意気地なしの人が自信を持つための初め

にせの自信をもっている意気地なしの人は、仕事以外の場での楽しみというものを、仕事からの解放と考える

よく、「今日は一日仕事のことを忘れたい」と言う意気地なしの人がいる。

意気地なしの人は人生の楽しみを、現実からの逃避と考えているのである。

彼のさまざまな行動の動機は、現実からどう逃げるか、ということである。

意気地なしの彼にとって、”楽しみたい”ということは”現実から逃げたい”ということなのである。

レクリエーションなどというのも、現実からの逃避と意気地なしの彼は考えていた。

酒を飲む時も二通りあろう。

一つは酒を楽しみために飲む時、もう一つは意気地なしの人が辛いことを一時でも忘れようとして飲む時である。

レジャーとかレクリエーションとかいうものを、現実からの逃避と考えている意気地なしの人は、酒で言えば、現実をわすれるために飲んでいる意気地なしの人である。

意気地なしの彼は現実の世間のさまざまな人に対して、憎しみを抱いている。

現実はつまらないことばかりである。

意気地なしの彼は世間の自分に対する評価に不満足である。

毎日、イライラしてばかりいる。

意気地なしの人は仕事は思うようにいかないで焦っている。

気ばかり焦っても、仕事のほうは何も手につかなかったりする。

意気地なしの人は気の休まる時がない

集団内での自分の順位が不本意である

意気地なしの彼にとって現実は”いや”なことばかりなのである。

であれば、”楽しみ”とは、この現実を忘れさせてくれることとなるであろう。

レジャーは意気地なしの彼にとって現実からの逃避なのである。

意気地なしの彼は旅行に行きたくて行くのではない。

旅行が意気地なしの自分に現実を忘れさせてくれるからである。

意気地なしの彼は現実から逃避するために旅行に行く。

しかし意気地なしの人は本心は旅行に行きたくない。

意気地なしの人は現実から逃避するために旅行に行く。

しかし意気地なしの人は本心は旅行に行きたくない。

現実から逃避するためにレジャーを求める意気地なしの人は、デッドエンドに突き当たる以外にはない。

現実から逃避する性質そのものに、楽しむ能力が欠如しているのである

にせの自信をもっている意気地なしの人にとって現実は辛い。

しかし意気地なしの人はその辛い現実から逃避するための行動もまた”いやなことばかり”なのである。

自信のある人がパーティに出席する。

するとその場を十二分に楽しむ。

彼はパーティに出席して満足する。

パーティに出席したことで、他に何かを得ようとは思わない。

彼はパーティそのものを楽しんだ以上、すでにその場でむくわれている。

歌を唄い、新しく会った人と会話をし、昔からの友人と笑い、彼は満ち足りて家に帰っていく

しかしにせの自信しかもっていない意気地なしの人は、パーティに出席したことで何かを得ないと満足しない。

何かの金儲けのタネを得たとか、新しく市場を開拓するのにコネができたとか、疲れがいっぺんにふっとんだとか、何かを得ないと、意気地なしの人は出席しても時間の無駄をしたように感じる。

意気地なしの彼はそのパーティに出席している人自身を、べつに好きなわけではないのである。

だからといって、意気地なしの人はパーティに出席しないで家にいたり、仕事をしていたりして満足するかというと、決してそうではない。

意気地なしの人はまさにデッドエンドなのである。

パーティによって何も得られない以上、意気地なしの彼は辛い仕事をしていたほうが、まだ気が休まる。

意気地なしの人は先に進むことも辛いが、退くことも辛い、かといって、そこにとどまっていることはなお辛い。

これが、現実から逃避してにせの自信をもっている意気地なしの人の末路である。

デッドエンド、これほどにせの自信にふさわしい言葉も少ないであろう

もちろん意気地なしの彼には、肉体的に安楽ということもあるかもしれない。

しかし、意気地なしの人は安楽には退屈がつきまとうし、だいたいがいつも”こんなことをしてはいられない”という気持ちに追い立てられているのである。

にせの自信を持つ意気地なしの人ほど、楽しみを必要としている人はいない。

意気地なしの人はいつも針のむしろの上に坐らされているのであるから。

しかし、意気地なしの人はその誰よりも楽しみを必要とする人であるにもかかわらず、誰よりも楽しみを味わえないというのが、にせの自信の持ち主なのである。

意気地なしの人はその場を離れてどこかに行かざるを得ないほど辛いのに、その場を離れる気がしない。

新しく人に会う気もしないのに、だからといって一人でいるのも”いや”なのである。

意気地なしの人は机の前に坐っているのも”いや”だけれど、かといって散歩に行く気もしない。

彼は感情の袋小路で生きていかざるを得ない。

高慢になる思い込みが激しい意気地なしの人は、もう勝負に負けている?

かつて、読売新聞の「人生案内」に次のような話があった

アメリカに住んでいる日本人の商社マンの妻からの訴えである。

「夫は苦学をしながらも、有名大学をでた大会社の社員です。

私が見ても痛ましいほどの精勤ぶりで、帰宅は連日十二時前後、日曜日は付き合いゴルフ、たまに家にいる日は疲れたとゴロゴロしながら、それでも仕事関係の本を手放さない具合です。

付き合いを重んじ、手当てやボーナスをつぎ込みますので、私たち親子の生活は楽ではありません。

従来からがんこなタイプだった夫が、こちらに来てからはその度を増したようで、”もっと家庭を大事にして”などと言おうものなら、”結局はおまえたちのためにこんなに頑張っているのだ”と申し、さらに私の運転技術、買物もスムーズにいかない英会話などを強く批判します・・・」

こんな意気地なしの夫こそ、にせの自信を頼りに生きてきて、遂にデッドエンドにきたという感じである。

意気地なしの彼の態度がデッドエンドだということは、家で疲れたとゴロゴロしながらも、それでも仕事の本を手放せないでいるところにあらわれている。

ゴロゴロもしていられないが、だからといって、辛くて本も読めないのである。

意気地なしの彼はゴロゴロしながらも、一時として気が休まらないにちがいない。

彼がゴルフをしている姿を想像すると、楽しんでいる姿は浮んでこない。

意気地なしの彼はゴルフをやったからといって、気持ちが晴れるわけではないだろう。

しかし意気地なしの彼自身は、ゴルフにそうしたものを求めているに違いない。

意気地なしの彼は、まさに楽しみを必要としている。

しかし、彼はいっさいの楽しみから拒絶されている

意気地なしの彼は、これまで劣等感から頑張ってきたのであろう。

そして意気地なしの人は劣等感から行動すればするほど結果として劣等感を強めてしまっている。

意気地なしの人は結果として成功しても、心理的には劣等感を強化しているのである。

彼はにっちもさっちもいかなくなっているのである。

意気地なしの人が妻の運転技術や英会話の能力の欠如を強く批判するのは、にせの自信しかもっていないからであろう。

また、意気地なしの人はにせの自信をもっているからこそ、他人の英会話の能力を責めることになる。

意気地なしの彼は形のうえからすれば英語力はあると見える。

しかし自分の職務を十分におこなえるほどの能力はないのであろう

意気地なしの人はこの、形のうえでの実力と真の実力とのギャップが、にせの自信を強めているのである。

したがって、意気地なしの人は他人の英語力を責める。

おそらく意気地なしの彼は、自分より英語のできない駐在員や、駐在員になれなかった同僚たちを軽蔑しているにちがいない。

意気地なしの高慢は、つねに破滅の一歩手前であらわれる。

高慢になる人はもう勝負にまけているのだ、とヒルティの言葉である。

意気地なしの彼はまさに破滅の一歩手前である。

彼がレジャーに求めるものは、この辛い現実からの逃避であろう。

しかし、この意気地なしの彼自身がよく示しているように、いかなるものも意気地なしの彼に楽しみを与えることができない。

意気地なしの彼はもともと頑固であったと、相談者は書いている。

頑固であるということは、すでに気持ちのうえでは周囲の世界に負けているのである

意識されている意気地なしの自己は高慢になりながらも、潜在意識下の自己は相手に負けている。

これが、意気地なしの彼のがんこさである。

意気地なしの彼はにせの自信で生きてきたから、自分と周囲の世界との溝をどんどん大きくしてきてしまい、もはや橋のかけようがなくなっているのである。

彼は、のどから手がでるほど気持ちの休まる楽しみがほしい。

そして、そのためのお金も環境も時間も、何もかもある。

しかし、意気地なしの彼は楽しめない。

意気地なしの人は楽しみたいけれど楽しめない。

の人は楽しみを味わわなければ、破滅してしまいそうに楽しみを必要としているのに、どうしても楽しめないのである。

意気地なしの人がにせの自信を頼りに生きてきたことの悲劇を、ここに見ることができる。

の人は意識された自己がゴロゴロして疲れをいやそうとしても、潜在意識下の自己は不安と劣等感から彼をかりたてる。

意気地なしの彼は何でこんなに辛い思いをしながら仕事をしなければいけないのかわからない。

の人はこの辛い生活を支えるために理由が欲しい。

意気地なしの人は「結局はおまえたちのためにこんなに頑張っているのだ」ということになる

恩をきせられたほうはいい迷惑である

デッドエンドの意気地なしの人間は、他人をまき込んでいく。

意気地なしの人は自分が変わる以外に、もはやどうにもならなくなっているのに、他人を犠牲にしつつデッドエンドを乗り切ろうとする。

それが、「おまえたちのため」である。

しかし、デッドエンドはデッドエンドである。

このまま意気地なしの彼が頑張れば、彼のノイローゼは強まるばかりである。

意気地なしの彼は生き方を変える以外にはない。

具体的には駐在員をやめることである。

私たちががんばらねばならないのは、意気地なしの彼のようながんばり方においてではない。

人間は正しい仕事を見出した時ほど、晴れやかな気分になることはないという

そんな仕事において私たちはがんばらねばならないのである。

仕事こそ楽しみだ、という仕事におていがんばればよいのである。

意気地なしの彼は高慢であるが、愚かである。

彼は、実は心の奥底では、自分を軽蔑しているのである。

意気地なしの彼は心の奥底で知っている自分を、自分が受け入れられないでいるのである。

だからこのような職を選び、このようなかたちの努力をしている。

もし意気地なしの彼が、彼の評価する人間の価値基準を変えて、実際の自分を受け入れることができれば、すべては解決するのである。

意気地なしの彼の今持っているモノサシは、彼の劣等感がつくり出したモノサシでしかない。

の彼は苦学して大会社の海外駐在員にまでなったが、いまだに、何についても達成感というものをもったことがないのではなかろうか。

一つの仕事をやり遂げた時の達成感を、彼はもったことがないはずである

たしかに学生時代はよく勉強して、有名大学をでたであろう。

しかしクラブ活動で、あるひとつのことをやり遂げたという体験はないにちがいない。

大学祭に参加して、とにかくそれをやり遂げて、「やったあ」と言って最後に皆で楽しく酒を飲んだことがないにちがいない。

私たちの楽しむ能力を維持するためには、この達成感が大切なのである。

達成感をもつためにも、意気地なしの人は自分に適合した生き方をしなければならない。

意気地なしの人がもし自信をもちたければ、自分に適合した考え方をし、自分に適合した生き方を妨げているものは何か、ということを自分なりにつきつめていくことである。

なぜ、自分はありのままの自分の価値を信じられないのか、もう一度、腰をすえて考えてみることである。

意気地なしの人は幼い頃から、ある一定の生活の方向を親に決められていたからか、幼稚園で、先生のつくったものをまねてつくることしか教えられなかったからか、考え直すことである。

うまくまねることができてほめられ、自分で一生懸命つくったものはほめられなかったからか

いずれにしろ、意気地なしの人は何か自分がやりたいことをやった時にはほめられず、自分を抑圧してやったことをほめられたとか、そのようなことがあるにちがいない。

意気地なしの私たちは自分のもっているものに気がつくばかりではなく、自分のもっているものの価値に自信をもたなければならないのである。

”雁が飛べば石亀も地団駄”という格言がある。

空を飛ぶ鳥は空を飛べばよいのである。

雁が空を飛ぶのを見て、石亀が飛びたいと思ったところで、自分を傷つけるだけであろう。

雁には雁の生き方があり、亀には亀の生き方がある。

自分には自分の生き方がある

それを否定すると、にせの自信をもち、努力に努力をかさねて自分を傷つけつづけることになる。

そのような努力は格言にあるように、”船を陸に押す”がごとき努力である。

船は水の上で動くことを忘れてはならない。

意気地なしの人がその瞬間、さわやかな自信が身体の中に生まれる心理

自信がない、という意気地なしの人は、自分の人生のどこかに”ごまかし”があったかを反省してみなければなるまい

意気地なしの人がまず第一に反省してみることは、もちろん家族関係、特に親子関係における”ごまかし”であろう。

親がまともな大人であった人は問題ないが、すべての親がまともであるわけがない。

情緒的に未成熟な親は、子どもにまとわりついて生きる。

そのような親に育てられた子どもは、親からかぶさってくる一体感に負けてしまって、真の自分を”ごまかし”ていたのではないだろうか。

意気地なしの人は親の利己的な期待や、虚栄心に負けて、真の自分の望みに気付こうとせず、親の言うなりになっていた。

だとすれば、意気地なしの人はまず人生の第一歩で自分を偽ったのである。

べつの表現をすれば、自己の他者化ということである。

自己主張というのは、何のことはない、自分を偽らないというだけのことである。

自己主張=自信、という公式も、ここから理解されるだろう。

自分を偽っている意気地なしの人が自分に自信をもてるわけがない

今まで自分を偽って見せていた意気地なしの人に、偽りのない自分の姿を見せることは、自分にとっては戦いである。

しかし、意気地なしの人が自分の偽りのない姿を相手に見せた時、相手もまたその偽りのない姿をさらけ出さざるを得なくなる。

虚栄心の強い甘えた親にむかって「僕はもうそんなウソの生活はいやだ。虚勢だけの生活はいやだ」と言ってみたとしよう。

甘えた親であればあるほど、ヒステリーをおこす。

甘えた親であればあるほど、子どもに依存しつつ、子どもを支配しようとしている。

自分の支配に反逆されたのであるから、怒り狂う

「おまえを苦労して育ててきたのを忘れたのか」とか「オレの社会的名誉はどうなる。少しは考えろ」と叫び出すに違いない。

それまでは「おまえのためなら、何だってやる」というようなことを言っていたのに、一変して「おまえのほうこそ嘘つきだ」などと言いだす。

その一変した姿こそ、今までの愛が本当は子どものための愛ではなく、自己愛のための対象愛にすぎなかったことをあらわしている

そのような醜悪な姿を見た時、自分はこれほど自己中心的な醜悪な人間を恐れて自分を偽ってきたのだと知って、呆然とするだろう。

そしてその瞬間、さわやかな自信が身体の中に生まれる。

もはや、自分を偽る内的必然性がなくなったからである。

その人の”魅力”に比例する修羅場の数

甘えた親は、子どもが自分の支配に服する限り、子どもを愛していたにすぎない

自分の価値を子どもに認めてもらいたかったが、これをはじめて子どもが拒否した。

そこで一転して憎しみに変わったのである。

愛が憎しみに変わったというよりも、子どもへの心理的依存が満たされず、憎しみをもったということである。

意気地なしの人は自分を偽っていればこそ、相手の本当の姿はあからさまにはならない。

これは何も親子ばかりではない。

同僚同士であれ、上役との関係であれ、同じことである。

また、意気地なしの人は自分を偽らなければ、それだけ真の友人もわかってくる。

意気地なしの人は自分を偽らなくても受け入れてくれる人を知って、やはり同じように、いかに自分を偽ることがバカバカしいかを悟るであろう。

ある人に受け入れてもらおうと、一生懸命になって自分を実際以上に見せていた

意気地なしの人はありのままの自分では受け入れてもらえないのではないかと、十の財産を百に見せていたり、十の才能を苦労して百に見せていたりしていた。

しかし、十の財産と十の才能でも受け入れてもらえる、いやそうではなく、そんなことを問題にしているのではなく、自分の相手への思いやりの気持ちにふれて、相手は自分を尊敬していたんだと知ることもある。

それはまた新たな自信を生む。

もう一度繰り返そう。

自己主張とは何でもない、ただ、自分を偽らないということなのである

しかし自分を偽らないというだけのことで、時に修羅場となる。

しかし修羅場を生き抜かなければ、自信をもてないという運命にある意気地なしの人もいる。

修羅場を生き抜いてこそ、みがきのかかる人間もいる。

修羅場を避けようとしたがために、一生屈折した感情で生きる意気地なしの人もいるのだ。

意気地なしの人は自らを鍛えるべき修羅場を避けたことによって、自信喪失という代償を払ったのである。

人生の最終的な清算は自信でなされる。

ごまかしのある意気地なしの人は表面では得しているようでも自信がなく、ごまかしのない人は表面では損しているようでも自信がある。

人間がどれだけ魅力的かは、一つには、どれだけ修羅場をくぐりぬけてきたかによる。

※参考文献:『自信』加藤諦三著