日常生活の中で自分を奮い立たせるために、「がんばるぞ」とか、「よし、やるぞ」などと言葉に出すことがある。

実際こうしたことで自分を鼓舞する効果があり、これを意識的に行うのがセルフトーク法である。

無力感や無価値感にとらわれている人は、無意識のうちに自滅的なセルフトークをしがちであり、それによって心も行動もいっそう混乱してしまう。

何か事態が生じたとき、「大変だ!」「もう、だめだ!」「自分には無理!」などが自滅的セルフトークの例である。

セルフトーク法とは、こうした否定的なセルフトークを適切なセルフトークを適切なセルフトークに変えることで、心と行動を建設的な方向へ動かすものである。

無価値感に悩む人には、たとえば以下のようなセルフトークが役立つ。


    「私はもう大人。無力な子どもじゃない。」

    「自分には力がある。」

    「許しなんかいらない。」

    「自分でなんでも決められる。」

    「特別でなくていい。」

    「グッドで十分。」

    「人がどう思おうと勝手!」

    「人に認めてもらう必要などない。」

    「人を喜ばすより、自分を喜ばそう。」

このように、その時々で、自分にピッタリくると感じられる言葉を使えばよい。

そして、上手く対処できたら、次のようなセルフトークで強化しよう。

    「やった!」

    「だんだんよくできるようになっているぞ!」

    「えらいぞ、よくがんばった!」

    「パーフェクト!」

    「満足、満足!」

※参考文献:「自分には価値がない」の心理学 根本橘夫著