人間関係の疲れを軽減する三つのポイント

人間関係の疲れを軽減するために取り組めることは三つある。

一番大事なのは、「疲労のケア」。

本人が考えている原因とは関係ないかもしれないが、結果的、かつ総合的に、現代人の感情を穏やかにする近道。

二つ目は、「感情のケア」。

感情の仕組みに応じて上手にケアすることにより、過剰な反応を抑え、防衛(恨み)記憶の発生を予防することができる。

現実的にトラブルを感じる人間関係そのものより、まずは自分の感情をケアするほうが、主体的だし効率的なのだ。

感情を穏やかにしさえすれば、あとは、必要に応じて巷にあふれる「人間関係改善のヒント」を実行すればいい。

人間関係の疲れを軽減するための三つ目のポイントは、「人について知ること」である。

人間の本質について知ることが、どうして人間関係トラブルに効果があるのだろう。

人は、無意識のうちに、自分自身や他人に、「人とはこうあるべき」という「期待」を持ち、それと現実とを「比較」しながら、生活している。

こうあるべきという概念のほとんどは、「子どもの心」として、私たちの心と体に染み付いたもの。

その縛りが強いほど、「子どもの心が強い」と表現している。

子どもの心は、より良い社会を作り、より良い人間関係を続けるためになくてはならない基準であり、その価値観で、人は自分を律し、他人や社会を評価する。

ところが、多くの人はあまり意識していないかもしれないが、価値観には、「方向性」と「程度」という二つの要素がある。

「方向性」は、これまでの文明の発達過程で、文化や時代の差こそあれ、大体の合意はできている。

例えば、人を殺してはいけない、盗んではいけない、だましてはいけない、言動には責任を持たなければならない、人を助けなければならない・・・など。

多くの人は、自分が持っている価値観の方向性を疑わない。

そして、それに反する行為や行動を見た時に、さまざまな感情が刺激される。

ただ、この方向性に関しても、よくよく考えるとかなりあいまいなものなのだが・・・。

一方、「程度」については、個人差が大きい。

というのも、程度は、さまざまな価値観のバランスの中で、状況によって変えていかなければならないものだからだ。

例えば、嘘をついてはいけないという方向性に多くの人は同意する。

しかし、離婚話が進んでいる時、どこか不安げな子どもに、「心配しないで」というのはいけないのか。

不治の病と診断された時、それを本人に隠しているのは、裏切りなのか・・・。

もっと気楽な例では、サプライズパーティーで、主賓を驚かすのは嘘つきなのか。

「人を傷つけてはいけない(あるいは、楽しませるべき)」と「嘘をついてはいけない」という、相反する価値観の中で人は、右往左往しながら必死で考え、それぞれの価値観をどれほど主張し、どれほど譲歩するかの「程度」を、自分なりに模索していくものだ。

これが大人の心を身につける過程だ。

例えば、「一人前の社会人は体調管理をしっかりしなければならない。

風邪などをひくべきでない。

体調を崩すのは、社会人としての責任感がないから」とは、よく言われることだ。

これは「方向性」。

けれども、人間だから、当然風邪くらいはひくこともある。

職場のメンバーが風邪をひいてイベントの当日、急に休んだとしよう。

そんな時にあなたの価値観の「程度」が問題になる。

その人が担当者ならどうか。

その人が後輩だったらどうか。

自分が休んだ時にひどく非難した相手ならどうか。

世話になった人、ひそかに恋心を抱いている異性ならどうか。

繁忙期、あるいは余裕のある時期だったらどうか。

その人に対する「期待」、仕事量、給料などの「比較」で悩みながら、その状況に一番ふさわしい「急に休むべきでない」の「程度」を模索する。

価値観の「程度」が、自分も苦しめる

「程度」の感覚は、このような過程で現実的なものとして磨かれていく。

しかし、程度を洗練していく過程が不十分だと、「こうあるべき」という方向性を突き詰めた姿、つまり理想形を「程度」の基準としたままで、大人になってしまう。

多くの場合、それは「正しいこと」なので、自分が誤っているとは気が付かないが、程度としてみると、極端になりすぎていることがある。

そしてそれによって、他人にも社会にも厳しい評価をしてしまい、人間関係に疲れてしまう。

それだけではない。

その粗削りな「程度」を、自分にも当てはめてしまう。

例えば、先の例。

彼女に対しては甘いのに、嫌いな人には厳しい自分がいたとしよう。

そのことを、「一貫していない、理性的でない」として、自分に腹が立ち、そんな自分を周囲が知ったらと不安になり、自信を失う。

ここでもまた、対人関係で疲れやすくなってしまう。

人間関係についての価値観というと、他者に対する価値観のことをイメージする人が多いと思うが、多くの人の場合、同じ価値観を相手にも自分にも当てはめている。

だから、自分に厳しい人は、他者にも厳しい。

まれに、自分に甘くて、相手には極端に厳しいという人も存在する。

いわゆる「サイコパス」の類だが、そういう人に対しては、自分の心の持ちようというレベルを超えた、現実的な対応が必要になる。

ただ、自分が弱って感受性が鋭敏になりすぎているせいで、他人の行為が実際よりも極端に見えて、サイコパスだと思い込んでしまうようなケースもある。

そこで、相手をサイコパスと決め付ける前に、いったんはここでのアドバイスを試してみてほしい。

同じ価値観で自分と他者に接する、いわゆる一般的な人を対象とし、「人」についての価値観を再考していただきたい。

本来は、生活しながらそれぞれの「程度」を確立していくのが一番です。