愛着という現象は、対人関係のみならず、幅広い能力の発達にも関わってくる。

そこには、愛着のもう一つの特性が関わっている。

愛着の絆が形成されると、子どもは母親といることに安心感をもつだけでなく、母親がそばにいなくても次第に安心していられるようになる。

安定した愛着が生まれることは、その子の安全が保証され、安心感が守られるということでもある。

ボウルビィの愛着理論を発展させた、アメリカの発達心理学者メアリー・エインワースは、愛着のこうした働きを、「安全基地」という言葉で表現した。

子どもは、愛着という安全基地がちゃんと確保されているとき、安心して外界を冒険しようという意欲をもつことができる。

逆に、母親との愛着が不安定で、安全基地として十分機能していないとき、子どもは安心して探索行動を行なうことができない。

その結果、知的興味や対人関係においても、無関心になったり消極的になったりしやすい。

守られていると感じている子どもほど、好奇心旺盛で活発に行動し、何事にも積極的なのである。

一歳半を過ぎるころから、子どもは徐々に母親から離れて過ごせるようになる。

しかし、ストレスや脅威を感じると、母親のもとに避難し、体を触れ合わせ抱っこしてもらうことで、安全を確保し安心を得ようとする。

そして三歳ごろまでには、一定期間であれば母親から離れていても、さほど不安を感じることがなくなり、また母親以外の人物とも、適度に信頼して関わりをもつことができるようになる。

母親を主たる愛着対象、安全基地として確保しながら、同時に、他の従たる愛着対象や安全基地をもち、活動拠点を広げ始めるのである。

このことは、大人においても基本的に同じである。

安定した愛着によって、安心感、安全感が守られている人は、仕事でも対人関係でも積極的に取り組むことができる。

「安全基地」を確保している人は、外界のストレスにも強い。

さらに言うと、幼い頃にしっかりと守られて育った人では、大人になってからも自分をうまく守れるのである。

たとえば、ある研究では、二歳の時点で親から十分なサポートを得られた人の場合、青年期になってから、恋人に気軽に頼ることができる傾向が認められている。

逆に言えば、二歳の時点で親からの支えが乏しかった子どもでは、恋人にうまく甘えられないということである。

愛着スタイルや愛着の安定性が、うつ病やアルコール依存症の発症リスクに関係していることは、この点と無関係ではない。

ただ気を付けたいのは、過保護になってサポートを与え過ぎ、子どもの主体的な探索行動を妨げたのでは、良い安全基地ではなくなるということである。

安全基地とは、求めていないときにまで縛られる場所ではないのである。

それでは、子どもを閉じ込める牢獄になってしまい、依存的で、不安の強い、自立できない子どもを育ててしまう。