良質な睡眠、食事をとる

社会が24時間化し、現代人は極端に体を動かさず、頭脳だけを酷使している。

眠りにくい環境にあるが、これでは精神的な疲労は回復できない。

とにかく眠る時間を確保しよう。

また、おいしく栄養のある食事は、体はもちろん、心も満たしてくれる。

もし、ほんとうに睡眠がとりにくいようなら、精神科や心療内科を受診して、睡眠薬などを賢く利用しよう。

眠るためにお酒を飲む人もいるが、アルコールは結局、睡眠の質を下げてしまう。

しばらくは控えるのが、体力回復には有効だ。

休息をとる(心の負担になっていることをキャンセルしてみる

人間関係のようにじわじわ広がる疲れには、疲れを感知するシステムもマヒしてしまう。

本来は疲れる前に休みを組み入れることを日頃から心がけるべきだが、すでに疲労を感じはじめている今は、これからの行事を減らすことを意識する。

心に負担を感じている仕事や行事を思い切ってキャンセルするだけで、心がだいぶ軽やかになっていくクライアントも多い。

あるいは、思い切って日常の仕事を一時的に休むのも有効だ。

会社だけではなく、家事や介護、子育てなどを、他の人に頼むなどして三日間ほど休み、しっかり休養して睡眠を確保する。

もちろん実現するのは難しい面もあるだろうが、エネルギーが回復したら、同じ毎日の仕事や人間関係でも負担感はぐっと減る。

疲れをとるための「救急措置」として周囲にも理解を求め、また自分自身にも許してみよう。

インターネットやSNSなどの刺激からある程度、距離を取る

インターネットやスマホは、現代人のストレス解消のための大きなツールである。

ところが、こと人間関係の疲れに関しては、インターネットやSNSは、疲労を大きくするほうに作用することが多い。

疲れを感じたら、この刺激から、一時的にでも離れてしまうのは、非常に有効である。

動的なことだけでなく静的なストレス解消法を意識する

スポーツ、飲み会、旅行、ランニングなど、さまざまなアクティビティーがあるが、これらの動的な活動は、楽しくてもエネルギーを使い、結果的に疲労を深めてしまう。

疲れた時は、ゴロゴロする、花木の手入れをする、お茶を飲む、ゲームをするなど、静的なストレス解消法を実践しよう。

対人関係で生じる感情の取り扱いに慣れる(我慢と忘れる以外のスキルを磨く)

今、自分や他人の怒り、不安といった感情に苦しみ、その対処に疲れている人は多い。

しかし、これらの感情には、それぞれ存在理由がある。

理由を知れば、決して”悪者”ではないことがわかるはずだ。

そして、「我慢する」「忘れてしまう」だけではない、ケアの仕方もある。

そのスキルを練習することで、感情の取り扱いに慣れることができるのだ。

人間関係について知る

「立派な大人になりなさい」と親や教師から言われ、大人とは、社会人とは立派であるべきだと考えている人も多いだろう。

しかし人間とは、本来”いい加減”な生き物。一貫性に欠けるものである。

無意識のうちに持っている自分自身、そして他人への過剰な「期待と比較」。

これを疑ってみる、認識を改めることもまた、あなたの疲れを軽減するのに役立つ。