人は母なるものを求めます。

満たされるものがいれば、満たされなくて対人恐怖症、社交不安障害になる人もいます。

満たされない人は基本的なことが欲求不満だから見るものすべてに腹が立つ。

怒りを抱えて生きている人は多い。

人の言葉に腹が立つ。
人の言葉に怒りを感じます。

しかし、怒った時にはその言葉そのものが原因じゃない可能性があります。

同じ言葉を聞いても、基本的愛情欲求が満たされている人は腹が立たないかもしれない。

例えば、乾燥した林にガソリンがまかれています。

ライターで火をつけたら林が燃え盛る。

しかしもし、林が雨に濡れていれば、ライターで火をつけても燃え盛らない。

ガソリンがまかれていなければ火はつかない。
ライターが言葉です。

基本的愛情欲求が満たされている人と、満たされていない人では同じ言葉に対する反応は違う。

基本的愛情欲求が満たされていない人、すなわち対人恐怖症、社交不安障害の人は、他人の言葉に勝手に「不当な重要性」を与えてしまいます。