社交不安障害・対人恐怖症の人が救われる行為

社交不安障害、対人恐怖症を克服したい人が救われることとは、相手がただそばにいてくれることである。

話しかけるでもない、何か行動することもない。

ただ、じっとそばにいてあげることです。

これだけで、社交不安障害、対人恐怖症を克服したい人は救われることになります。

社交不安障害、対人恐怖症を克服したい人は今まで他人にあまりにも期待されてきたので、何も話すことを期待されず、行動を期待されず、ただそこにいるだけでいいということはどれだけ救われることでしょうか。

ただ黙って何時間もそばに座っててくれるということは受容されるということである。

気の利く話をしなければならない、なにか気のきく行動をしなければならないと、
社交不安障害や対人恐怖症の人は小さい頃から強い期待を強いられてきたのである。

それで疲れきってしまった人もいる。

社交不安障害や対人恐怖症の人は今まで受容されず育ってきた人ではなかろうか。

何も話さなくても行動しなくてもいい、ただそばにいるだけ。

受容されるとそこに安らぎが訪れる。

 

  ★対人恐怖症・社交不安障害の克服メルマガ★(無料)

対人恐怖症・社交不安障害、あがり症の克服方法や考え方を定期的にメールで配信します。

対人恐怖症・社交不安障害、あがり症でお困りの方にはきっと役立つと思いますので、これを読んで克服していきましょう。

ただ今、医師が「ああ、もう克服しかけてるな」と安心する時、対人恐怖症・社交不安障害の人が発する言葉を登録時に配信中です。

*メールアドレス
*名前(ニックネーム)


※登録後の返信メールが届かない場合は、一度迷惑メールフォルダをご確認のうえ、迷惑メール解除をお願いします。

このページの先頭へ