執着する人が気が楽になる初め

「もし〇〇でなかったら、〇〇であるのに」というのが、神経症者の考え方の特徴であるということを、オーストリアの精神医学者、アーネスト・ウルフはいっている

たとえば、「もし自分が神経質でなかったら、新しく事業をはじめるのに」という発想である。

睡眠不足のときである。

執着する人は「もしこんなにボーっとして不快でなければ、もっとバリバリ仕事をするのに」ということである。

ことに付き合いたくない酒を無理矢理付き合わされて、夜中に帰宅したなどというときである。

執着する人は翌日の仕事がきついときなど、どうしてもはやく帰って充分に眠りたい。

たとえば翌日に原稿の締め切りがあるというときである。

とにかくはやく帰って仕事にかかりたい。

しかし、無理矢理付き合わされるというときがよくある。

執着する人は飲んでいるときも、ああ、はやく帰りたい、はやく帰りたいと思っていて、いっこうに酒席が楽しくない。

そして執着する人は夜中に帰って、ああ、もっとはやく帰ってきていれば充分に眠れたのにと不快になる。

執着する人はベッドに入れば入ったで、ああはやくぐっすり眠らなければとあせるから、いよいよ眠れない。

眠れないであせってくると、ああ、あんなに無理矢理つきあわされてと腹が立ってくる。

執着する人はイライラするから余計眠れない。

そして執着する人は翌朝ボーっとして何もする気になれない。

考える力がない

執着する人は何を書いていいかもわからない。

ペンをとる気力もない。

執着する人はそんなとき、ああ、こんな寝不足で、不快で、ボーっとしていなければ仕事に身が入るのにと思う。

あるいはそれが5月のさわやかな日であれば、ああ、こんないい季節に、こんなボーっとして不快でなければ、気分良く散歩でもできるのにと悔やむ。

結局、執着する人は自分の不快な気分にばかり注意を集中して、ああ、こうでなければ、ああ、こうでなければと考えている。

それはたしかに、「もし神経質でなければ、新しく事業をはじめるのに」というのとまったく同じではない。

執着する人はただやはり、睡眠不足ということを受け入れていない。

いつも快適であることを求めても、それは無理なのである。

とにかく昨夜はつきあってしまった。

執着する人は飲みたくないといっても、とにかく飲んでしまった。

今更何をいっても、考えても仕方のないことである。

執着する人はそして事実、今は睡眠不足である。

不快である。

しかしだからといって、人間いつも睡眠が充分で快適というわけにもいかない。

社会生活をしているのだから、それは仕方のないこともある。

執着する人はいつも快適な気分、快適な体の調子を願うばかりでなく、そうでなければならないと自分に要請し始めたら、かえって調子をこわしてしまうだろう。

執着する人の「自分に厳し過ぎる人」への処方箋

いつも快適でなければいけない、いつも快適であるべきだというのは、まさに冷酷な「べき」の要請である

執着する人はカレン・ホルナイのいう「べき」の暴君に支配されてしまっているのである。

「べき」の暴君に支配されるから、「もし〇〇でなかったら、〇〇であるのに」という考え方になってしまうのではなかろうか。

そのときの調子が、「私の調子」なのであって、快適なときの私が本当の私で、この不快でボーッとしたときの私が嘘の私というのでもない。

快適な気分の私も本当の私だし、寝不足でボーッとして効率の悪い時間を過ごしている私も、本当の私なのである。

執着する人は真実の私と虚偽の私という区別をすることが、そもそも間違っているのである。

ちょっと熟睡できないで翌日ボーっとしていると、ああ、なんで熟睡できないんだと悩み、あせる。

執着する人はいつでも熟睡できればもっと仕事ができるのにと嘆く。

しかし人間誰だって腹の立つこともあるし、イライラすることもある。

寝つきの悪いときもあるし、熟睡できないときもある。

執着する人はただ、その熟睡できなかったということにとらわれてしまうかどうかということの違いでしかない。

そして、執着する人は先にも記した通り、片時もその不快な気分から注意を離さないでいるかどうかということである。

執着する人の向上心と完全主義のギャップ

そもそも、いかなるときもぐっすりと熟睡できなければという完全主義がおかしいのである

執着する人はそのような完全主義だからこそ、眠れないということにとらわれてしまう。

ではなぜ執着する人は普通の人にもある、不眠症状にとらわれてしまうのだろうか。

執着する人はそれは完全主義だからであろうが、さらにその奥にあるのは何であろうか。

おそらく、それは自分を憎んでいるからであろう。

執着する人は自分を憎んでいるからこそ、そんな冷酷な要求をつきつけるのである。

小さい頃から健康その他について過度の要求を親からされて、それに応じられない自分を憎み、それに応じられないことに不安を感じて成長してきたのではなかろうか。

ごくごく普通に考えて、なぜある人は自分にそこまで冷酷な要求をし、なぜ別の人はごく自然の自分を許すのか、おかしなことである。

執着する人は自分はなぜ自分に対してそこまで冷酷になるのかと反省することであろう。

なぜそんなにまで睡眠不足の不快を取りのぞこう、取りのぞこうとするのか。

それは執着する人は睡眠不足でボーッとしている自分が、あるべき自分ではないからであろう。

執着する人は取りのぞこう、取りのぞこうと努力すればするほど、意識は不快な気分に固定されてしまう。

は幼少期に親から健康について過度の期待をされ、それに今でも負けているのである。

完全なつきあい、完全な熟睡、完全な仕事の成果、これを自分に要求している執着する人は、よほど激しく自分を憎んでいるのである。

執着する人はそのような要求は自分への憎しみの一つの側面なのである。

そのように完全なことがあるとしても、それは結果であって、決して要求するものではない。

執着する人は、そんなことを自分に要求するものではない。

一つの側面と、向上心とを間違ってはいけない

執着する人はそれは決して向上心などといわれる性質のものではない。

完全でない自分、成功しない自分も素晴らしいのであって、人はそのような自分を愛してくれるのである。

執着する人は成功しても孤独な人がいることを忘れてはならない。

神経症の執着する人は、成功が自分の問題を解決すると思っているが、それは明らかに間違いである。

執着する人は問題の解決は、意識が自分から離れることである。

自分にしか関心がない状態が終わらない限り、どんなに成功しても解決にはならない。

執着する人は外界に関心が向きさえすれば解決する。

自分が完全であるかどうかということに関心が集中しているところに問題がある。

執着する人は不安があるからこそ、自分のなかにある不快な気分にこだわって、とらわれてしまうのである。

自分は完全な人間にはなれないのではないかという不安がある以上、成功などは何の心の悩みの解決にもならない。

執着する人の解決は、自分へ完全を強要した人から心理的に独立することである。

そして執着する人は完全を期待され、その期待を内面化してしまったことを自覚し、その内面化を自ら突き崩すことである。

執着してしまう人は「自分の器」を広げる

みんなはポンポン勝手にいいたいことをいう

しかし心理的に敏感な人間である執着する人は、傷つきながらもいいたいことがどうしてもいえない。

親切のつもりでしてあげたのに、相手は平気で「そんなことしなくていい」という。

執着する人はそういわれて傷つく。

普通の人より傷つく。

執着する人は普通の人より傷つきながらも、そこで何もいえない。

恩着せがましい人ならそこで怒って、「あなたのためにしてあげたのに」といいだすかもしれない。

攻撃的な人なら、しつこく相手をなじるかもしれない。

本当に強い人なら、「せっかくしてあげたんだから、そんなこといわなくたっていいじゃない」と激しく抗議して、あとはケロッと忘れてしまうかもしれない。

心理的に敏感な執着する人は、普通の人以上にやさしい気持ちをもち、普通の人以上に傷つきながら、それらの人のように抗議一つできない。

執着する人はただ自分の心のなかで怒りをうっ積させているだけで、どうすることもできない。

成功することを恐れているという表現を聞くと、たいていの人は「本当かな」と思う

そんな人がいるのだろうか、と思うに違いない。

しかし人前で堂々としていられないような執着する人は、たいてい成功することを恐れている。

執着する人は堂々と振る舞うことで、人から「ずうずうしい奴」と思われやしないかとか、出すぎではないかとか恐れている。

他人との関係を従順さで処理していこうとする執着する人などは、たいてい成功することを恐れている。

低い自己評価の執着する人などは、心の底でみな成功を恐れている。

他人が自分を粗末に扱うことを許してしまう執着する人など、そうである。

執着する人は自分はそれ以上の扱いにふさわしくないと思ってしまうのである。

だからこそ、執着する人は他人の失礼な態度に抗議しないのである。

カレン・ホルナイは、憎しみ、敵意、怒りを抑圧すると基本的に不安になるという。

そして、このような基本的な不安から身を守るのに四つの方法があるという。

その一つは服従すること、譲ること、いいなりになることだという。

もとの言葉は、submissivenessである。

素直で、従順で、いいなりになることで身を守ろうとする執着する人がいる。

執着する人は心の不安な人である。

このようにして身を守ろうとしている執着する人たちは、たいてい心の底で成功を恐れているのではなかろうか。

執着する人は成功に憧れながら、実際に成功することを恐れている。

他人からほめられたい、注目されたいと願いながら、ほめられると、どうしてよいか戸惑ってしまうのである。

他人の前で身を低くして、服従的な態度で好意を得て、それによって身を守ろうとしているような執着する人は、心の底では成功を恐れている。

執着する人が憧れているのは現実に成功が眼の前にこないからである。

現実に眼の前に成功がくれば、ほめられて戸惑うのと同じように、その機会に尻込みしてしまうだろう。

執着する人はだいたいいいなりになること、服従的であることが好意を得るのに有効であると考えること自体が、勝者の姿勢ではない。

負け犬の発想である。

カレン・ホルナイがsubmissivenessといったような人というのは、まず保護を求めているのである

執着する人は心理的に一人立ちできていないのである。

他人に頼る気持ちが強いのである。

味方を指導していこうという執着する人は、保護を求めて従順な人ではない。

指導するためには、心理的に独立できていなければ無理であろう

執着する人は心理的に一人立ちできず保護を必要としているから、従順な態度にならざるを得なくなる。

保護を必要としている以上、迎合していかざるを得ない。

執着する人は相手に迎合することを不快に感じたとしても、相手を失うことを恐れるなら、従順に振る舞い続けなければならないであろう。

心理的に奴隷であることに怒るなら、まず他人に保証してもらわなくても生きていかれるだけの強さを獲得しなければならない。

執着する人はいつも心理的に誰かに保証してもらわなければ生きていけないくせに、奴隷であることを怒ってもどうにもならない。

このような心の葛藤こそ人を不安にするのである。

そして執着する人はその不安から逃れるために、従順に、いいなりになっていかざるを得ないのである。

従順であることによって好意を得ようとする執着する人は、身を低くする必要のないところで、思わず身を低くしてしまう。

執着する人はそのほうが他人に気に入られると感じてしまうのである。

自己主張できるためには、他人にしがみついていなくても生きられるようになっていなければいけない。

執着する人は自分の主張を通して出てきた結果に責任をとれる心理的強さがなければ、自己主張は出来ない。

もし自分の主張したとおりにしてうまくいかなかったらどうしようと不安でならない執着する人は、いざというとき相手に譲る。

執着する人は譲りながらも不愉快なのである。

不愉快になりながら、相手を心のなかで責めている。

執着する人はこの攻撃も表面には出せない。

しかし、執着する人がいざというときついつい譲ってしまうのは、「もし」うまくいかなかったらと恐れるからである。

つまり、執着する人はうまくいかなかったときの責任をとるだけの強さがないのである。

執着する人は「本当の自分」を偽っていないか

心理的に保護や保証を求めている人は、責任ある立場にはなれない

しかし現実の世の中には、心理的に保護や保証を必要としていながら、責任のある立場に立ってしまう執着する人もいる。

挫折するのはそのような執着する人はたちである。

「分を守る」というとよく分相応とか、能力に応じてとかいうように人はとる。

この言葉は何よりも心理的成長について大切なものである。

心理的に成長できないゆえに、心に葛藤をもつ執着する人は、他人の愛を得るためにはどのような犠牲でも払う。

執着する人が他人に対して服従的に、いいなりになるなどというのは、この自分の犠牲なのである。

どうしても他人の意見に反対できない、他人に仕えることしかできない、他人のやり方を批判できない、そんな執着する人がどんな小さい組織であれ、トップに立ったらどうなるであろうか。

他人の求めに応じるだけの執着する人に、グループの責任ある立場は無理である。

相手の好意を得るためなら、どんな犠牲でも払ってしまうというような神経症者には、責任あるポストは無理である。

自分の心理的成長について「分を守る」ことが大切なのである。

どこまで他人にしがみつかなくても生きていかれるか、それが人間の器というものではなかろうか

執着する人は実際には不愉快なのに、他人の求めに応じて機嫌よさそうに振舞ってしまう。

そのようなことを繰り返すうちに、心の不安が増大するのではないだろうか。

そして執着する人は心の不安こそ強迫性を生み出すものである。

強迫性、つまりそうしないと気がすまないということである。

執着する人は強迫的に名誉を求めるといえば、自分の名誉を増大するのに役立つことをしていないときは、不安でどうしようもなくなってしまうということである。

執着する人は朝、目がさめたときから、自分の名誉を得るために役立つことをし続けるということが、強迫的に名誉を求めるということである。

そのような執着する人は、一分でも時間を無駄にすまいとする。

強迫性である

執着する人はただボーっとしていることができない。

仕事に集中し、次々に成果をあらわしているか、それともぐっすりと寝てはやく疲れをとろうとする。

執着する人は短時間に最も効果的に休養しようとする。

こんな執着する人に趣味などもてようはずがない。

本来、それをやっていることが楽しいというのが趣味である。

執着する人は趣味に時間を使っていたら、気が気でないからである。

「自分の優先順位」はもっと高くていい

他人の不機嫌を恐れて身売りしてしまったように従順な人は、やがて不安から何かを強迫的にやりだすであろう

そして執着する人は悪循環におちいる。

執着する人は他人の愛情、好意を得るために自分を殺す。

自分を殺すことで不安になり、さらに他人の好意を必要とするようになる。

執着する人はこうして他人の好意を強迫的に求めるようになるのであろう。

対人恐怖症者などはこれであろう。

執着する人は他人によく思われたいという気持ちから、他人によく思われなければならないというようにまでなってしまっているのである。

カレン・ホルナイも神経症的な愛の求め方を次のように述べている。

”I want to be loved.(愛されたい)”ではなくて、”I must be loved at any cost.(どのような犠牲をはらっても愛されなければならない)”なのが愛についての神経症的必要である。

どんな犠牲を払っても愛されなければならないという気持ちは、よく考えると恐ろしい。

執着する人は自分の気持ちを犠牲にして愛されよう、気に入られようとする。

自分がそのとき屈辱で怒っていても、従順な笑顔で相手にへつらっていく。

そのときどれほどその執着する人は多くの犠牲を払うだろうか。

執着する人はマイナスの人間関係は今すぐ手放そう

自分の気持ちを犠牲にしたことで、その人はより愛に対して強迫的になっていく

執着する人は自分の気持ちを犠牲にしたことで、より不安になり、より他人にしがみついていなければ生きていけなくなる。

そんなにしなくたって、他人は自分を愛してくれるのである。

そんなにしなくたって、相手は自分に好意をもってくれるのである。

そしてもしそこまでしなければ相手から好意を得られないとすれば、執着する人はその人と付き合うことは自分にとってマイナスでしかない。

その人は決して自分に幸せをもたらしはしないのである。

執着する人は自分の気持ちを偽って他人にへつらうことを、どこかで死にものぐるいになって思いとどまることである。

自分の生存は決して他人に好かれることにかかっているわけではない

神経症的な執着する人は、目的もなく好かれようとする。

営業の人が、商売のために他人に好かれようとすることはあるだろう。

しかしそれは決して強迫的ではない。

神経症的な執着する人は強迫的なのである。

執着する人は普通の人にとっては何の意味もない人にさえ、好かれるために自分の気持ちを犠牲にしていく。

たとえば見知らぬ人、自分が心の中で尊敬できないでいる人、それらの人に対しても自分の気持ちを犠牲にする。

それらの人に傷つけられても、執着する人はニコニコ笑ってしまう。

執着する人はまるで自分のほうが悪かったようにあやまることさえある。

譲ることで不満になりながらも、笑顔で譲ってしまう。

執着する人がどんな犠牲を払っても好かれなければならないというのは、恐ろしいことである。

そしてまた、執着する人は恐ろしいほどの間違いがある。

傷つきやすい人、利用されやすい人

人間は自分の気持ちを犠牲になどしなくても人に好かれる

自分の考えを述べ、相手のいうことに反対しても好かれる。

傷ついたとき怒っても好かれる。

執着する人は傷ついたとき、いつも取り入るように笑顔をつくれば、かえって得体の知れない人とか、心の底がわからない人とか思われるだけである。

神経症的に好意を求めている執着する人は、じつは好意を求めるための言動によって、かえって相手から深い好意を失っているのかもしれない。

他人の好意を強迫的に求めている執着する人は、自分は何か錯覚しているのだと気づくことが大切である。

自分の気持ちを殺さなくても人に好かれる。

執着する人は他人に嫌われることが怖くて、自分の気持ちを殺しても得ることは何もない。

失うことがあるだけである。

執着する人はあることをして、他人に嫌われたと錯覚していることだってたくさんある。

他人に嫌われるのが怖くて、どのような犠牲でも払ってしまう執着する人は、心のどこかで自分で自分が嫌いなのである。

そしておそらく執着する人ははじめて他人への憎しみを抑圧してしまったときが、長い不幸のはじまりだったのではなかろうか。

執着する人は小さい頃自分にとって重要な人間を憎みながら、それを抑圧した。

そして自分を憎んだ。

執着する人はもともと外に向くべき憎しみのエネルギーが自分に向いてしまった。

「自分を憎んでいるから自分を責めるのだ」とは、カレン・ホルナイの言葉である

執着する人は自分で自分を憎んでいるからこそ、他人の不機嫌をそこまで恐れるのである。

自分で自分を憎んでいるからこそ、傷つきやすいのである。

そして執着する人は傷つきながらも、その体験を外に発散できないのも、自分を憎んでいるからである。

つまりそのような執着する人は、もともと外に向けるべき憎しみを内に向けた人である。

執着する人は外に向かって憎しみを発散することが出来ない人なのである。

そうしたことを考えると、弱気でありながらも芯に強いところがどこかにある敏感性性格的な執着する人も、おそらく自分で自分を憎んでしまった人なのだろう。

執着する人は自分で自分を憎んでしまったからこそ、他人に憎まれるのではないかといつもびくびくしているのである。

自分で自分を憎んでしまったからこそ、成功するのが怖いのである。

執着する人は自分で自分を憎んでしまった日、心理的成長がとまった。

自分で自分を憎んでしまった執着する人に向かって、自分に自信をもてといっても、その人が自信をもてないのは当たり前のことではなかろうか。

執着する人は自分で自分を憎んでしまったからこそ、他人にしがみついていなければ生きていけなくなってしまったのである。

憎しみを抑圧した日、自分は傷ついてドロドロになっているのに、あたかもすべてが順調であるかのごときふりをした。

執着する人は自分の心の傷から目をそむけた。

その日、敵と戦うことをあきらめたのである。

たしかにあなたは幼かった

相手は強大だった。

執着する人はそのように敵意を抑圧する以外に、生きる方法はなかった。

しかし執着する人が今必要なのは、その日自分が負けたということを認めることなのである。

執着する人は自分の心の底の敵意から目をそむけた日、自ら傷つきやすい自分をつくったのである。

あなたが強大な敵に負けた日、そして負けたということから目をそむけた日、あなたは心理的に奴隷になる道を歩みはじめたのである。

その日、執着する人は自ら他人に利用されやすい人間になったのである。

執着する人は負けたということから目をそむけた日、自分の敵と自分の味方を間違えた。

そして次々にいろいろな錯覚をはじめた。

その日から、執着する人は現実ではなく、幻想にしがみついて生きはじめたのである。

執着する人はその日自らのなかに強迫性の芽を植えてしまったのである。

負けたことから目をそむけた日、自分が自分にとっても何であるかわからなくなりだしたのである。

だとすれば、執着する人は今自分が目をそむけていた源のところをしっかりと見つめることではなかろうか。

執着する人は負けたということを合理化しないことである。

自分が負けたということを認めたくなかった少年時代、青年時代、その間に執着する人はどんどん悪循環に入り込んで生きていたのである。

執着する人は負けたということを見つめ、認めたとき、新しい人生がスタートする。

弱点を隠さず「ありのまま」で生きる

自分で自分を憎んでいる人は、小さい頃自分にとってある重要な人間を内面化した

そしてその内面化した執着する人は、抑圧された憎しみをもっていた。

自分で自分を憎んでしまった執着する人は単に、小さい頃、抑圧された憎しみをもつ人間に自分を同一化してしまったというだけのことなのである。

だからこそ執着する人は自分で自分を受け入れ、愛することができるようになるためには、その小さい頃同一化した人間から心理的に離れるしかない。

カレン・ホルナイは自分で自分を軽蔑してしまった者は、ちょっとしたことで他人が自分を見下していると感じてしまうと述べている。

それは、そのとおりであろう。

執着する人はおそらくそれは小さい頃、身の周りで実際におきていたことなのではないだろうか。

自分にとって重要であった人間は、ささいなことで自分を激しく見下した。

そして執着する人はそのような人間を人間のモデルにしてしまったから、大人になってもちょっとしたことで他人は自分を見下していると誤解するのである。

執着する人は小さい頃自分にとって重要な人間が人間嫌いであったとする。

その執着する人は大人になっても、他人は自分とつきあうことを喜ばないと感じてしまう。

自分で自分を軽蔑している執着する人は、小さい頃自分はどのような人間を内面化したのかということを反省してみることである。

小さい頃、自分は完全でなくても愛される、自分は相手の望みどおりの人間でなくても見捨てられないと感じた子どもは、大人になってもありのままの自分を受け入れることができる

つまり自分で自分を拒否したり、自分で自分を軽蔑するようなことはない。

小さい頃母親に、これを台所にもっていきなさい、犬を散歩に連れていきなさい、玄関をきれいにしなさい、弟の机の上を片づけてあげなさい等々といわれる。

そのとき「いやだよ」といえる環境にあったかどうかということである。

母親が自分に望むように自分の気持ちが動かなくても、自分は母親から見捨てられることはない。

それでも母親は自分のことを好きだと感じることができる。

そのような環境に育った子は、自分を軽蔑することはない。

自分で自分を軽蔑してしまった執着する人は、欠点、弱点がある自分を、他人が受け入れてくれるということが信じられない。

自分を軽蔑してしまった執着する人は、自分が欠点のある自分を受け入れていないのであるから、他人が、自分には弱点があるけれど、それにもかかわらず愛してくれるということが信じられなくて当然かもしれない。

自分が弱くても好かれるという感じ方が、小さい頃できたか、できなかったかということである。

自分が弱くても、兄は自分のことを好きであると感じることができた弟は、大人になってから、自分の弱さを素直に認めることができるであろう。

それは自分が弱くても、他人は自分のことが好きだと知っているからであり、自分は弱くても、自分は愛されるに値する存在であると知っているからである。

自分が失敗しても、他人は自分を引き続き受け入れ、愛してくれると感じている者は、失敗を恐れないし、失敗したことをいつまでも気に病んでいない。

それにひきかえ、小さい頃自分の弱点を激しく責められたりした執着する人は、大人になって自分の弱点を隠すようになるだろう。

執着する人は弱点のある自分に対する他者の拒絶感があるからである。

実際の自分を知ったら他人は自分を愛してくれないだろうという恐れをもっていると、ジンバルドーはいう。

※参考文献:自分を許す心理学 加藤諦三著