表現が率直だとか―。

人間関係のストレス解消法として相手を嫌いだからと、自分のそばにいるこうした人の長所に目を閉じ、学ばないのは実にもったいないことです。

人間関係のストレス解消法として、自己受容のできていない人は、他者受容も困難であることが多くの研究から明らかになっています。

人間関係のストレス解消法として、人間関係に悩む人は、他の人を否定的に見る傾向が強いのです。

このために、人間関係のストレス解消法として、嫌いな人の良い点を見つけ、それを誉める訓練を意識的に行うことは、自分を成長させる意味で有効です。

人間関係のストレス解消法として、この姿勢は、どのような人にも誠実に対応するということでもあります。

人間関係のストレス解消法として、誠実さは、たとえそのために自分が傷ついたり、不利益をこうむることがあっても、長期的には最大の武器になります。

誠実さだけでものごとがうまくゆくと考えることは甘すぎますが、人間関係のストレス解消法として、誠実さは無言の味方を増やし、いざというときの力になります。

人間関係のストレス解消法として、相手の良い点は素直に直接伝えることです。

どんな人からの誉め言葉でも、うれしいものです。

自分が嫌っている相手を誉めるのはしゃくにさわるし、おべんちゃらのような感じがするかもしれません。

人間関係のストレス解消法として、そうではなく、そのようにできる自分が一回り大きくなったととらえるべきです。

人間関係のストレス解消法として、それでも、わざとらしくてそれができないときは、第三者を使うことです。

人間関係のストレス解消法として、必ず本人に伝えるだろう人がいるところで、その人を誉めておくのです。

人間関係のストレス解消法として、場合によっては、このほうが有効なこともあります。

人間関係のストレス解消法として、人から学ぼうとする目で眺めてみると、いつでも意地の悪さだけが目立つ人に意外に小心な点があるなど、嫌いな人のなかに愛らしさを発見できることが少なくありません。

人間関係のストレス解消法として、人間的な要素を発見して少し身近に感じることもあります。

人間関係のストレス解消法として、少なくとも、その人もいろんな感情や悩みを持った生身の人間であることが分かります。

人間関係のストレス解消法として、たとえ大部分の人から見下されているような人や、ずっと年下の人にも、学ぶべきことがたくさんあるものです。

人間関係のストレス解消法として、このような目で見ると、世の中の人すべてが勉強の種、興味の対象になります。

人間関係のストレス解消法として、新聞やテレビなどで間接的に接する人々からも、自分の生き方や考え方を深める材料がたくさん得られます。

人間関係のストレス解消法として、マスメディアはまさに自分の人生を深める宝庫といえます。

人間関係のストレス解消法として、たとえばグルメ番組は、調理人の手際のよさ、味へのこだわり、接客態度など、プロとしての技術と情熱と哲学を見せてくれます。

人間関係のストレス解消法として、ひとかどのことを成し遂げた人の生き方は、そのまま人生をよりよく生きるための教材です。

人間関係のストレス解消法として、夢を持ってがんばっている若い人々からも、心洗われる思いで、新たなエネルギーを与えられます。

人間関係のストレス解消法として、生きるのを楽にする上で、リフレッシュも有効な方法の一つです。

人間関係のストレス解消法として、趣味でもけっこうですが、好きなスポーツがあれば、ぜひそれを、最低、週一回は行うようにスケジュールに組み込んでください。

人間関係のストレス解消法として、好きなスポーツがなければ、スポーツジムに通って自転車をこぐのもよいでしょう。

人間関係のストレス解消法として、泳ぐのも快適です。

人間関係のストレス解消法として、週1,2回ジョギングをするのも効果的です。

人間関係のストレス解消法として、いつもはバスに乗る道を、サッサッと歩いてみるだけでも、いくぶん心が晴れます。

人間関係のストレス解消法として、こうしたサジェスチョンは、本筋からずれているように感じられるかもしれませんが、そうではありません。

人間関係を重荷に感じる人は、だいたい生真面目で、仕事一筋、勉強一筋の人です。

また、他の人の目が気になって、人間関係のストレスで自由な積極的なチャレンジから遠ざかっていることが多いものです。

なかには、身体的な快感を味わうことを罪悪であるかのように感じている人もいます。

このために、ストレスからくる敵意が蓄積しているのです。

その内面の敵意が外界に投射されて、いっそう人目が気になったり、人間関係が重荷になってしまっているのです。

人間関係のストレス解消法として、スポーツはこの敵意を発散させる機能を果たします。

人間関係のストレス解消法として、心理的な爽快感と身体の快感をもたらす効果があります。

米国の企業には、社員のためにボボドール(なぐるための人形)を置いたり、サンドバッグをつるしたりしているところもあるほどです。

人間関係のストレス解消法として、思い切ってリフレッシュのための行動をしてみましょう。

※参考文献:人と接するのがつらい 人間関係の自我心理学 根本橘夫著