”失敗こそがあなたの存在証明だ”

それは、事業の成功・失敗でも同じことである。
だから、「失敗したら、失敗したからこそ自分なのだ」ということをハッキリと自分が理解することである。

「人魚姫はしっぽがあったから人魚姫なのである。」

「あの失敗さえなければ」という考え方は、「自分が自分でさえなければということに等しい。

あなたが今悔やんでいることは、先に書いたように、自分はゴリラなのに「かわいい」と言われようとして、「かわいい」と言われないから悔やんでいるのではないだろうか。

ウサギのように「かわいい」と言われたら、ゴリラはゴリラでなくなる。
もしかして、あなたが望んだ成功を手に入れていたら、あなたはあなたではなくなっていた。

心の世界を視野に入れた時、自分の人生の履歴はまさに自分なのである。
成功の裏にも、失敗の裏にも「自分」がいる。

あなたの失敗はあなた「固有の失敗」なのであり、あなたの成功はあなた「固有の成功」なのである。
他人の失敗や成功とは違う。

そういう「固有の失敗」や「固有の成功」の積み重ねの上に、あなたの「固有の人生」がある。だから、自分と他人とは比較できないのである。

もし人が同じ資質で生まれ、同じ環境で育ったなら、その人生は比較できるかもしれない。

しかし、人は違った資質を持って生まれ、違った環境で育っている。
だから、人と人とは比較できるものではない。

あなたは自分の人生を振り返って、「あの失敗さえなければ」と考えるかもしれないが、あの失敗こそがあなたの存在証明かもしれない。

対人恐怖症、社交不安障害を克服するには、その失敗があなたの存在証明だと思うことである。

※参考文献:自分の受け入れ方 加藤諦三著