考えすぎる性格の人が自信をもつための心理

考えすぎる性格の人が失敗しようが挫折しようがぐらつかない「自信」とは?

それにしても、人を恨んで生きることの代償はあまりにも大きい。

W・B・ウルフという人の『どうしたら幸福になれるか(下)』という本に次の例がでている。

考えすぎる性格のQさんは子どもの頃、ひどく背が低かったという。

子どもごころに、自分は他の人たちのように背が高くならないのかもしれないと思ってしまった。

考えすぎる性格の彼は劣等感をもった。

少年時代の大部分を考えすぎる性格の自分と友達の背の高さくらべで過ごした。

ある晴れた日に、一人の少年が、考えすぎる性格の彼に竹馬に乗ることを教えてくれた。

考えすぎる性格の彼はそれで自分の劣等感を補償し、事実他人を上から見下ろすこともできるようになった。

そして少年時代を過ぎても、考えすぎる性格の彼は竹馬を使うことをやめなかった。

考えすぎる性格の彼はそれほど背が低くはなくなっていたけれど、自尊心のために竹馬を使い続けた。

いつの間にか竹馬は、考えすぎる性格の彼の人生の不可欠の部分となってしまった。

竹馬は考えすぎる性格の彼の安定と優越の象徴であった。

ところが時々不便なことがあった。

竹馬に乗っていると地下鉄に乗れない。

代わりに高いお金を払ってタクシーにのらなければならない。

エレベーターにも乗れない時がある。

いくつかの大変興味のある仕事は、考えすぎる性格のQさんをしめだした。

考えすぎる性格の彼の竹馬がその仕事の邪魔になったからだ。

結婚してもいいと思う女性にも出会ったが、女性が竹馬に乗っている考えすぎる性格の彼と結婚するのは嫌だと言った。

しかし考えすぎる性格の彼は竹馬から降りれば、昔の劣等感におそわれる。

以上のような寓話がウルフの本にでていた。

考えすぎる性格の人の恨みとか甘えというのは、この竹馬のようなものであろう。

考えすぎる性格の人は恨んでいる限り、一時的ながら、自分の自尊の感情は保てる。

しかし考えすぎる性格の人はそのために、どれだけ多くのものを失わねばならないのだろうか。

考えすぎる性格の人は恨み続けることで、いつまでも自分の中に受け身の姿勢や甘えを保持し続けることになるのである。

自分のことは自分で守ろう、と本気で思った時、自信が生まれてくる。

失敗しようが挫折しようがそんなことで自信はぐらつくものではない。

そうなれば、ものごとに挑戦するようにもなるし、人と競争をするようにもなる。

考えすぎる性格の人の甘えの代償は不安と不満である。

他人に気に入られるように行動する考えすぎる性格の人は、相手が自分を守ってくれると錯覚しているところがある。

考えすぎる性格の追従者はつねに相手が自分の望むところにつれていってくれることを期待するものである。

しかし、これは大変な誤りである。

考えすぎる性格の人は他人が自分を守ってくれると思って、他人に同調しても、自分がより自信を失うだけである。

自信は、自分で自分を守ろうとする姿勢から生まれてくるものである。

考えすぎる性格の人の他人に気に入られるように行動しながら、相手が自分を守ってくれることを期待するのは、格言にある”木に縁りて魚を求む”るようなものである。

考えすぎる性格の人は魚をとりたいと思えば、川か海に行くしかない。

考えすぎる性格の人がどんなに苦労して木によじ登ってみたところで魚はいない。

自分で自分を守ろうとすることで、自信を求める者は、”水に縁りて魚を求む”る者であろう。

考えすぎる性格の人は「ウソ」と「虚勢」で人生を支えることはできない

”木に縁りて魚を求む”ということを言ったが、考えすぎる性格の人はこのようなことをやっていると、努力しながらも、いよいよ自信をなくしていくことになる。

考えすぎる性格の人は自信をもとうとすればするほど自信を失っていくということがある。

自信はある生活の結果としてでてくるのである。

考えすぎる性格の人は自信をもとうとするより、自信をもてるような生活の仕方をすることである。

考えすぎる性格の人はあまりお金もないのに、虚栄心から無理して高い服を買う。

それでいて、自信をもとうとしても無理である。

考えすぎる性格の人はそれで自信をもとうとすれば、ちょうど、あることを忘れよう忘れようとすればするほど忘れられないように、自信をもつことはできない。

考えすぎる性格の人は自信をもとうと懸命になってあがいている限り、自信は持てない。

考えすぎる性格の人はむしろ逆に、自分は自信のないままで当分生きていこうと考えることである。

つまりは、自信のない自分を受け入れるのである。

そうすれば、考えすぎる性格の人は無理して高い洋服を買おうなどとはしないだろう。

”須弥山と丈競べ”という格言がある。

須弥山とは、仏教で世界の中心にある山とされている。

その高い山と自分の背丈をくらべるということである。

自信のない考えすぎる性格の人が虚勢を張って、自信のある人と張り合っているのは、須弥山と丈競べをするようなものである。

そもそも自信のある人は、他人と張り合わない。

ところが考えすぎる性格の人は自信がないと、すぐに他人と自分を比較し張り合う。

ある自信喪失している考えすぎる性格の人は「皆を見ていると、自信のないまねやっているよ」と言った。

この考えすぎる性格の人は嘘と虚勢だけで生きているような人である。

考えすぎる性格の彼がしきりに「他の奴らは自信のないまねばかりして」と言うのは、自分は自信があるのだ、という確証を得たいのである。

考えすぎる性格の人は自分の行動と他人の行動とをくらべながら、何とかして、自分は自信があるという証拠を見つけようとしている。

考えすぎる性格の人はそこで他人の行動の中に、何らかの自信喪失の様子を見ようとする。

そして、考えすぎる性格の人はほら見ろ、オレのほうが自信がある、と思おうとする。

考えすぎる性格の彼は自信喪失の自分を受け入れず、ひたすら、そうでないと確信しようとして闘っている。

考えすぎる性格の人は現実の自分とちがった自分を自分に信じ込ませようとしても、いよいよ不快感はつのるばかりである。

考えすぎる性格の人はちょうど不快感から逃れて、くつろごう、くつろごうと懸命に努力しても、いよいよ緊張して不快感が増すばかりになるのと同じである。

「皆を見ていると、自信のないまねやっているよ」などとむきになって言わずに、考えすぎる性格の人は自分は自信がないのだと、現実の自分と正面からむきあうことである。

考えすぎる性格の人は現実の自分を受け入れさえすれば、ではどうしたらよいのか、ということがわかってくる。

考えすぎる性格の人は必死にもがくだけでは、「自信」は生まれてこない

現実の自分から逃げずに直面することができれば、今までの生活をどう変えればよいのかわかってくる。

考えすぎる性格の人は今まで自分を実際以上に見せようとして、他人にむかってウソをついていたが、これからは事実をしゃべろう、というような勇気もまたでてくる。

考えすぎる性格の人は現実の自分を受け入れない限り、生活を変える勇気は湧いてこない。

考えすぎる性格の人は事実を受け入れることによって、勇気が湧いてくる。

よく、自分には何々をする勇気がない、ということを言う人がいる。

その考えすぎる性格の人は自分に関する事実を受け入れることを拒否しているのである。

だから考えすぎる性格の人は勇気が湧いてこないのである。

考えすぎる性格の人は自分に関する事実を受け入れた時、今までの生活の空しさを感じる。

その時、考えすぎる性格の人は他人にむかって虚像としての自分を認めさせようと努力し、たとえ認めさせても、それは自分の自信にむすびついていないのだということがわかる。

それは自分に関する事実を受け入れた時、不快な精神的緊張から解放されるからである。

私たちは、ありのままの自分を他人に受け入れてもらって自信がつくのである。

考えすぎる性格の人は他人からどんなに高く評価してもらっても、それが自分についての事実でない限り、自信がつくものではない。

考えすぎる性格の人は中には自分は自信がないが、かといって「皆を見ていると、自信のないまねやっているよ」などとものすごい口は一回もきいたことがないと言う人もいるかもしれない。

考えすぎる性格の人は自分は周囲の人が自信ありげに動いているように見えて仕方がないと、逆のことを言う人もいるかもしれない。

しかし考えすぎる性格の人はこの二つは同じようなものなのである。

「皆を見ていると、自信のないまねやっているよ」と言う考えすぎる性格の人も、心の底では他人が自信ありげに見えてうらやましいのである。

考えすぎる性格の人はただ勝ち気だから、どうしてもそれを認められないのである。

考えすぎる性格の人は皆が自信ありげでうらやましいと認めながらも、自分に自信が湧いてこないというのは、自己憐憫をしているからである。

自己憐憫というのは、歪んだ自尊心と同じなのである。

一方は自尊心、他方は自己憐憫、いずれも正面から自分とむきあっていない。

当然のことながら、自己憐憫からは自信は生まれない。

考えすぎる性格の人は自分を憐れんで悲劇の主人公にしてしまっては、いつまでたっても自信は得られない。

考えすぎる性格の人の自信というのは、自分の外面的な何かが変わってでてくるものではない。

考えすぎる性格の人の自信は、外面的にはまったく同じであっても、自分の生活態度や生活への考え方が変わってでてくるものである。

自分がA企業からB企業に転職したから自信がついたとか、自信を失ったとかいうものではない。

給料が二倍になったから自信が二倍になるというものではない。

考えすぎる性格の人は給料は同じであっても、お金に対する自分の内からの考え方が変わることで自信がつくのである。

考えすぎる性格の人は同額のお金を、他人に見せるために使おうとするか、自分が生活を楽しむために使おうとするかによって自信が得られたり、なくなったりするのである。

考えすぎる性格の人はお金にむかう自分の態度や考え方によって自信は生まれたり、なくなったりする。

考えすぎる性格の人は自分が同じ企業にいても、上役にありのままの自分の姿を見てもらおうとするか、

考えすぎる性格の人は実際以上に見てもらおうとするかによって自信は生まれてもくるし、今まで同様自信の欠如に苦しみもする。

考えすぎる性格の人は自分の現実を回避しようとするか、真正面から受け入れるか、ということで自信は左右される。

考えすぎる性格の人は就職先が変わることが自信の増減に影響するのではなく、就職についての自分の側の考え方と態度が変わることによって自然と自信がついてくるのである。

したがって、考えすぎる性格の人は「皆を見ていると、自信のないまねやっているよ」などとむきになってみたからといって、自信がつくわけではない。

何が自分にふさわしいかは難しいだろうが、結局は考えすぎる性格の人の自分にふさわしい生活をすることが自信につながるのである。

考えすぎる性格の人はもう”自分以外の人間”を演じるのはやめよう

考えすぎる性格の人は自分自身であろうとすればいいのである。

”猿の水練、魚の木登り”という格言がある。

猿は木登りがうまいし、また木に登るようにできている。

魚は水の中でおよいでいればいいのである。

しかし時に考えすぎる性格の人は、これと逆のことをやろうとする。

自分に肯定感が持てない考えすぎる性格の人は、猿が泳ぐ練習をしている、魚が木に登ろうとしているようなまねをしているのである。

猿は木に登ればよく、魚は水の中でおよげばよいのである。

考えすぎる性格の人が自分自身であろうとすればいいということは、本来の自分の姿を偽って生活していて、「オレはオレだ」と居なおることではない。

考えすぎる性格の人は猿が泳いで、これでいいということではない。

考えすぎる性格の人は「オレはオレだ」ということは、自分の劣等感をねじ伏せるための言葉ではない。

考えすぎる性格の人は自分自身であろうとすればいい、と自分に絶望した人間が主張しても意味はない。

考えすぎる性格の人は自分に希望をもっている人間が主張してはじめて意味を持つ。

考えすぎる性格の人は自分の父親が政治家であるのに反発して、学者になって、「オレはオレだ」などと言っても無意味である。

考えすぎる性格の人は父親が政治家だろうが、商売人であろうが、芸能人であろうが、そんなこととは関係なく、自分は何にむいているか、と自分の人生をえらぶ時、自分が自分自身になろうとしている、ということである。

自信のない考えすぎる性格の人は、自分自身であることを拒否しつづけてきた人である。

考えすぎる性格の人は他人と自分にむかって、自分以外の人間を演じ続けてきた人は自信を持てない。

考えすぎる性格の人は自分とは異質な人間を演じつつ、自信をもとうと努力することは、何度も言うように、くつろごう、くつろごうと奮闘努力しているようなものである。

なぜ、考えすぎる性格の人は自分以外の人間を自分が演じ続けてきたか?

それは恐怖心と自分への無価値感であろう。

考えすぎる性格の人は本当の自分には価値がない、そしてその価値のない自分では周囲の人間に叱られる、それが恐かったのではないか。

考えすぎる性格の人は本当は自分は父親の手伝いをして草取りなどしたくはなかった。

しかし、すすんで草取りを手伝う子どもでないと、考えすぎる性格の人の父親はものすごい渋い顔をした。

考えすぎる性格の人はそのしかめっ面が恐くて、過剰適応してよい子を演じつづけた。

考えすぎる性格の人はそのような日常の積み重ねとして、自信を失ったのではないか。

考えすぎる性格の人はただの一度として、実際の自分であることを自分にも他人にも示さなかったのであるから。

あるいは逆に、考えすぎる性格の人の親は自分のすることを先回りして、みんなやってくれてしまった。

考えすぎる性格の人は自分は自分のやることをとおして自分自身になっていく機会を奪われていた。

考えすぎる性格の人はいずれにしろ、本当の自分を抑圧し、自分以外の人間を自分と他人にむかって演じ続けてきたのである。

これで自信がもてるはずがない。

考えすぎる性格の人にとって大切なのは、実際の自分の価値を信じることである。

心理学で”転移”という概念がある。

考えすぎる性格の人が自信をもつためには、この概念を理解する必要がある。

親は、子どもが勉強できないと、その子をだめな人間扱いした。

だが、よい大学に合格すると立派だと言った。

そんな親に育てられて大人になったとする。

そして、考えすぎる性格の人はいろいろな人と接するようになる。

すると、考えすぎる性格の人は自分のこれから接する人も、親と同じように自分を扱うと期待する。

考えすぎる性格の人は自分の成績がわるければ人々に尊敬してもらえない、自分が会社で順調でなければ女性は恋してくれない、などなど。

考えすぎる性格の人は自分の親と、自分が世の中にでて接する人はちがう。

考えすぎる性格の人は自分の親は、自分が親にとって何かの役に立たなければにこやかに受け入れてくれなかったとしても、新しく接した人は、自分が相手に役立たなくても、自分を受け入れてくれるかもしれない。

ところが、どうしても、考えすぎる性格の人は親が自分を扱ったようにその人も自分を扱うと思ってしまう。

考えすぎる性格の人は親が自分に期待したことと同じことを、その人も自分に期待すると錯覚してしまう。

母親は、セックスの話をすると激しく自分を拒絶した。

すると女性に好かれるためには、一切そのようなことに関心がないように振舞う。

実際の自分の価値を信じられない考えすぎる性格の人は、この転移のためである。

考えすぎる性格の人は親が実際の自分を受け入れてくれなかったから、他人もまた実際の自分を受け入れてくれないと錯覚してしまったのだ。

自信のない考えすぎる性格の人は、実際の自分を受け入れてくれるような人のところに行けばよいのである。

考えすぎる性格の人は実際の自分を否定するような人の間にばかり身を置いているから、自分の無価値感に悩むのである。

考えすぎる性格の人はそのような人の中で自分の肯定感を求めるのは、まさに”木に縁りて魚を求む”という感じである。

やたら悩む考えすぎる性格の人の根本的なまちがい

自分が自分を最もよく知ること、自分についての事実を知ることで、私たちは自信をもてるのである。

そのためには、さまざまなことに挑戦し、さまざまな行動をし、失敗し、成功しなければならないだろう。

いろいろな行動をしていれば、挫折もある。

しかし、挫折して自信をなくすということはけっしてない。

挫折して、その挫折を自分が受け入れない時に自信を喪失するのである。

私たちは失敗することで自分についての事実を知ることになるのだから、より自信をもっていいのである。

考えすぎる性格の人の考え方の根本的まちがいは何か。

考えすぎる性格の人は失敗することが自分の劣等感を深化させると考えていることである。

逆に言えば、考えすぎる性格の人は成功は自分に自信をもたらすと錯覚していることである。

ではどのような挫折を考えすぎる性格の人は受け入れられないのであろうか。

考えすぎる性格の人は一口で言えば、受け身ではじめたことで挫折した時である。

同じようなことであるが、考えすぎる性格の人は甘えた気持ちで事をはじめた時である。

考えすぎる性格の人は自分で自分を守ろうという基本姿勢も、戦う姿勢もないまま、他人の力を頼りに何かをはじめた時には、挫折して傷つき、その挫折を受け入れることができない。

株が暴落すると、主婦の自殺の記事がよく新聞にでる。

あるいは自分に株を売った証券会社の家の人に一年も二年もいやがらせの電話をかけて、つかまったりする記事がでる。

なぜ、こうなるのであろうか。

もちろん、適当なことを言って株を売りつける証券会社に問題がないなどというのではない。

証券会社に入社した者はずいぶん辞めていく。

理由は、損するとわかっている株を「もうかります」と嘘をついて売らなければならないからだという。

だまして損をさせて心が痛むようであったら、どうしても証券会社はつとまらないと辞めた人からよく聞く。

しかし、ここではあえて証券会社のほうではなく、いやがらせの電話をする主婦に焦点をあてたい。

たしかに、証券会社に損をするとわかっている株を、その主婦は「儲かります」と言われて売りつけられた。

しかし、その主婦は、それがはたして本当であるかどうか、自分で調べようとしたであろうか。

十円安いものを買うために遠い店に行った時間のことを考えると、この主婦の行動には甘えがあるとしか思えない。

株を買えるだけのお金をためるのに、その主婦が使った時間はいったいどのくらいであろうか。

その百分の一の時間でもいいから、その調査に使っていたら、そんな損はしなかったはずである。

ちょっと調べれば、証券会社の人の言う通りに株を売買してもうけた人の例などほとんどないことぐらいは、わかるであろう。

それは証券会社とお客さんとの戦いなのである。

言ってみれば、その主婦は戦いに負けたのである。

その主婦は自分の判断で買ったのではない。

考えすぎる性格の人は証券会社の人のすすめで買ったのである。

考えすぎる性格の人はだからこそ、損をした時、あきらめきれず、その証券会社の人を恨み、夜中にいやがらせの電話をするのであろう。

自分が調べ、自分が判断して買ったもので損をしても、その人は他人を恨んだりすることはない。

その人は困るかもしれないが、あきらめきれないということもない。

大学の入学試験で不合格になって自殺する例も同じである。

その人がその人の判断にもとづいて、ある大学を受験し、そして不合格になったとしても、自殺はしないのではなかろうか。

自殺した人は、親からすすめられて、周囲の眼に動かされて、その大学を受けたから不合格になって自殺したのであろう。

自分を知ろう、よりよく自分の事実をつかもうとして大学を受けたとすれば、不合格になっても、合格になっても、自信はついているはずなのである。

社会人になってからの失敗による自殺、ノイローゼなども同じである。

その考えすぎる性格の人が野望に燃えて、ある事業に自分の判断でとりくみはじめたとしよう。

そしてもし失敗しても、その考えすぎる性格の人は、自信喪失することはないにちがいない。

ところが考えすぎる性格の人は他人にすすめられて、受け身の姿勢で、ある事業をはじめて失敗すれば、人を恨み、自信喪失するのである。

その考えすぎる性格の人は失敗しながらも、その失敗をいつまでも受け入れられないのである。

だからこそ、考えすぎる性格の人は自分は失敗させられたと解釈し、人を恨む。

人を恨む考えすぎる性格の人は、いつまでも恨んでいる。

考えすぎる性格の人が人を恨むのは失敗についての一時的な言い訳であり、甘えの期待が裏切られたからである。

考えすぎる性格の人は言い訳は一時的な効果しかもたないので、いつも恨んでいないと自分の自我の価値を維持できないのである。

失敗を受け入れるということは根本的な解決であるが、考えすぎる性格の人が恨んでいるのは試練を延期しているのである。

だから、考えすぎる性格の人はいつまでたっても恨んでいなければならない。

考えすぎる性格の人は自分が何もしないで何かを得ようとしたのだという甘えの反省がない限り、恨みは続く。

戦う姿勢のある人は、人を恨んだりはしない。

受け身で甘えている考えすぎる性格の人が、その甘えの期待を裏切られて恨むのである。

戦う姿勢と甘えとは両立しないから、戦う姿勢には恨む基盤がないのである。

※参考文献:『自信』加藤諦三著

 

  ★対人恐怖症・社交不安障害の克服メルマガ★(無料)

対人恐怖症・社交不安障害、あがり症の克服方法や考え方を定期的にメールで配信します。

対人恐怖症・社交不安障害、あがり症でお困りの方にはきっと役立つと思いますので、これを読んで克服していきましょう。

ただ今、医師が「ああ、もう克服しかけてるな」と安心する時、対人恐怖症・社交不安障害の人が発する言葉を登録時に配信中です。

*メールアドレス
*お名前(ニックネーム)



※登録後の返信メールが届かない場合は、一度迷惑メールフォルダをご確認のうえ、迷惑メール解除をお願いします。
サブコンテンツ

このページの先頭へ