回避型愛着スタイルの行動における特性のもう一つは、「面倒くさがり」だということだ。

興味あること以外に時間やエネルギーを使うのを極力避けるのである。

それは、多少時間やエネルギーの無駄でも、人との交流や経験を増やすという”投資”を行ない、そこから情報や支えといった”利益”を得る「拡大再生産的な経済学」ではなく、「投資」を避け、「利益」も得られないが、同時にリスクもない「回避型の経済学」とでも言うべきものである。

そこには、「現状維持が一番安全」というリスク回避の思想がある。

また回避型愛着スタイルの無気力な傾向も、面倒を避けるという傾向に拍車をかけている。

無気力とは、言い換えれば、エネルギーが乏しいということである。

無駄なエネルギーを使えば、乏しいエネルギーがさらに減ってしまうことになる。

現状を変化させるには、大きなエネルギーが必要である。

しかし回避型の人は、エネルギーが乏しいので、現状に少々問題があっても、自分が心から望んだ状況でなくとも、それを変えようとはしない。

現状に耐えた方がましだと思うのである。

だが、心のエネルギーは、物理的なエネルギーと違って、使えば減るというものではない。

ほどよく使うことによって、さらに生み出されるものである。

回避型愛着スタイルの人の場合、外からの刺激が不足していることが、エネルギーの枯渇を招いている面もある。

心のエネルギーとは、心の外と内との交互作用によって生み出されるものだからである。

回避型の人に心のエネルギーが乏しいのは、幼いころから安全基地をもたず、安心して探索行動をとることができなかったためである。

大人になってもなお探索行動を避け、外界からの刺激を減らし続けたのでは、過去の轍を踏むばかりで、心のエネルギーを増すことには、まったくつながらない。

リスクを避け、現状維持をよしとするだけでは、心のエネルギーは、ますます弱々しいものになってしまうのである。

※参考文献:回避性愛着障害 絆が稀薄な人たち 岡田尊司著