あがり症、対人恐怖症・社会不安障害などにみられる、自分や他人の言動に敏感に反応して気分が左右される人はそうでない人より栄養学的にある成分が不足していることがわかっています。

その成分は

●ビタミンB6

●亜鉛

●ナイアシン

が主です。

3つの栄養素共、通常の人と比べるとかなり大きい差があり、
ビタミンB6なんかは通常の人の平均的な成分量が100mgあるのに対して、自他の言動に敏感な人は25mg程度しかなく、通常の人と同じ栄養分まで補うとしたら、一番多く含まれている食材のマグロでも1日1kg摂取しないと追いつかない量です。

なので、それらの成分をうまく補うとしたらサプリメントなどが有効的でしょう。

また、心のリラックスを促す脳内物質のセロトニンを生成する元となるトリプトファンの成分、魚、大豆、肉類などの食事を意識して摂取することも効果的です。

セロトニン神経強化法について詳しくはこちらから