抑圧された利己主義

現代人の重大な心理的な問題の一つは、自分に嘘をついているところから生まれるという。

「子どものため」にを連発する親は、「親のために」と思えてならないことがよくある。

こういう人はたいてい、実は利己主義でありながら決して自分は利己主義でないと思い込んでいる。

心のいちばん底で気付いているが、それには目をそむけてしまう。

自分に嘘をついている。

結果として、子供が犠牲になる。

そして自分が利己主義であるという自分についての感じ方を無意識に抑圧してしまう。

意識の上では、自分は利己主義はないと信じている。

これが偽装された利己主義、これが変化してすなわち対人恐怖症、社交不安障害などということになる。

これはむき出しの利己主義よりはるかに始末が悪い。

始末が悪いというのは、その人自身のみならず、その子供をも感情的に破壊していってしまうからである。

子どもにとって、非利己主義の名のもとに利己主義をおしつけられるほど耐え難いことはない。

むきだしの利己主義なら子供もストレートに対決できるし、親から離れることもできる。

しかし偽装された利己主義は他人の利己主義を許さない。

そして、正義の名のもとに自分の利己主義を通す。

関係者はたまったもんではない。

つまり、ぎそうされた利己主義は、最もたちの悪い利己主義である

ずるい人間のやることである。

「ずるさは弱さに敏感だ」という言葉があるけれど、

それはずるい人間がよわいからであろう。

同質のものには敏感なのである。

対人恐怖症、社交不安障害の人は自分にもある弱点であるがゆえに、相手の弱点はすぐに見抜ける。

彼らは、自分の利己主義と正面切って対決することをせず、それを無意識の方向へ抑圧する。

そして、そのために「俺はこんなに利己主義ではない」と絶えず自分に言い聞かせなければならないことになる。

子どもに向かっても、子供が嫌がるような、押しつけがましい親切をしながら、必死の自己弁護で、自らをガードしつづけなければならない。

対人恐怖症、社交不安障害を克服したい人は、自分の抑圧した利己主義に気付くことが大切である。

 

  ★対人恐怖症・社交不安障害の克服メルマガ★(無料)

対人恐怖症・社交不安障害、あがり症の克服方法や考え方を定期的にメールで配信します。

対人恐怖症・社交不安障害、あがり症でお困りの方にはきっと役立つと思いますので、これを読んで克服していきましょう。

ただ今、医師が「ああ、もう克服しかけてるな」と安心する時、対人恐怖症・社交不安障害の人が発する言葉を登録時に配信中です。

*メールアドレス
*名前(ニックネーム)


※登録後の返信メールが届かない場合は、一度迷惑メールフォルダをご確認のうえ、迷惑メール解除をお願いします。

このページの先頭へ