人間は体は素っ裸で街を歩くことはできないが、心は裸で歩くことができる。

しかし、心に自信がない人はついつい着飾ってしまいます。

それはありのままの自分に価値が無いと思い込んでいるからです。

自分に万能のスターであることを期待するのは、ありのままの自分は対人関係において、価値が無いという不快な感情を抑圧するからである。

しかし、不快であるがゆえに抑圧した、じぶんに関するその感じ方は正しいのであろうか。

その感じ方は事実なのだろうか。それは違った事実である。

心を裸にして歩けないの人、対人恐怖、社交不安障害を克服したい人は、心がどんな服装をして、どうすれば全部脱いで裸になれるのかを模索することです。