大学四年生の女性・菜穂さん(仮名)が、過食と嘔吐が止まらず、うつもひどく、大学を休んでいると、母親とともに相談にやってきた。

父親は一流企業の研究所に勤めるエリートで、兄も一流大学を出てエリートの道を歩んでいる。

愛着障害の菜穂さんも決して成績は悪くなかったが、超優秀な兄に比べると、平凡な子と見られていた。

愛着障害の菜穂さんは実際には、とても思いやりがあり、人の気持ちがわかる子だともいえたのだが、成績や学歴を偏重するその一家にあっては、やや影の薄い存在だったのだ。

しかしつい最近まで、母親は全く愛着障害の娘の異変に気付いていなかった。

母親の予定通りにすべてうまくいっていると思っていたのだ。

実際、就職も内定し、後は卒業までにゼミと卒論が残されているだけだった。

ところが、愛着障害の菜穂さんはそのゼミに出られなくなったのである。

愛着障害の娘の動静に注意を払うようになった母親は、娘が異常な行動にふけっていることを発見する。

愛着障害の菜穂さんは大量の食料を買い込んできてはそれを深夜に貪り食い、トイレにこもって戻していたのだ。

以来、母親は愛着障害の娘の行動を監視するようになったが、最近では、愛着障害の菜穂さんは母親の監視の裏をかくように、部屋でビニール袋に戻して、こっそりトイレに捨てたりしている。

母親は愛着障害の娘の異常な行動に戸惑うとともに、娘に裏切られたという思いに苛立っていた。

ゼミに出られないと、せっかく内定をもらったのに卒業できなくなってしまう。

焦りから、愛着障害の娘を責め立てたり、嘆いたりするばかりだった。

愛着障害の菜穂さんに話を聞くと、母親にはずっと以前から、本音ではなすことや相談することはなく、いいことだけを伝えるようになっていたという。

どうしてなのか、その理由を問うと、本当のことを伝えれば、母親は過剰反応し、責めたり干渉したりしてきて、大変なことになるのがわかっていたからだという。

だが当の母親は、「娘は何でも話してくれていた」と言い、自分はとてもいい母親だと、今でも思っているようだった。

それなのに、なぜこんなことになってしまったのか。

不可解でたまらず、その原因が知りたいようだった。

「いったい、娘の病気は何なのですか」

と、医師に詰め寄らんばかりの剣幕だった。

愛着障害の菜穂さんがゼミに出にくくなったきっかけは、些細な失敗を他の学生に笑われたことがあり、そのことから人目を気にし、異様に緊張するようになったことが関係しているようだった。

愛着障害の菜穂さんは自信も居場所もなくしてしまい、その傷ついた気持ちを、異常に大食することで紛らわしているようだった。

問題の本体に働きかけることで、劇的な改善

医学モデルから、菜穂さんの症状を説明しようとすると「非定型うつ病」「摂食障害(強制嘔吐を伴う過食症)」「社交不安障害」といった診断名がつくことになる。

非定型うつ病は、うつ病の特殊なタイプとされ、過食や過眠を伴うのが特徴である。

愛着障害の菜穂さんの母親は、愛着障害の菜穂さんの状態がその病気の症状だと知って、納得した様子だった。

しかし、非定型うつ病でいう過食は、普段より食欲が増すというレベルの話であり、愛着障害の菜穂さんのように大量の食料を食べては戻すとなると、非定型うつ病の診断だけでは説明がつかず、摂食障害という診断もつくことになる。

また、過度な緊張や不安のために、人前に出るのを避けるようになる状態を、社交不安障害(社会不安障害)というが、愛着障害の菜穂さんにはその症状もあるようだった。

このようにいくつも診断名がついてしまうというケースでは、愛着の問題がかかわっていることが多い。

このケースも、まさにそうしたケースだったのだが、症状に目を奪われすぎると、問題の本体が置き去りになってしまう。

ここで通常の医学モデルの場合には、先に並べたような診断に基づき、症状を何とか改善するためにと治療を始めることになる。

そしてたいてい事態は泥沼化し、治療は行き詰まっていく。

それを避けるためには、症状に目を奪われず、問題の本体に働きかけていくことが大事なのである。

そこで医師は、「過食嘔吐や大学を休んでいることについてはいっさい何も言わず、放っておいてください」と伝え、その代わりに、本人が求めてきたら優しく関わることと、和やかに会話しながら食事を楽しむことなどをお願いした。

それとともに、取り組んでもらうことにしたのは、愛着障害の娘だけでなく、母親の方にもカウンセリングに通ってきてもらうことだった。

だが母親は、そう言われたことが面白くないようだった。

娘の病気なのに、自分にも非があると思われているのではないかと、不服だったようだ。

「どうして自分がカウンセリングに来なければならないのか」と、しばらく抵抗を示した。
自分は立派な母親だという自負があるらしく、愛着障害の娘へのかかわり方をとやかく言われること自体、プライドが許さないようだった。

しかし、こちらに不満をぶつける一方で、やはり愛着障害の娘を思う気持ちも強く、半信半疑名がら、医師の助言に従ってカウンセリングに通い、愛着障害の娘へのかかわりを変えていった。

すると愛着障害だった菜穂さんの状態はみるみる落ち着き、過食嘔吐もぐっと減り、やがてなくなったのだ。

論より証拠である。

状態が良くなるのを見て、母親もようやく、こちらの言うことを受け入れるようになった。

その後のカウンセリングを通して、頑固だった母親も、自分が愛着障害だった娘を、いつのまにか顔色一つで支配し、親の価値観を押し付け、否定的な評価を知らず知らずのうちにしてきたことに、ようやく気付くようになったのである。

愛着障害だった菜穂さんは、無事に大学を卒業後、就職し、就職先で知り合った男性とゴールインすることになった。

医学モデルの誘惑

いくつもの激しい症状を見せる状態を前にして、症状に注意を奪われないということは、なかなか難しいことである。

家族や周囲の人は、おろおろ戸惑い、嘆いたり怒ったり、感情的な反応になりやすい。

「早く何とかしてください」とせっつかれて、治療する側も、つい症状を何とかしたくなり、そこに治療目標を置いてしまいやすい。

ところが、症状にターゲットを絞った瞬間、本当の回復から大きく遠ざかってしまう。

なぜなら、症状は、問題の本体というよりも、そこから二次的、三次的に生じたものであり、いちばん川下に生じている、連鎖の最終段階に過ぎないからだ。

川下の問題を、一時的に改善したとしても、川上の問題が変わっていなければ、またすぐ悪化することになる。

川下の症状を改善しようとすることは、幻の敵と戦うことになり、本当の問題の解決にはつながらないばかりか、症状も悪化を繰り返し、次第に泥沼化し、治療も行き詰まってしまうことが多いのだ。

複雑で難しい症状のケースほど、こうしたことになりやすい。

川上にある問題を改善しない限り、本当の回復は見えてこないのである。

このケースの場合、川上にある問題は何だったのか。

それは言うまでもなく、愛着障害の問題である。

母親の支配と否定的評価のもとで育つ

では、この女性が抱えている問題を、愛着モデルでとらえ直すとどういうことになるだろうか。

菜穂さんの母親は、理屈っぽく知的な面では優れているが、共感能力には乏しいところがある人だった。

母親には何も本当のことが話せなかったということにも示されているように、母親は、愛着障害の菜穂さんの安全基地としては、まったく機能していなかったのである。

いつも母親の顔色を見て、合わせていたのは愛着障害の菜穂さんの方であった。

こうしたタイプの母親は、育児もすべて、自分の決められたルール通りに行おうとすることが多い。

自分のルールに従って物事が進むことが「良い」ことであり、ルールから外れることは認められない。

愛着障害の菜穂さんは、相互的なかかわり合いの中で生まれる共感よりも、母親のルールを一方的に押し付けられ、支配されて育ったのである。

いわば「母親がルール」であった。

そうした場合、子どもは母親の顔色を見てそれに合わせるようになるか、それに徹底的に反抗して「悪い子」になるかである。

後者になれなかった愛着障害の菜穂さんは、母親に認められようと、本人なりに頑張って来た。

しかし、愛着障害の菜穂さんは母親のお眼鏡にかなった兄ほどには、その成果を認めてもらうことができなかった。

愛着障害の菜穂さんは母親の評価や顔色を気にし、否定的なニュアンスを感じては、つねに心の中で傷ついていたのである。

顔色に敏感で、相手に受け入れられているかに不安が強い傾向は、菜穂さんが不安型愛着スタイルを抱えていることを示しているだろう。

それは、無条件に愛してもらえず、いつ否定的な評価や拒否が返って来るか分からない中で、身に付けてしまったものに思える。

不安型愛着に多い自立の躓き

不安型愛着スタイルの人は、周りが自分をどう評価するかということに自分の存在価値を左右されやすい。

人目や体形を気にしやすく、身体的なコンプレックスにとらわれることも多く、社交不安障害や摂食障害にもなりやすい。

人に受け入れられるために、完璧でありたいという願望も強く、一つが崩れると、何もかもがダメになったように思いがちである。

そのため、うつにもなりやすい。

愛着障害の菜穂さんの心のどこかには、自分が母親からあまり評価されていないという思いが、ずっとあったに違いない。

実際、母親から愛されているという実感がなかったのだ。

就職が決まったときも、母親の反応は、喜ぶというよりも、厄介者が片付いたという冷ややかさがあったという。

実際には愛着障害の菜穂さんは、「就職先をここに決めていいのだろうか」と迷っていたのだが、母親が早く決めてほしそうにするので、そこにしたのだった。

しかし、決めてしまった後でも本当にその会社で良かったのか次第に不安になり、「卒業してしまったら、そこに行くしかない」という思いから動けなくなっていたのである。

愛着障害の菜穂さんが再び立ち上がって、前に進むために必要なのは、臨時の安全基地を提供するとともに、本来、安全基地となってくれる母親の機能を取り戻すことだった。

そのために、愛着障害の菜穂さん本人だけでなく、母親への働きかけに力を注いだのである。

母親が安全基地としての役割を果たせるようになると、愛着が安定し、それとともに他の症状も消えていったのである。

母親は気持ちを汲み取るのが苦手なところがあり、自分の考えにとらわれてしまい、最初は自分自身の問題を振り返ることができなかったのだが、そこが変わっていくことによって、愛着障害の娘との関係もまったく違うものに変化し、そのことが、娘の自立を支えることになったのである。

症状は、自立を前にした愛着障害の娘・菜穂さんの不安からきている面もあった。自立がスムーズにいくためには、突き放すよりも、本音で相談したり頼ったりすることのできる安全基地の存在が必要だったのである。

不安型の人ではとくに、自立が大きな試練となる。

そこをうまく乗り切るためにも、安全基地の存在が重要なのである。

安全基地としての機能を高める働きかけ

愛着障害の菜穂さんのケースで、問題の根底にあったのは、母親が安全基地としてうまく機能しておらず、それが不安定な愛着を生み出し、その後の危機を準備していたということである。

そこに就職や自立という課題が迫ってきたとき、菜穂さんは、バランスをとり切れなくなって、ついに、さまざまな症状を表面に出すようになったのである。

それらの症状は、問題の本体というよりも、母親が安全基地として機能しないことから始まる負の連鎖が行き着くところまで行き、とうとう耐え切れずに、堤防が決壊してしまったようなものであり、問題の最終結果として起きたことであった。

それゆえ、そこだけを修復しようとしても、川上から次々と押し寄せてくる問題の源を改善しない限り、うまくいかないし、やっと治ったと思っても、また同じことが起きてしまうのである。

結局、回復のカギを握ったのはおおもとにある問題の解決、つまり母親が安全基地としての機能を取り戻せるように母親に働きかけることであった。

その間、母親が愛着障害の娘を支えられない分を、医師やカウンセラーが臨時の安全基地となって、愛着障害の本人をバックアップする必要があった。

愛着障害の本人の臨時の安全基地となることは、前に述べた「愛着安定化アプローチ」であり、母親に働きかけて、本人と母親との関係が安定したものになるように働きかけることは、「愛着修復的アプローチ」だといえるだろう。

どちらも大切だが、うまくいくと、後者の方がより強力な改善効果を発揮する。