“今の障害は通らなければならない道”

今の障害は、あなたが幸せになるためには通らなければならない道なのである。
今、生きることに疲れて、何もする気にならなくなっていることも、最後に幸せになるには、あなたが通らなければならない道なのである。

自分の人生に障害を望む人はいない。
それは戦争を望む人がいないのと同じである。

しかし、奴隷は南北戦争で解放された。
今、アメリカで最も尊敬されている人はリンカーンだという。
リンカーンは奴隷を解放したことで尊敬されている。
しかし、それは南北戦争という戦争によってである。

人類最大の犯罪はナチスだという。
しかし、ナチスを倒したのは第二次世界大戦である。

チャーチルやルーズベルトが立ち上がってナチスと戦わなければ、世界はヒトラーが支配していたであろう。
ナチスから人々を解放したのは、第二次世界大戦という大戦争である。

誰でも自分の人生は穏やかであってほしいと思う。
自分の人生に苦しみを望む人はいない。

しかし、ベートーベンが言うように、「苦悩を通して歓喜に至れ」なのである。

人類が戦争を恐れたら、あなたは奴隷になるしかなかった。
あなたが苦悩を避ければ、あなたの人生は無意味になるしかない。

生きることに疲れたあなたは、人生とはそういうものだと覚悟をするときに来ているのである。

人間に生まれた以上、人間とはそういうものだと覚悟を決める。

そこから人生は拓ける。

アメリカの心理学者シーベリーが、「不幸を受け容れようとする気になると、何をしたら一番いいかが突然見えてくる」と言っている。
その通りである。

だから、生きることに疲れたあなたは、「私の人生は辛い」と認めることである。

これができれば先は明るい。

「何で私だけが辛いのだ」と不満になれば、より辛い人生になる。

対人恐怖症、社交不安障害を克服するには、「私の人生は辛い」と認めることである。

※参考文献:自分の受け入れ方 加藤諦三著