あがり症、対人恐怖症・社交不安障害を克服したい人の弱点は実は愛されるんです。

その独特の語り口調の愛嬌で人気を誇る落語家、大御所の柳家小三治は昔、若い頃、自身の吃音に大分悩まされたようです。

それがきっかけで落語をやめてしまおうとも思われた程だそうです。

しかし、吃音を治そうとすればするほど治らなくて、どうしようもない時に自身の吃音が奏でるその独特の語り口調が人気の元であることに気づいたのです。

そして、それからは吃音が作り出す独特の口調を本人自身で受け入れていったそうです。

そして今では、その独特の語り口調を目当てに人が集まってきます。

その吃音が人に愛されたのです

男は体がマッチョでいつも堂々として何事も動じない人が女に惚れられると思っている人も多いと思います。

しかし、男もふ抜けになっていい。

そんな男に魅力を感じる女性もたくさんいます。

あなたが弱点だと思っていることは実は人から愛されるのです。