南極のペンギンが、南極でうまくいかなくて、「あー、こんな寒いところに生まれなければよかった。」と嘆いている。

それを見てあなたはどう思うだろうか。

ペンギンは寒いところで生きるようにつくられている。

自分の宿命を受け入れられないペンギンは不幸になるよりほかない。

とあなたは思わないか。

いちごは果物である。

そのいちごが「私は野菜の仲間に入りたい」と言ったらどうであろうか。

自分の宿命を受け入れられない人は、このようになげいているペンギンやいちごと同じである。

「自分だけ得をしたい」と思っている人が思うように生きられないので悩んでいるとする。

悩んでいる人の多くは自分だけ得をした生き方ができないかと考えている。

人生は限りなく不公平である。

特に目に見えない部分の不公平が人生に多大な影響をもたらします。

例えば、美人に生まれた人がいれば不美人に生まれた人もいる。

大金持ちの家に生まれた人がいれば貧乏の家に生まれた人がいる。

そんな不公平は小さい小さいものである。

それより重要なのは心理的に健康な親や人に愛情いっぱいに育てられた人と、心理的に難がある人に育てられた人の不公平だ。

愛されて育った人は多くの人に好かれるようになり、

愛されずに育てられた人はひねくれておおくの人に嫌われる。

愛されずに育てられた人、対人恐怖症、社交不安障害を克服したい人は、まず、自分の宿命を受け入れることである。

そうすれば道は開けます。