現在の自分を肯定的に受け入れたとしても、生きている限り、人とぶつかり、時に傷つくことを避けることはできません。 […]