対人恐怖症、社交不安障害を克服しようとしているひとは「わたしはそういう人間ではありません」と言えますか。

サルが「私は魚ではありません」といえばなにもないが、無理して、「魚にもなれます」といって川に飛び込んだら大変なことになる。

このサルはありのままの自分に価値があることに気付いていないのだ。

また白鳥とナイチンゲールの例に例えると白鳥が美しい声で鳴くことを要求された時、わたしはナイチンゲールではないので美しい声でなくことはできません。と言えば何も悩むこともない。

私もとても気に入っている言葉です。
「わたしはそういう人間ではありません」
対人恐怖症、社交不安障害を克服したい人は最初は勇気がいるかもしれませんが、減るものではないので、どんどん使ってみてください。

対人恐怖症、社交不安障害を克服するうえでとてもたいせつな言葉です。