社会不適合者を克服する初めに

アメリカで「Impostor Phenomenon」ということを言う人がいる。

自分がどこか偽者であるという感じ方に悩まされる「偽名現象」とでも言うべき現象である

つまり自分は成功したけれども偽物ではないかという恐れを抱いている社会不適合者の人である。

何もノーベル賞をもらうような人のことだけを成功者と言っているのではない。

それでも社会不適合者の人は偽名を使って生きているという不確実感がある。

社会不適合者と言われるものに悩んでいる人は、どこかで人生の近道をしてしまったという感覚を持っている。

抜け道を通ると、うまくいったと思うかもしれないが、心理的には代価を払っている。

それが社会不適合者の人である。

本来仕事に就く人は、自分の適性を考えて、試行錯誤して、準備をして仕事に就いていく。

その手間を省いて、たまたまあったうまい仕事に就いた。

たまたまあった仕事であっても、一応は自分の力で仕事を進めているのに、自分の力で成功したとは感じられない。

王道を通らないで近道を通るとそういう心理状態に陥る

社会不適合者の人はそこで何か自分は偽名でも使って生きているようなうしろめたい気持ちになる。

そこで人との関係で言うと、そういう社会不適合者の人は本来1万円払えば良いものを5万円支払ってしまう。

相手が5万円を要求すると、1万円の仕事でも5万円を支払ってしまう。

客観的にはいじめられているのと同じである。

なぜか面と向かうと社会不適合者の人は「5万円は高すぎる」と言えない。

心ならずもいい人を演じてしまう。

「自分は偽者」と思う社会不適合者の人は相手が怖い。

核になるキーワードは、脆弱な自我基盤である。

自我意識の希薄さである

社会不適合者の彼らが相手からよく思ってもらいたいというのはほとんど病気である。

正常な心理ではない。

自我基盤が確立するためには長い道のりがある。

一つ一つの心理的課題を解決していかなければならない。

その長い道のりのどこかで近道をする。

すると気づかないうちに心理的に負い目が出てくる。

本当に有能でも、有能な「ふり」をしたことで、自分が有能であることが信じられなくなる。

それが社会不適合者の心理である。

つまり実際の自分を隠して防衛的になることで、自己不適格感が生じる。

実際の自分に罪の意識を感じる

それがさらに人に対して迎合的な態度を取らせる。

悪循環に陥っていく。

社会不適合者に陥った人はすぐに脅されてしまう。

現実は脅威に満ちていなくても、社会不適合者の人は脅威に満ちていると感じてしまう。

相手が怖い。

それは相手から低く評価されることを怖れているからである。

相手から低く評価されたら生きていけない。

これは社会不適合者の人の特徴である。

そして心の病気である。

社会不適合者の人は育つ家庭で低く評価され過ぎた

家庭でいじめられて育った人は「自分には実力がない」と思い込む

社会不適合者の人の家庭では自分を主張することは、最大の罪悪であった。

絶対に許されないことであった。

相手に跪くことが生き延びるためには必要なことであった。

これは家庭内のいじめである。

このように家族の中でいじめられて成長した人が、今度は社会に出ていっていじめられる。

人が怖い。

そしていじめられないためには、自分の感情を抑制することが必要であることを小さい頃から学習する。

他から見るとそれは非利己主義である。

しかしそれは社会不適合者の彼にとっては生き延びるための方法であって、その人の本来の性格ではない。

能力がないと言われて育ったのだから

期待に応えられない時にひどい目に合ったのだから。

社会不適合者の人は、いつも「本当の自分が人前で表れたらどうしよう」と怖れている。

いつも不安である。

「いつ本当の自分が人に分かってしまうか」と不安である。

彼はいつ自分の本当の姿がばれるかと不安である。

その不安から逃れるためには、相手から好かれていることが絶対の条件である。

その結果、相手から嫌われる、低く評価されることを病的に怖れる。

心理的健康な人には想像のできないほど周囲の世界が怖い。

裏口入学の学生の心理

もともと自分は偽物なのだから、許されない存在

社会不適合者の人は「自分の本当の姿が分かったら人は自分を嫌うだろう」と思っている。

これらの人は、人から脅されると震え上がってしまう。

裏口から入学した学生の心理のようなものである。

本当は正規の試験を実力で通っているのに、裏口から入学したと思い込まされている。

そうなればとにかく生きていくためには皆の好意が必要である。

周囲の人の好意が、社会不適合者の彼が生きる条件である。

肉体的には生きるために食べ物が必要である。

食べるものがなければ死んでしまう。

それと同じで、社会不適合者の人は人の好意がなければ心理的には死んでしまう。

人は肉体的な恐れはよく理解できるが、心の怖れはなかなか理解されない

例えば会社の中で熾烈な派閥争いがあるとする。

ある会議でどちらの企画が通るかが両者の勢力に大きな影響を与える。

そんな時に反対側の人から「おまえの過去をばらす」などと脅されると震え上がる。

そしてその脅しの言葉を聞いたときから不安で眠れない夜を過ごすことになる。

相手はその人が怯えたことが分かればさらに脅しをエスカレートする。

「おまえのしていることは分かっている」などという言葉が昼も夜も頭の中で行き来する。

社会不適合者の人や恥ずかしがり屋の人はいつも周囲の人から脅されている。

現実に脅されていなくても心理的には脅されている

したがって社会不適合者の人はいつも不安である。

不安と言っても異常に不安である。

だから無理をして誰にもいい顔をする。

その無理が心の底に憎しみを生みだす。

彼らの無意識には凄まじい怒りと憎しみがある。

抑制しているから不安もまた激しい

社会不適合者の人は「嫌われたらどうしよう」と怯える。

しかし現実には嫌われたからってどうということはない。

それなのに、脅されると「大変なことになった」と、ストレスで胃を壊したりする。

いや脅されなくても脅されているのと同じ心理状態である。

人の好意がなければ生きていけないのであるから、好意を失ったらどうしようという不安はものすごい。

だからこれは病気なのである。

社会不適合者の人の克服の心理

実際に弱みを握られていないのに弱みを握られた人と同じように怯える

社会不適合者の人や恥ずかしがり屋、あるいはそれに類する心理的傾向を持っている人は、不安なときに、まず何よりも事実を確認することである。

つまりいま自分が怯えていることは「怯える必要のあることなのか?」ということである。

事実は、自分は何も悪いことをしていないのではないか。

彼らは1万円払えば良いものを5万円払っている。

だとすれば怯える必要などどこにもないのである。

ただ怯える必要がないというのは、理屈である。

過去の心で、現在の刺激に反応しているのである。

いまの自分がいまの刺激に反応しているのではない

社会不適合者の人は過去に「お前はここにいる資格がない」という破壊的メッセージを与えられている。

その過去の心が、いまの刺激に反応している。

怯えている人は、過去にも同じようなイヤな体験をしている。

恐ろしい体験をしている。

そこで脅されるとその過去の体験を再体験して、大変でないことを「大変なことになった」と不安で眠れなくなるのである。

相手に向かって、「私は一万円払います」と言えば済むものを、社会不適合者の人はそれが言えない。

ときなく正当な自己主張ができない。

1万円払えば良いものを5万円払わなければ怖いのである

どうしても社会不適合者の人は「私は1万円払います」と言えない。

そう言ったら殺されるような恐怖感に襲われる。

過去には事実、殺されるような脅しを体験しているからである。

過去といまとは状況は変わっている。

しかし心が変わっていない。

その人の心が変わっていなければ、5万円払わなければ殺されると感じてしまう。

恥ずかしがり屋の人や社会不適合者の人は、実際に弱みを握られているのではないのに、弱みを握られた人と同じように脅されてしまう。

弱みではないことを社会不適合者の本人が弱みと思い込んでいる。

だから人は相手の言いなりになる。

社会不適合者の自分の弱さから生じる恐怖感

刺激にすぐに反応しない

安売り依存症の人にしろ、社会不適合者の人にしろ、受容的構えの人にしろ、非生産的な人が絶対に守るべき原則がある。

まずとにかくその場で返事をしないことである。

これを守らなければ社会不適合者の人は破滅する。

例えば一日おいて返事をする。

時間をおけば、自分がしようとしていることがいかに屈辱的で不当なことであるかが理解できる。

第二の守るべき原則は、自分の感情を明確化することである

別の言葉で言えば、隠された真の動機に気がつくことである。

自分は相手に親切にしていると解釈しているが本当はそうではないということが分かる。

社会不適合者の人はただ相手に気に入られたいためだと理解できる。

親切などという立派なことではなく、社会不適合者の人にとって親切という行動の動機は恐怖感にしか過ぎないと理解できる。

そして最後は、「あの人に嫌われて何か困ることはあるか?」と考えてみる

困ることなど何もない。

いろいろと困った状況に陥る。

そして最後は生きることに疲れた人になる。

しかしこれは自分で自分の首を締めているに過ぎない。

自分が人に気に入られたいということから招いたトラブルである。

社会不適合者の人のトラブルの原因は、自分が自分に頼って生きていこうとしない弱さから生じた恐怖感である。

脅されて怯えている社会不適合者の人は、自分は何か犯罪を犯しているのか?それを隠しているのか?と考えることである。

何も隠してなどいないではないか。

もちろんそうした弱みを握られて脅されている人もいるだろう。

悪い者同士の戦いだからここでの問題ではない

ここで問題にしているのは、現実には何も弱みになるようなことをしていないのに、弱みのある人と同じような怯えの心理に追い込まれる社会不適合者の人のことを説明しているのである。

そして「どうしよう」と食事も喉に通らないという人のことを記しているのである。

社会不適合者の人はいままでも正常以上のことをしている。

1万円払えば良いところを5万円払っている。

それなのに「お前は借金を払っていない、ごまかしている、詐欺をしている」と脅されている。

そして「過去の詐欺がばれたらどうしよう」と怯えている。

現実には噛みつかない犬を噛みつくと思い込んで逃げてしまう人の心理と同じである。

噛みつかない犬が来ているのに、恐怖で震え上がってすくんでしまう社会不適合者の人の気持ちである。

社会不適合者の人は皆にとって「都合のいい人」

1万円のものを渡して「5万円、払え」と言えば相手は5万円払うということを知っている。

「ずるさは弱さに敏感である」という趣旨の格言がある。

ずるい人は必ず、社会不適合者の人や恥ずかしがり屋の人をかぎ分ける。

そして脅しにかかる。

そして彼らはその社会不適合者の人たちを利用する。

怯えている社会不適合者の彼らは小さい頃から徹底的に脅されて成長してきたのである。

親にとって都合のいい人間、兄弟にとって都合のいい人間、周囲の人にとって都合のいい人間になって生きてきた

だから社会人になると、上司にとって都合のいい部下、同僚にとって都合のいい同僚、部下にとって都合のいい上司、周囲の人にとって都合のいい人間になってしまった。

社会不適合者の人はそうして生きてきた。

それだけ周囲の人にとって都合のいい人間になりながらも、「私の過去の詐欺がばれたら、私は生きていけない」と思っている。

そこで相手が1万円のものを「5万円です」と言うと、社会不適合者の人は5万円払ってしまう。

払わないではいられない。

それは強迫的である。

払うまいと思っても、払わないではいられない。

断わりたいのになかなか断れない

社会不適合者の人はPositive Noが言えない人である。

アルコール依存症の人が、アルコールを飲むまいと思っても、飲まないではいられないように、社会不適合者の彼らは払うまいと思っても払わないではいられない。

社会不適合者の人を救う言葉がPositive Noである。

彼は皆にとって都合のいい人であり、誰もがいい人と思うかもしれない。

しかし誰も尊敬していない。

皆にとって都合良いだけで重んじられていない。

尊敬もされていないし、慕われてもいない。

皆が利用価値があるから付き合っているだけで、利用価値がなくなれば、「ハイ、それまでよ」という存在である。

「有能な人が自分を無能と思い込む病」

どんなに自分がすごくても自分をすごいとは思えない。

要するに成功によっても自己イメージは変わらないということである

それは一つ一つのことを自分の意志で行っていないからである。

社会不適合者の人は皆に気に入られるためにしていることで、自分のためにしていることではない。

自分の意志でしたことで成功すれば、自信につながるかもしれないが、社会不適合者の人は自分の意志ではなく、外から言われたことを恐怖感からしているのだから、どんなに成功しても成功したという実感はない。

恐怖感とは嫌われる恐怖感であり、拒絶される恐怖感である。

自分の成功を自分の能力のおかげとは思わないで、次のように思う。

何か分からないけどこうなったと思う。

一つ一つのことが自分の意志と行動ではない。

その結果が存在感喪失症状である。

存在しているのに、存在していないとしか感じられない

普通の人は、1万円のものに「5万円払え」と言われれば、「いえ、1万円しか払えません」と言える。

しかしこういう社会不適合者の人たちはそれが言えない。

社会不適合者の人は1万円という実感も、5万円という実感もない。

とにかく言われるままである。

自分がない。

すべては幻想の世界で生きている。

相手の言うことが正しいという世界で生きている。

客観的事実がない

あるのは主観的事実だけである。

社会不適合者の彼らにとって心の中で起きていることが、現実なのである。

現実が現実ではない。

なぜか自分はそこにいる資格も権利もないと感じている。

有能な人が自分は無能であると思い込んでいる。

彼らは自分が得意でない分野が重要な分野と思う。

運動が得意な人は勉強が重要と思う。

社会不適合者の人は「本当の自分」がばれる恐怖にさいなまれる

自分が無能であることが人々に分かってしまう恐れを持っている

社会不適合者の人は自分のごまかしがばれてしまうという恐れを持っている。

それは「お前はごまかして生きてきている」と言われて成長してきたからである。

養育者から「お前はダメな人間だけれども、俺の力で生きていかれている」と社会不適合者は徹底的に教え込まれている。

育った家庭においては、「お前は能力がない」と言われることは、お前はここにいてはいけないという意味である。

家において「お前はこの集団に属してはいけない」という感情を植え付けられた社会不適合者の人は、会社には行っても、「お前はこの集団に属してはいけない」と思う。

この世の中に居場所がない。

社会人になったとしても「実際の自分」が分かったら、「自分は世間から追放されてしまう」と怯えている

それは社会不適合者の人が小さい頃、実際に言う通りにしないと「家庭から追放する」と脅し続けられたからである。

そして家庭から追放されればお前は生きていけないと脅し続けられたからである。

恥ずかしがり屋の人などは失敗することの恐怖を持っている。

と言うよりも、それは嫌われることの恐怖感である。

自分は生きている資格がないのだから、好かれる証拠がない限り、怖くて生きていかれない。

そこで努力の仕方を間違える。

自分が好かれることばかり考えて、相手の立場を思いやることなどしない。

努力を人とのかかわりに持っていけない

他人のためになることは自分のためにもなるという相互性に努力をもっていけば、自信ができたかもしれない。

しかし、彼らは自分の外側ばかりを整えることにエネルギーを使った。

また結果重視の姿勢だった。

自分が能力のある「ふり」をしたことで、実際の自分は能力がないと思い込んでしまった。

「自分の存在に対する引け目をいだく社会不適合者の人」

社会不適合者の人は、自分に欠けているものに異常に価値を置く。

逆に自分が持っているものを過小評価する

相手がコンピューターの操作に長けていると、そのことを過大に評価する。

社会不適合者の人は自分に体力があると体力を過小に評価する。

自分にお金があると、お金があることを過小に評価する。

だからどんなに優れていても、社会不適合者の人はいつも他人に気が引けている。

時に一般的なことでも同じである。

文科系の人間が理工系の人間を高く評価することがある。

数字が苦手だと数学ができることをものすごいことのように評価する人もいる。

そして自分のしている文科系の創造的な仕事を過小に評価している。

よく「私のしていることなんか」と自分のしていることを卑下する人に出会う

そういう人の心理として極端な例が虐待を受け入れるという心理である。

自分を蔑視すると自分のしたことを評価できない。

人は自己蔑視に陥ると自分を卑下するばかりではなく、自分の業績をも卑下してしまう。

社会不適合者の人は自分が日常的に生きている姿勢に自信がない、どこかにやましさがあるから、その自分の「したこと」にも自信がない。

なぜか自分の存在に引け目がある。

殊に新しい立場に就いたときなど「他人を欺いている不安」を味わう。

小さい頃から「お前は他人を欺いている」と教え込まれたことが気になるのである。

その不安、そしてその結果としての心理的不安定

さらにその結果としての心理的イライラ。

社会不適合者の人はそれが重なって人生は地獄になる。

自分を隠していると思うから、社会不適合者の人はより完全にしなければ偽物であることがばれるという不安がある。

人よりも完全にしようとするのは自分の偽物がばれることを恐れているからである。

だから人と同じでは気が済まない。

人に自分は実際の自分より素晴らしいと思われていると思っている。

そこで実際の自分がばれることが怖いのである。

そうなると一生懸命頑張るしかなくなる。

周囲の人が自分について持っていると思うイメージを維持しようとするのである。

頑張ってうまくいくと、さらに難しい次の仕事が来てしまう。

そこでまた頑張る。

新しい立場に就いたときなど「他人を欺いている不安」を味わう

それは社会不適合者の人がこれで遂に自分の能力のなさが表れてしまうのではないかと恐れるからである。

実際にはその人はすごい能力を発揮しているという時がある。

しかし当人は自分のすごさに気がついていない。

自分の力に気が付いていない。

自分の価値に気が付いていない。

だから自分を安売りしてしまう。

自分を安売りしながらも自分を安売りしているということに気が付いていない

社会不適合者の人は同時に他人がすごく見えてしまう。

他人は何でもないことをしているのにすごいことをしているように感じてしまう。

不安から他人に同調して、その結果自分のパーソナリティに自信が持てない。

この他人への同調は強迫的である。

同調すまいと思っても、同調しないではいられない。

これが心理的健康な人にとってはどうしても理解できないところである。

社会不適合者からの解放

まず社会不適合者から抜け出すには、自信や自己肯定感をもつことが大切である。

そのためには、無理をせず、背伸びしない等身大の自分で社会生活をおくれるようになることがキーポイントになる。

人に自分をよく見せようと頑張り過ぎて疲れ果ててしまうケースが多い。

まずその頑張り過ぎることをやめることである。

頑張り過ぎることをやめれば等身大の自分で生きられるから生きるエネルギーが湧いてくる。

頑張り過ぎる部分を無くすには、やはり人間関係の調節が大切なこととなってくる。

周りをよく見回して、その人と一緒にいると疲れてしまう人は誰か?

その人と一緒にいるとリラックスできるのは誰か?

それが見えたら、一緒にいると疲れてしまう人とは心理的距離をとり、一緒にいるとリラックスできる人となるべく多く付き合うことである。

そうすることにより、等身大としての自己肯定感が得られ、仕事とちょうど良い距離をもって生活できるようになる。

※参考文献:自分の人生を生きられないという病 加藤諦三著