幼児的願望を持っている人は、すべての人を意のままにしたい。

全ての人に対して「甘え」がある。

そして、自分の意のままにならない人に敵意を持つ。

したがって、心理的に病んでいるということは、すべての人に敵意があるということである。

ところが、この敵意を表現できない。

それは周囲の人から愛情が欲しいからである。周囲の人からチヤホヤされたいからである。

そこで、自分の中に憎しみの感情を閉じ込めてしまう。

そして、憎しみを自分の中に閉じ込めた結果、憂鬱になる。

それが積もり積もって何をする気にもならない。

何をするのも億劫になる、無力になる。

幼児的願望を持っている人は、誰でも彼でもすべての人に好かれたい、すべての人にチヤホヤされたい。「この人」に誉められたいわけではない。

心理学的に健康な人からすれば、「何であんな人にまで誉められたいの」と驚くような人にまで、彼らは誉められたがっている。

幼児的願望を持っている人は「あなたとはあまりかんけいがないではないか」というような人にまで認めてもらいたい。

ところが、多くの場合、それらの人から誉められないし、好かれないし、認めてもらえない。

そこで幼児的願望を持っている人は、すべての人に心の底で恨みを持つ。

結果として、幼児的願望を持っている人は、誰でも彼でもすべての人が嫌いになる。

そしてその「嫌い」という感情を、「お前が嫌いだ」というように直接人に向けられない。

憎しみの感情を表現できない。周囲の人から認められることを必要としているからである。

表現する時には屈折した形であらわす。

たとえば何かものに向ける。

人に対する「嫌い」という感情を、ものが嫌いだということに置き換えるのである。

心理的に健康な夫が会社から帰ってくる。

夕食になる。

スープを飲む。

そして、「今日は会社でかくかくしかじかの嫌なことがあった」と愚痴を言う。

スープがおいしければ「おいしい」と言う。

スープにイライラを向けない。

心理的に病んでいる夫が会社から帰ってくる。

「今日は会社でかくかくしかじかの嫌なことがあった」と言わない。

そして、「スープがおいしくない」とスープに文句を言う。

妻に対するイライラをスープに向ける。

だから、どんなにスープをおいしくつくっても、奥さんは文句を言われる。妻に対する不愉快な感情を、料理を通してしか表現できないからである。

怒りを向けやすい場所に向ける、それすらできない夫も多い。

だから、押さえ込まれた感情がその人を無気力にしていくのである。

※参考文献:自分の受け入れ方 加藤諦三著