難しいケースほど、心理療法や認知行動療法が効かない理由

多くの精神科の治療家や心理療法家が、痛いほど経験してきたことであるが、難しいケースほど、カウンセリングや通常の認知行動療法では、なかなか効果が得られにくい。

得られにくいどころか、逆に悪化したり、治療者と患者の関係がこじれたり、決裂してしまうということも珍しくない。

しかし、そこに愛着という観点を導入すれば状況はもう少しみえやすくなる。

安定型の愛着スタイルなら、通常の精神療法が効果を発揮するが、愛着の障害が深刻であるほど、カウンセリングや通常の認知行動療法が機能しないということである。

パーソナリティ障害や、状態が複雑化した発達障害の治療が難しいのは、これらの患者が、愛着障害を抱えているからに他ならない。

うつや不安障害といった身近に多いケースであっても、回復に手間取る場合には、しばしば愛着の問題がひそんでいる。

残念ながら、通常行われている治療の多くは、比較的安定した愛着のケースに通用するもので、愛着障害の改善にとっては効果が無いどころか、悪化させる要素を含んでいるのである。

愛着障害や不安定型愛着に対する治療というのは、今のところ未発達の分野である。

治療者も、それらをどう扱えばよいのかということについて、ごく一部の例外を除いて、認識も経験も乏しいのが現状である。

愛着障害というと、精神科医も心理療法家も、ひどい虐待を受けた子どものケースを連想するのがふつうである。

多くの人が根底に抱えている不安型愛着の問題にどういうアプローチをとるべきか、ということについては、問題意識すらもっていないことが多い。

驚くべきことだが、この部分に大きな死角が生じていることが、ずっと見過ごされてきたのである。