「自分だけ得したい」では良好な人間関係はつくられない

異業種交流会に顔を出す若者がいる。

そんな交流会に名刺をたくさん持っていき、積極的にいろいろな人たちと交換する。

「毎月100枚交換する」などと目標を掲げている人もいるほどだ。

「バカか、お前は」といいたい。

名刺のコレクションをしているなら話は別だが、会場で何十人の人たちと名刺交換をしても、あとで、いちいち顔を思い出すなど難しいはずだ。

もちろん、異業種の人とつきあうこと自体は賛成だ。

いま、熱心に異業種交流会に参加している人の多くは、「人脈をつくりたい」という目的を持っている。

しかし、本当にいい人脈とは名刺交換くらいでつくれるものではない。

「財産は来るもので、つくるものではない」とヘンリー・フォードはいった。

人脈という財産についても、まさに同じことがいえる。

人と人が、何かのきっかけで知り合う。

それは、すでに人脈の始まりだが、そんなことを考えないでいるほうが、お互いに役立てる存在になれる。

「楽しい人と知り合った」「素敵な人と知り合った」と嬉しく思っていれば、また会いたくなるし、相手が困っていれば手を差し伸べたくなる。

だからといって、そこに恩を着せたり、お返しを求めたりする発想はない。

それこそが、真の意味でのいい人脈だ。

ところが、交流会では「知り合った人から何か得るものがあるのではないか」と考える。

こちらが「何か役立たせてもらおう」と近づいた相手も「この人から・・・」と同じように考えている。

「目的が同じなら、お互い利益を与え合えるのではないか」と思うかもしれないが、それは甘い。

どちらも「自分が先に得をしよう」と考えているのだから、その距離が縮まることはない。

ビジネス書をつくっている編集者が嘆いていた。

その編集者が手掛けた本の著者がセミナーを開催する。

本を宣伝するために、編集者も出向く。

熱心な受講者の中には、「自分も本を出したい」と考えている人もいる。

だから、編集者の周りには名刺交換したい人が集まる。

名刺交換をすると、翌日には長いメールが届く。

そこには添付資料つきで、自分がいかに頑張っているか、「いずれ本を書くのでよろしく」などと長々と書かれている。

「こちらも仕事ですからざっと目を通しますが、ときどきウンザリしてしまうことがあるんです」という。

わかる気がする。

「この編集者と知り合って得をしよう」という魂胆が見え見えでは、かえって先方は引いてしまうだろう。

人は「知っている」だけでは動いてくれない。

ましてや、挨拶したこと、名刺交換したことなどに大した意味はない。

それをわかっていない人は、すぐに「知っている」自慢を始める。

「いま売り出し中の〇〇さんって、案外しられていないけど、すごい真面目な人で、お酒もたばこも一切やらないんですよね」

「この前、〇〇さんにお会いしたのですが、とても気さくなのでびっくりしました。これからのビジネスについてもいろいろ話をしてくれまして・・・」

あたかも、「自分はよく知っている」という話し方をするが、実は単に顔を合わせたことがあるだけだったりする。

こちらが「へえ、じゃあ、近いうちにぜひ」紹介してくれないか」と具体的に話を進めると、「・・・ええ、ちょっとまた」などとごまかし始める。

こういう人にとっては、人も作為の対象である。

私が「人脈づくり」という言葉が好きでないのは、そこに作為を感じるからなのだ。

作為的に人との距離を変えようとしても、相手はそう簡単に動いてはくれない。

いつも正直は、職場ではOKではない

金融関係に勤める三十代の男性は、いい同僚に恵まれていた。

とくに、隣の課の同期入社の男性とは親しく付き合っていた。

明るく前向きな性格で、話していてもグチっぽくならない。

月に一回くらいの割合で、二人で飲むのが楽しみだった。

その日も、いつもの居酒屋で待ち合わせることになっていた。

一週間前から決めていたことだ。

ところが、夕方になって上司から呼び出された。

「ちょっと話があるんだ。今晩一杯つきあってくれ」

上司の様子から大事な話らしいと思い、同僚に断りを入れた。

「すまないが、さっき上司から誘われてしまったんだ。次は一杯おごるから、今日は勘弁してくれ」

このケースはサラリーマンとして当然の対応だろう。

約束していたのが同僚であるならば、上司の誘いを優先していい。

同僚には「用事ができた」などと曖昧にせず、正直に「上司に呼ばれた」といえば、お互いそういう事情は理解し合える。

ただ、ここで上司に対してもいっておくべきことがある。

「実は、今日は〇〇と飲みに行く約束をしていたんです。でも、大事なお話のようですからキャンセルします」

この一言がないと、「あいつは、俺が誘えばいつでもついてくる」と思われる。

それは、上司の部下に対する距離感をおかしくさせる。

会社においては、同僚よりも上司を優先させなくてはならない。

組織とはそういうものだ。

しかし、組織の決まり事と人の心は別だ。

「人生の中に仕事をいれてもいいが、仕事の中に人生を入れてはいけない」のである。

つまり「人生の中の仕事であって、仕事の中の人生ではない」のだ。

仕事ができる人ほど、仕事というもの、組織というものを冷徹に割り切っている。

先ほどの話には続きがある。

彼が飲み屋で上司から聞かされたのは、近々発令される人事についてだった。

彼自身は現在の部署のまま一階級昇進するが、同僚は左遷されるという話だった。

「ふだんから〇〇君と仲良くしているようだが、〇〇君は直属の上司とずいぶんぶつかっているようだ。

今度の人事の件もあるし、ほどほどにしておけよ」

上司に釘を刺されてしまったわけだ。

「昨日の話って、何だった?」

翌日、当の同僚に聞かれた彼は、ごまかすしかなかった。

「うん、ちょっとさ、出社時間についていろいろ注意を受けちゃったんだよね」

いくら仲のいい信頼し合った同僚であっても、本当のことをいうべきときと、そうでないときがある。

ここは、無難に逃げるしかない。

組織における人間関係は、その距離のとり方が本当に難しい。

一筋縄ではいかないのだ。

長く会社にいれば、あなたにもこういうことが起こりうる。

仲良くしたい同僚とでも、ほどほどに距離を置かねばならない状況も生まれる。

組織人である限り、そうしたことも受け入れなければならない。

しかし、だからといって自分の心まで左右されるものでもない。

いくら距離を置くといっても、社内で顔を合わせれば気持ちよく挨拶するべきだし、飲み会でいっしょになればふつうに会話を交わすべきだろう。

逆に、自分が周囲から距離を置かれてしまうこともあるだろうが、そのときも必要以上に深く考えることはない。

こうしたケースでは、別に誰が悪いのでもない。

人事を決めた上層部が悪いのでもないし、左遷された人間が特別に無能だとも限らない。

すべて、そのときの流れにすぎない。

流れに身を任せながらも、心はまた別の次元に置いておく。

それでいいのではないだろうか。

プライベートな話は慎重に

知人が遊びに来たので、「軽く一杯やろう」と二人で仕事場近くの居酒屋に寄った。

隣のテーブルには、サラリーマン四人組が座っていた。

一人が「チーフ」と呼ばれている。

そのほかは部下らしい。

一人の部下が、焼酎のボトルからせっせと水割りをつくってチーフに渡している。

チーフはそれを受け取って飲むばかり。

ご機嫌でいろいろと講釈を垂れている。

部下たちは、おとなしく話を聞いている。

ここまでなら、ざらにある光景だ。

驚いたのは、彼らが会計をキレイに割り勘にしたことである。

部下たちはもちろん気の毒だが、このチーフもかわいそうな人だと思った。

ある人が新聞社に勤めていた時、ある部署に部下から大変に慕われている上司がいた。

その上司は、部下と飲みに行っても最後までいることはなかった。

「勘定は払っておいたから、ゆっくり飲んでいけよ」

こういって、自分は先に帰っていく。

いくら好きな上司でも、ずっと一緒にいたら煙たいし、部下はリラックスして飲めない。

彼はそれをしっていたのである。

こういうことができる上司が、いまは減ってしまった。

先のチーフも、全額出せとはいわないが、割り勘はないのではないか。

おそらく、距離感の切り替えができていないのだ。

会社を出たときから、プライベートな場に移行していることに気づいていない。

私は、自分より下の人間に対しては、プライベートなことは抽象的に、仕事においては具体的につきあうべきだと思っている。

たとえば、忘年会でお酒が入り、プライベートな話題になった。

そのときに、何も話さないのでは距離は縮まらないから、差し障りのない話題は提供する。

「いつも、かみさんには絞られてるよ」

「うちの娘は派手好きでね」

このくらいは話してもいい。

しかし、どうしぼられているかとか、どんなふうに派手なのかなど、そこまで具体的に話してはいけない。

これが大人の心得というものだ。

その理由は二つある。

一つは「口から出たことは独り歩きする」からだ。

あれこれ尾ひれがつくようなことは、いうべきではない。

もう一つは、上司が具体的に話せば、部下もそうせざるを得なくなるからだ。

自分のプライベートについて、上司に細かく知られることを望む部下などいない。

とくにいまの若者たちはそうだ。

「休日は何かスポーツでもしているのかい?」くらいは聞いてもいいが、その答えに対して具体的な質問を重ねるのは避けたい。

面倒見がいい上司は、ときとしてここを間違って、プライベートでも部下に近づきすぎる。

距離感をはき違えているのだ。

あまり面倒見がいいというのも考えものなのである。

それより逆に、仕事については具体的に話してあげるのがいい。

「いま、〇〇君のやっている仕事は、方向として間違っていないよ」

「〇〇社は、ちょっと問題があるから、あまり出入りしないほうがいいぞ」

「あの部長とは、仕事を離れてもつきあうことをすすめるね」

「この本、役に立つと思うから読んでみたらどうだ」

こうしたことを具体的に伝えてあげられる上司は、部下から好かれ信頼される。

ただし、具体的とは「細かい」ことではない。

大事なポイントだけを押さえてあげればいい。

「塩の辛さ、砂糖の甘さは学問では理解できない。だが、なめてみればすぐわかる」
とは松下幸之助の言葉だ。

細かいことを言わなくても、具体的に味をみさせてあげる。

そういうことを、若い人たちに対してさりげなくできたら理想的である。