対人恐怖症者は敵国のスパイにいるのと同じこと

対人恐怖症者、社交不安障害の人は敵国のスパイにいるのと同じことです。

相手は敵か味方か、

敵だと思うと自分がスパイであることがばれないように無理して迎合してしまう。

誰も信頼できない。

孤独である。

スパイをやめるにはNOを言うことである。

NOをいうと二通り相手の反応があって受け入れか拒否である。

拒否するものも敵国のスパイである。

なのでその人とは無理に迎合せず距離を取った方がよい。

逆に受け入れてくれる人にはどんどん無理のない自分をだしていってよいと思えます。

 

  ★対人恐怖症・社交不安障害の克服メルマガ★(無料)

対人恐怖症・社交不安障害、あがり症の克服方法や考え方を定期的にメールで配信します。

対人恐怖症・社交不安障害、あがり症でお困りの方にはきっと役立つと思いますので、これを読んで克服していきましょう。

ただ今、医師が「ああ、もう克服しかけてるな」と安心する時、対人恐怖症・社交不安障害の人が発する言葉を登録時に配信中です。

*メールアドレス
*名前(ニックネーム)


※登録後の返信メールが届かない場合は、一度迷惑メールフォルダをご確認のうえ、迷惑メール解除をお願いします。

このページの先頭へ