私は20代も半ばになり会社で事務職の職に就き、人間関係でうまくいかない時期をきっかけに会社の朝礼当番が恐怖になりました。

その会社の朝礼当番とは、10~15人ほどが円陣になって集合しその中で当番が5分から10分くらいの間で、会社の経営計画書を朗読し、本日の予定と各部署の目標を司会していくというもので、2週間に1回程度の間隔で当番が回ってくるものでした。

最初の2,3年は多少緊張する程度でほとんど支障なくできていたのですが、突如それは起こりだしました。

朝礼当番が回ってくる1週間くらい前から予期不安が始まり、あぁ、あと一週間で本番かと、緊張が強くなっていきました。

前日は、夜から緊張が始まり眠りも浅く、当日は恐怖でいっぱいでした。

実際、朝礼が始まり話し始めると、話すことはかろうじてできるものの呼吸がかなり苦しくなりました。

それで、朝礼が終わっても、また次があるのかと緊張は全て消えませんでした。

次の朝礼当番まではさらに恐怖が強くなるといった繰り返しでした。

そこで、私は意を決して心療内科を受診しました。

医師の心理療法を受けると同時に処方された薬はワイパックスという前にも飲んだことがある抗不安薬でした。

ワイパックスの服用は最初、寝る前に0.5mgを1錠、直前に0.5mgを1錠という処方でした。

そして、次の朝礼当番の前日、ワイパックス0.5mgを1錠服用しました。

するとすっと緊張が消えて眠くなってきて、眠りにつきました。

翌朝は、まだ睡眠前にのんだワイパックスが効いているのかほとんど緊張がありませんでした。

そして、朝礼当番が始まる直前にまた、ワイパックス1錠を服用しほとんど緊張せず本番に臨みました。

朝礼当番中、緊張はさほど無かったのですが、呼吸が苦しいのが少し残ったような感覚はありました。

また、本番が終わった後も少しの緊張が残っていました。

次の当番も緊張具合は似たようなものだったのですが、回数を重ねるごとにワイパックスを服用していても、恐怖は少しずつ強くなっていきました。

そして、ある当番の本番中に今までにない位呼吸が苦しくなり、その回はなんとか終えることができたのですが、終わった後、次の朝礼当番がとても恐いという感じがありました。

次の朝礼当番になり、当日になると前の呼吸苦が頭からはなれずにかなり強い恐怖になっていました。

今回は当番をパスしようかとも考えました。

でも、きっとここでパスしたら次回はもっと辛くなると思い、ワイパックス0.5mgを一度に3錠服用し朝礼当番に望みました。

それでも恐怖は残りました。

そしてそのまま、本番に臨みました。

本番は無事終えましたが、本番中も終わった後も頭がぼーっとしていたことを覚えています。

でも恐怖は残り続けました。

ある当番の時、医師のアドバイスで呼吸が苦しい症状を全面に出してみることにしました。

その時のことははっきりと覚えています。

経営計画書を朗読中、呼吸を整えるためおもいきって長い間を空けてみました。

すると、何人かがちらっとこちらを見たのを覚えています。

しかし、その瞬間から心が楽になって、終わった後も恐怖が減って楽になったのを感じました。

次の当番の時は緊張感が減っていました。

当番の最中、また呼吸を整えるため、間を空けながらを繰り返して本番を終えました。

するとまた楽になりました。

次は大分、緊張感も無くなって楽になってきたので直前のワイパックスを1錠減らしてみることにしました。

少し、緊張は増しましたが、また間を空けながらマイペースで本番を終えると、

また、気分が楽になったのを感じました。

その頃には朝礼スピーチ中に長い間を空けてしまうことは恥ずかしいという感覚はほとんど消えており、ためらうことなくできるようになっていました。

次は、またワイパックスを1錠減らして、次はさらに1錠減らしていきました。

そして、ワイパックスなしで朝礼当番に臨んだ時にはほとんど緊張は消えていました。

こうして、抗不安薬無しで、緊張せず朝礼当番ができるようになりました。