ドストエフスキーと妻アンナ―虐待の中で育った文豪

『罪と罰』『カラマーゾフの兄弟』などの傑作で名高いロシアの文豪ドストエフスキーの前半生は、苦難に満ちたものであった。

父親は、モスクワ大学医学部出身の軍医だったが、偏執的な人格の人物で、子どもたちを極めて厳しく育てた。

母親も早くに亡くなり、愛情不足と虐待の中で育ったドストエフスキーは、かなり重い愛着障害を抱えていたようだ。

父親は農奴の恨みを買い、殺されるという末路をたどっている。

可愛がられる経験を一度もしたことのない人にありがちなのだが、愛着障害だったドストエフスキーは社交が苦手で、情緒不安定な上に、相手の神経を逆なでするような行動が多かった。

そのため、処女作『貧しき人々』で華々しくデビューを飾ったものの、多くの人が、愛着障害だったドストエフスキーの人となりを知るにつれ愛想をつかしてしまい、文壇でもたちまち孤立してしまった。

金銭感覚も破綻していて、目先の金欲しさに不利な約束をしてしまい、生活もどんどん追い詰められていった。

挙句の果てには、過激分子との付き合いから、皇帝の暗殺未遂事件に連座したとの容疑で摘発され、死刑判決まで受けてしまう。

それは、いわば見せしめのためで、銃殺刑の直前に恩赦で死刑はあ中止されたが、精神的には一度死んだも同然だった。

その後はシベリアの極寒の地オムスクの監獄で四年の刑期を務め、釈放された後もキルギスの荒涼とした町に留め置かれ、結局十年も流刑地生活が続いたのである。

愛着障害だったドストエフスキーは流刑地で出会った子持ちの女性と最初の結婚をした。

いろいろと問題の多い女性だったが、愛着障害だったドストエフスキーの大きな支えとなったことは間違いない。

連れ子の息子も、愛着障害のドストエフスキーは我が子のように面倒を見た。

それは彼が初めて味わった家庭的な幸福であった。

だが、女性は出会ったときにすでに結核を抱えていて、病状は徐々に進行していった。

愛着障害のドストエフスキーはようやくモスクワに戻ることを許され、兄が創刊した雑誌に執筆することになった。

オムスクでの監獄生活をヒューマニスティックに描いた『死の家の記録』が評判になり、前途は順調かと思われたが、まだ愛着障害のドストエフスキーの苦難は終わらなかった。

兄の雑誌が官憲のいやがらせで発禁処分になり、さらにその混乱のさなか、妻が、そして雑誌の再刊のために奔走していた兄までが亡くなってしまったのだ。

残ったのは、莫大な借金だけだった。

「絶対絶命の中で現れた女性」

兄の雑誌を何とか続けようと悪あがきをしたことが裏目に出て、借金は一万五千ルーブルにも膨らんでしまった。

さらに愛着障害のドストエフスキーを追い詰めたのは、目先の金欲しさに、悪辣な出版社と結んだきわめて不利な契約で、あとひと月ほどの間にもう一篇の長編小説を書き上げねば、これから九年間に書かれる作品の出版権が、すべて無償でその出版社のものになってしまうというのである。

そんなことになれば、借金を返すどころか作家として生活することも無理になる。

そんな絶体絶命の状況で、ドストエフスキーの前に現れたのが、速記ができる二十歳の女性アンナだった。

彼女はドストエフスキーの読者でもあったが、愛着障害のドストエフスキーに対する最初の印象はそれほど良いものではなかった。

だが、彼が大変なピンチにあり、助けを必要としていることだけはよく理解できた。

愛着障害だったドストエフスキーが率直に実情を打ち明けたからだ。

それから、二人の共同作業が始まる。

速記で口述筆記したものを、翌日には清書するということをニ十六日間続けて『賭博者』を完成させたのだ。

アンナの助けなくては、とてもできないことであった。

その間に二人はお互いを愛するようになっていた。

二十歳以上の歳の差があり、持病があり、しかも借金まみれで、作品に描いたとおりの賭博癖がいまだに治っておらず、先妻の連れ子や亡くなった兄の遺族など扶養家族もどっさりいる愛着障害のドストエフスキーは、二十歳の娘が結婚相手に選ぶにはおよそ理想的でない相手だったが、その彼のプロポーズを、アンナは受け入れたのである。

「賭博癖さえ克服する」

それも愛着障害だったドストエフスキーが、彼女の助けと救いを切実に必要とする状態だったからということがあるだろう。

それほどひどい状態だったからこそ、真の救いの手と出会えたのである。

その逆を考えてみれば、それは明らかだ。

愛着障害だったドストエフスキーがトルストイのように成功した作家で、財産にも地位にも恵まれていたら、アンナのような存在に出会えただろうか。

トルストイが手に入れた妻は、彼の安全基地とはとうてい言えない存在だった。

家に居場所をなくした老トルストイは、家から逃げ出したあげく、駅のベンチで亡くなったのである。

結婚から十三年後、妻や家族に優しく見守られて臨終を迎えたドストエフスキーと、何という違いだろう。

アンナという支えを得たことは、愛着障害だったドストエフスキーにとって人生最大の幸運であった。

愛着障害のドストエフスキーは、安定した愛情でいつも自分のことを優先的に考えてくれる伴侶を手に入れただけでなく、初めて実子をもつこともできた。

家事を見事にきりもりしただけでなく、金銭の管理にも長けていたアンナの内助の功により、借金を次第に返済し、ついに貯金ができるまでになる。

愛着障害だったドストエフスキーは創作活動も、新しい境地を開き、『白痴』『悪霊』『未成年』『カラマーゾフの兄弟』という傑作群が続々と生み出されることになった。

長年、愛着障害だったドストエフスキーに取りついていた賭博癖さえも、アンナの支えによって、ついに克服できた。

アンナは最初のうちは、お金をもつと、つい賭博場に走って、有り金を使い果たさずにはいられない愛着障害のドストエフスキーを理解できず、嘆いたりあきれたりしたのだが、それでも夫が賭博熱を断ち切れずに苦しんでいるさまを見て、自分からお金を差し出し、賭博に行くことを勧めさえした。

そうなったとき、愛着障害だったドストエフスキーは、そこまで自分のことを大切に考えてくれる妻の愛情に心を打たれ、きっぱりと止めてしまった。

愛着の安定化が、重度の賭博癖にさえ終止符を打つことを可能にしたのである。

アンナという安全基地を得たことで、ドストエフスキーは自らの愛着障害をついに克服できたといえるだろう。