”生きることの意味は人によって異なる”

人は、自己実現、自己実現と騒ぐ。
しかし、何が自己実現化かは、人によって違う。

ある人にとっては、自分の好きな学問をすることが自己実現である。

しかし、嫌いな勉強を無理やりさせられてきた人にとっては、「自分は勉強が嫌いだ」と気が付いて勉強を止めることが自己実現である。

生きるということの意味は、それぞれの人によって異なる。

お経に「一水四見」という言葉がある。

餓鬼には血に見え、
魚には住みかに見え、
人間には水に見え、
天人には瑠璃宝石に見えるということであるという。

同じ景色を見ていても、人は感じていることが違う。
同じテレビの番組を見ていても、感じていることが人によって違う。
同じ会社の部屋で同じ上司の顔を見ていても、感じていることが人によって違う。

対人恐怖症、社交不安障害を克服するには自分が本当にやりたいことを突き詰めて探し、実現させることである。

※参考文献:自分の受け入れ方 加藤諦三著