回避型愛着スタイルの人の行動における特徴の一つに、無気力・無関心・投げやりさがある。

自分のことなのに、どこか他人事のように、空々しい態度をとったり、どうでもいいという投げやりな姿勢をみせる。

生きようとする根本的な意欲をもてないので、目先の快不快や興味に、その場しのぎの救いを求めようとする。

そうした特徴は、回避型愛着スタイルの権化とも言えるエリック・ホッファーの前半生にも色濃くにじんでいる。

父親が亡くなったとき、エリック・ホッファーは18歳だったが、長く失明状態にあったため、学校での教育をまったく受けていなかった。

父親の葬儀が終わり、エリックの手元には、家具職人の組合が渡してくれた三百ドルだけが残った。

彼はそれをもって、生まれ育ったニューヨークのブロンクスから、暖かいカリフォルニアへ向かったのだ。

三百ドルを使い果たすまでに彼がしたことは、部屋を借りて、毎日好きな本を読んで暮らすことだった。

ついに有り金が尽き、売るものもなくなると飢えが襲ってきた。

そうなっても、彼には仕事を探すという考えが浮かばなかった。

ある晩、とうとう空腹に耐えかねて、レストランに入り、皿洗いを申し出た。

代わりに食事をさせてもらうのである。

それが、エリックが対価を得て働いた最初だった。

いよいよ切羽つまるまで、自分の腹を満たすことにさえ無頓着というのは、回避型愛着スタイルの人に、ときどきみられる傾向である。

感じないでいることで、自分を守ってきたのである。

「仕事を探すには、職業紹介所に行けばいい」とエリックに教えてくれたのは、そのレストランの男だった。

エリックはその言葉に従い、貧民街にある無料職業紹介所で、芝刈りなど日雇いの仕事を紹介してもらうようになる。

エリックは、再び好きな読書や勉強をして、日々を過ごすようになる。

彼には自分の将来に対して、何の計画も目的もなかった。

ただ、その日を安楽に過ごせればよかったのである。

だが、時代の波は、そんなエリックのささやかな幸せさえも脅かす。

大恐慌が起き、急に仕事がなくなったのである。

追いつめられたエリックは、それまで気が進まなかったオレンジ売りの仕事を始めた。

客にお世辞を並べ、作り話をして、オレンジを売りさばいたのである。

ところが、潔癖な性格が、そこで邪魔をする。

「遅い昼食をとろうと腰をかけ、稼いだ金を数えているうちに、しだいに深い疑念に囚われ始めた。

それは今まで感じたことのなかったもの―恥辱だった。

平気で嘘をつき、お世辞を言い、たぶん何でもしたにちがいない自分に愕然とした。」(『エリック・ホッファー自伝』)

結局エリックは、オレンジ売りの仕事を辞めてしまう。

だが、妥協しなかったことが、彼に新たな出会いをもたらす。

あるとき、シャンピーロというユダヤ人の倉庫業者と知り合い、エリックはそこで働くことになった。

初めて定職に就くことができたのだ。

教養ある読書家でもあったシャンピーロは、エリックとの会話から知的刺激を受けるのを喜び、エリックの方もまたユダヤ人に対する関心をふくらませていった。

だが、安定した二年間は、突然幕を閉じる。

シャンピーロが肺炎でなくなったのだ。

この事実は幸福になりかけると、それが奪われるという運命を、改めてエリックに思い知らせるかのようだった。

二年間定職に就いたおかげで、エリックには、少しばかり貯えができていた。

彼は、再び職を求めることはせず、貯えが尽きるまでの間、好きな本を読んで暮らすことを選ぶ。

だが、金はしだいに減っていく。

そのときエリックをとらえた感情は、無意味さと徒労感だった。

「歩き、食べ、読み、勉強し、ノートをとるという毎日が、何週間も続いた。

残りの人生をずっとこうして過ごすこともできただろう。

しかし、金が尽きたらまた仕事に戻らなければならないし、それが死ぬまで毎日続くかと思うと、私を幻滅させた。

今年の終わりに死のうが、十年後に死のうが、いったい何が違うというのか」(同前)

そんな彼を、しだいにとらえたのは、自殺という考えだった。

この日に死のうと決めた当日、エリックは、誰にも見つからない町はずれまで歩いた。

不思議と、心は穏やかだった。

エリックは、青い海まで続く道を思い浮かべた。

そして、「この通りに終わりがなければ・・・疲れもせず、悩みも不満もなく、このままずっと歩いていければいいのに」という気持ちを覚えた。

それは、エリックの中にあった、生きたいという気持ちの兆しでもあった。

だが、エリックは予定通り、あらかじめ手に入れてあったシュウ酸を飲む。

しかし、口中に百万本の針が刺さってくるような痛みを感じ、思わず吐き出してしまった。

自殺は失敗に終わったのである。

それから、必死に町まで戻ると、空腹を感じたエリックは、食事をした。

彼は、生きることを選んだのだ。

※参考文献:回避性愛着障害 絆が稀薄な人たち 岡田尊司著