他人の心の痛みが分からない人の初め

われわれは、無責任な態度を身に着けたノイローゼ患者を温かいとイメージすることはない。

それなのに、”甘え”というものには温かいイメージがある。

しかし、子供が甘えるからいいのであって、大人が甘えるのはうぬぼれているのである。

子供はオシメをつけてもいいが、二十歳を過ぎてもそれでは格好が悪い。

もともと甘えの性格的特徴というのは、口唇期の幼児の性格と同じなのである。

周囲の評価によって自己の評価が揺れ動く。周囲の言動の中に自分の満足を見つけ出す。

今、オシメのとれていない二十歳と書いたが、二十歳どころか、五十歳になっても七十歳になっても甘えている人間がいる。

五十歳になって、三歳や四歳の子どもと同じように指をしゃぶっている人間を想像してみたらいい。

これこそが甘えた大人の姿である。

甘えた人間は、他人を傷つけても、自分が傷つけたということに気が付かない

指をしゃぶっている四歳の子どもが分からないのと同じである。

他人の心の痛みがわかったら、もはやその人は甘えているとは言えない。

幼児は、無力であるがゆえに自分の言動で大人を傷つけることはない。

子供が他人を傷つける言動をしても、大人は「子供は正直でいいですね」と言ってすませる。

大人は幼児に対して、それだけ精神的にゆとりがあるからである。

何度もいうように、甘えは無力と結びついてこそ許されるのである。

幼児が他人の気持ちを理解できないのと同じように、甘えた大人は他人の気持ちを理解できない。

幼児は、母親を中心とした周囲の自分に対する反応を気にする。無力である以上当然である。

幼児は自分だけが大切である。

無力で生き延びていかねばならない以上、この二つのことは当然であろう。

ところが、この二つは、甘えた大人の特徴でもあるのだ。

他人の心の痛みが分からない人の心理

アメリカの著名な心理学者、デヴィッド・シーベリーは、身近なものに対してより他人に礼儀正しい人は、自分だけが可愛く、また他人が自分をどう見ているかを気にする人であると述べているが、これが甘えたひとなのである。

内面が悪く外面がいいという人である

自分だけが可愛いというのも、無力と結びついてこそ自然なのである。

三歳の幼児は一歳の幼児を泣かしても平気である。

これが許されるのも三歳の子どもが無力だからである。

三歳の幼児に二十歳の情緒を要求しても無理である。

こどもは、自分の衝動にしか関心がないのである。

他に関心を持つとすれば、母親が自分をどう扱うか、
また、その一歳の子をどう扱うかについてだけである。

母親に誉められれば自分は良い子だと思い、母親に誉められた行動はやってもよい行動なんだと理解する。母親を鏡として自分を見るのである。

甘えた大人は、弱い者いじめを平気でできる。

これらのことも、幼児のことを考えればわかるだろう。

三歳の子供のおもちゃを二歳の妹がとれば、三歳の子どもは、妹を泣かしてでも取り返す。

また、妹は自分が欲しいと思えば、兄のおもちゃでも欲しがる。

三歳の兄と二歳の妹に「他人の心の痛みを分からなければいけません」と説教する母親がいるであろうか、いないにちがいない。

ところが、甘えた大人にこのように言う人はいる。

しかしそれは、その人が甘えている以上、無益な努力であろう。

甘えた人間に、人間の心の痛みなど説教しても、とんと理解できない。

※参考文献:自分を嫌うな 加藤諦三著