統制型と三つのコントロール戦略

不安定な愛着状態におかれた子どもでは、三、四歳のころから特有の方法によって周囲をコントロールすることで、保護や関心が不足したり不安定だったりする状況を補うようになる。

統制型の愛着パターンと呼ばれるもので、攻撃や罰を与えることによって周囲を動かそうとするパターンと、良い子に振る舞ったり、保護者のように親を慰めたり手伝ったりすることで、親をコントロールしようとするパターンがある。

そんな小さいうちからと思われるかもしれないが、子どもによっては、ほんの四歳ごろから、親の顔色を見て、機嫌をとったり慰めようとしたりという行動を示すのである。

親が良くない行動をとったときや自分の思い通りにならないときに、叩こうとするといった攻撃的手段に訴えることは、さらに早く、三歳ごろから認められる場合もある。

このコントロール行動は、無秩序な状況に、子どもながらに秩序をもたらそうとするものだと言えるだろう。

こうしたコントロール戦略は、年を重ねるごとにさらに分化を遂げて、特有のパターンを作りだしていく。

これは、その後の人格形成に大きな影響を及ぼすことになる。

それらは、大きく三つの戦略に分けて考えることができる。

すなわち、支配的コントロール、従属的コントロール、操作的コントロールである。

支配的コントロールは、暴力や心理的優越によって、相手を思い通りに動かそうとするものである。

従属的コントロールは、相手の意に従い恭順することで、相手の愛顧を得ようとする戦略である。

一見するとコントロールとは正反対に思えるが、相手に合わせ、相手の気にいるように振舞ったり、相手の支えになったりすることで、相手の気分や愛情を意のままにしようとする点でコントロールと言える。

操作的コントロールは、支配的コントロールと従属的コントロールが、より巧妙に組み合わさったもので、相手に強い心理的衝撃を与え、同情や共感や反発を引き起こすことによって、相手を思い通りに動かそうとするものである。

いずれのコントロール戦略も、不安定な愛着状態による心理的な不充足感を補うために発達したものである。

この三つは、比較的幼いころから継続してみられることが多い一方で、大きく変化する場合もある。

また、相手によって戦略をかえてくるということも多い。

それによって、バランスをとっているとも言える。