対人恐怖症、社交不安障害の克服のいろは

対人恐怖症、あがり症、社交不安障害で悩むあなたへ。必ずそれらは克服できます。重度のあがり症・社交不安障害、対人恐怖症だった私がその克服方法をお教えします。

「パーソナリティ」の記事一覧

インターネットの人間関係

インターネットの人間関係

インターネット上で語る前に、やるべきことがある 「いまの若いヤツらは・・・」と批判する人がいる。 自分たちも若い頃はたくさん失敗したし、間違った。 それに、いまの若い人たちには真面目で優れた部分がたくさんある。 「やるじ […]
よりよい対人関係を求めて

よりよい対人関係を求めて

親しくなることと、安定した関係を維持することは違う ふりをして演じる演技性の能力が、社会的知性の核となっていることや、演技性を初め、否定的に扱われることの多い自己愛性や反社会性といった能力を上手に活用することが、社会でう […]
肥大した自己愛がもつ力

肥大した自己愛がもつ力

演技性や反社会性とともに、人を惹き付ける上で力を発揮するのが自己愛性である。 自己愛性の本質は、自分を神のように感じる誇大な自己意識とそれを裏付けるための強い自己顕示欲求である。 万能の神であるがゆえに、どんなことでも達 […]
躁状態(軽躁状態)と脱抑制状態

躁状態(軽躁状態)と脱抑制状態

対人距離の過度な接近が起きやすい状態に、さまざまな原因で起きる脱抑制がある。 脱抑制とは、理性の座である前頭前野の制御が甘くなり、ブレーキが利きにくくなった状態である。 アルコールが入って酔っぱらった状態も、脱抑制状態だ […]
失調型パーソナリティと積極的奇異型ASD

失調型パーソナリティと積極的奇異型ASD

失調型パーソナリティは、常識とはかけ離れた思い込みや突飛な考えにとらわれ、自分独自の世界に生きているような、マイペースな傾向が強いパーソナリティで、自分から進んで話しかけたりするのだが、話が一方的になってしまったり、自分 […]
ADHD

ADHD

ADHDは多動、衝動性、不注意を特徴とする、神経発達障害の一つである。 一割ほどは、大人になったときに、反社会性パーソナリティ障害に移行するともいわれてきたが、ADHDが反社会性パーソナリティ障害に移行するというよりも、 […]
境界性パーソナリティ

境界性パーソナリティ

境界性パーソナリティ障害は、見捨てられることへの過敏さ、強い自己否定、自己破壊的行動などを特徴とする深刻な障害だが、近年、身近でも急増しているものである。 障害と診断されるレベルではないが、その傾向をもつ人は非常に多く、 […]
依存性パーソナリティ

依存性パーソナリティ

依存性パーソナリティは、相手に嫌われまいとして過度に相手に合わせてしまうことを特徴とする。 自分にとって不利益なことでも、相手が困っていると、つい自分の方を犠牲にしてでも、何とかしようとする。 言い寄られると、さして好意 […]
反社会性パーソナリティ

反社会性パーソナリティ

反社会性パーソナリティは、倫理観の乏しさや他者に対する冷酷で搾取的な態度を特徴とするものだ。 他者に対する非共感的で、搾取的な態度という点では、自己愛性パーソナリティと共通する一面があるが、反社会性パーソナリティの人は、 […]
自己愛性パーソナリティ

自己愛性パーソナリティ

自己愛性パーソナリティは、自己特別視や強い自己顕示欲求、他者に対する尊大で、搾取的な態度、共感性に乏しい自己中心性などを特徴とするパーソナリティの偏りで、現代社会では非常に増えているとされるパーソナリティタイプの一つであ […]
演技性パーソナリティ

演技性パーソナリティ

演技性パーソナリティは、注目されることへの欲求が強く、周囲の関心を惹こうとして、ときには常識的な行動から逸脱してしまうのを特徴とする。 たとえば、過度にべたべたした態度とか、性的な魅力を過度に強調した振る舞いとか、突飛で […]
脱抑制型愛着障害(脱抑制型対人交流障害)

脱抑制型愛着障害(脱抑制型対人交流障害)

ここでは、対人距離が近くなりやすいタイプや距離がうまくとれない代表的なタイプについて、その特性や魅力、危険な落とし穴について理解を深めていきたい。 距離が近すぎる状態がもっとも顕著に、もっとも典型的にみられる状態が、脱抑 […]
発達特性と対人距離

発達特性と対人距離

発達特性と対人距離の関係 近年、発達障害という言葉が一般にもよく知られるようになったが、発達障害は神経系の発達の偏りや遅れのため、生活に困難をきたした状態である。 ただ、障害というほどではなくても、軽度の偏りを抱えている […]