対人恐怖症、社交不安障害の克服のいろは

対人恐怖症、あがり症、社交不安障害で悩むあなたへ。必ずそれらは克服できます。重度のあがり症・社交不安障害、対人恐怖症だった私がその克服方法をお教えします。

「安全基地について」の記事一覧

人付き合いが怖いを解消

人付き合いが怖いを解消する

人付き合いが怖いとは 人付き合いが怖いとは、人と接する時、他人から自分がどう見られているかが過剰に気になり、よりよい理想像の自分を見せようと背伸びをして、疲れてしまい、疲れることは嫌なので、それを根本として恐怖を感じてし […]
人間関係が苦手な人の心理と楽になる方法

人間関係が苦手な人の心理と楽になる方法

現代はコミュニケーション社会といってもおかしくありません。 また対面、電話、メール、インターネット、携帯電話、チャット、SNSなど、その人間関係を作るツールも多様化されてきています。 それらのツールをうまく使いこなすのか […]
人付き合いが苦手を克服するいろは

人付き合いが苦手を克服するいろは

人付き合いが苦手を克服するとは 人付き合いが苦手を克服するとは、例えば、立食式のパーティーなどに参加して、みんなはそれぞれ会話を楽しんでいるのに、自分だけポツンと独りぼっちで居場所が無い。それを自分もパーティーの輪の中に […]
安全基地の条件

安全基地の条件

安全基地を手に入れるには どのようにすれば、安全基地を手にいれることができるのだろうか。 愛着という現象には、いくつか大きな特徴がある。 1選択性:特別な関係で、誰でもいいわけではない 2持続性:一旦愛着すると、その状態 […]
心の安全基地

心の安全基地

カウンセリング、認知行動療法、対人関係療法など、さまざまな心理技法や治療法がある。 同じ技法をもちいても、それを行なう人や、それを受け取る人によって、良くなる場合もあれば、あまり効果がなかったり、逆に悪化してしまう場合も […]
愛着とは何か?ボウルビィの愛着理論

愛着とは何か?ボウルビィの愛着理論

そもそも愛着とは何であろうか 何の為に愛着というものが育まれ、それにはどういう働きや意味があるのだろうか。 また、愛着が乏しい回避型愛着しか育まれずに育つということは、何を意味し、どういう影響があるのだろうか。 愛着とい […]
愛着障害の克服には人を育てる

愛着障害の克服には人を育てる

愛着障害を克服していく過程でしばしば観察される現象の一つに、自分が親代わりとなって、後輩や若い人達を育てる役割を担うということがある。 愛着障害の人は、いわば親にうまく育ててもらえなかった人である。 それゆえ愛着障害を克 […]
愛着障害の克服―スティーブ・ジョブズのケース

愛着障害の克服―スティーブ・ジョブズのケース

若い頃のスティーブ・ジョブズは非常に多動で、反抗的で戦闘的で、傍若無人であった。 愛着障害を抱えた人の典型的な特徴を示していたと言えるだろう。 愛着障害だったジョブズは、損得に敏感だった。 何も信じることができない彼が唯 […]
愛着障害の克服における傷ついた体験を語り尽くす

愛着障害の克服における傷ついた体験を語り尽くす

愛着の傷を修復するためには、安全基地を確保し、子どものころの不足を取り戻したり、周囲に受け入れられるといった共感的、体験的なプロセスとは別に、もう一つのプロセスが必要である。 それは言葉を介した、認知的なプロセスである。 […]
良い安全基地とは

良い安全基地とは

では、良い安全基地となるためには、何が大事なのだろう。 一つは、安全感を保証するということである。 これが最も重要なのは言うまでもない。 愛着の問題を抱える人にとって、一緒にいても傷つけられることがないというのが、最優先 […]
安全基地を求めてさまよい続けた愛着障害のルソー

安全基地を求めてさまよい続けた愛着障害のルソー

愛着障害のなかでも、脱抑制性愛着障害や、程度は軽いが、不安型愛着スタイルの人は、一人で自分を支えることができず、これはと思う人には誰かれなく接近し、甘えようとする。 若き日のルソーには、明らかにそうした傾向があった。 自 […]
愛着障害をいかに克服していくか

愛着障害をいかに克服していくか

安全基地となる存在 愛着の原点は、親との関係で育まれる。 愛着障害は、そのプロセスで躓いている。 それを修復するには、親との関係を改善していくことが、もっとも望ましい。 親のなかには、子どもに問題が表面化したのを機に、自 […]
各愛着パターンと安全基地、愛着行動

各愛着パターンと安全基地、愛着行動

子どもの四つの愛着パターン これまで述べてきた、愛着に影響するいくつかの要素、すなわち、愛着が安全基地としてうまく機能しているか、ストレスに対してどういう愛着行動を示すか、によって、子どもの愛着のパターンはおおむね四つに […]
安全基地と愛着行動の活性化

安全基地と愛着行動の活性化

十分な安心が得られる「安全基地」が確保されていると、次第に「安全基地」から遠く離れていようと、あまり不安を感じることもなく、探索行動、つまり仕事や社会的な活動に打ち込めるようになる。 安全基地は、いざという時の避難場所で […]
安全基地と探索行動

安全基地と探索行動

愛着という現象は、対人関係のみならず、幅広い能力の発達にも関わってくる。 そこには、愛着のもう一つの特性が関わっている。 愛着の絆が形成されると、子どもは母親といることに安心感をもつだけでなく、母親がそばにいなくても次第 […]
あなた自身の中に安全基地は育める

あなた自身の中に安全基地は育める

不足が大きいほど、それを補うことは容易ではないのだが、その欲求はあまりにも切実なので、すべてを犠牲にしてでも、求めずにはいられない。 愛人を作って家庭を壊してしまったり、子どもやそれまでの人生を捨てて、新しい生き方を求め […]
離婚の傷を抱えた女性の愛着障害の克服

離婚の傷を抱えた女性の愛着障害の克服

澄美子さん(仮名)の父親は、とても優秀な弁護士だった。 母親との間に緊張感があることは感じていたが、澄美子さんには優しい父親で、父親は弁護士として、弱い者の味方として戦っていると信じていた。 それだけに、小学四年のとき、 […]
他者の安全基地となり愛着障害を克服する

他者の安全基地となり愛着障害を克服する

「書く」という行為も安全基地に 安全基地となってくれるサポート役になかなか出会えないという場合には、他の方法で安全基地の代わりを求めることも必要になる。 そうしたものとして有用なものの一つは、日記や文章を書くことである。 […]
安全基地ー愛着が安定している人の特徴

安全基地ー愛着が安定している人の特徴

課題を抱えている人が真剣に向き合おうと思ったときには、せっかくのチャンスを無駄にしないためにも、信頼できる専門家に助力を求めることをお勧めする。 費用がかかったとしても、長い目で見ると、もっと大きな損失や危険を避けること […]
安全基地を求めてー落とし穴や幻もある

安全基地を求めてー落とし穴や幻もある

愛着障害を克服できるかどうかは、安全基地となる存在に恵まれ、それがうまく機能しているかどうかだ。 そもそも愛着障害とは、親の愛情に恵まれなかった人に起きた、愛着の傷に起因する問題である。 そのことに気がついて、それを取り […]
愛着障害の克服

愛着障害の克服

人は変わる力をもつ 人はそれぞれ過去の体験から来る縛りやとらわれを抱えている。 ことに、幼いころの愛され方や親との関係は、強力にその人の人生を縛り、左右する。 しかし、同時に、人は大きな可塑性や成長する力を持っている。 […]
回避性愛着障害へのアプローチ

回避性愛着障害へのアプローチ

回避性愛着障害の人にカウンセリングは向かないのか? 回避型の愛着スタイルの人は、カウンセリングに乗りにくいとされる。 実際、カウンセリングにやってくるのは、圧倒的に不安型の愛着スタイルの人が多い。 しかし、最近は、回避性 […]
不安型(とらわれ型)愛着スタイルへのアプローチ

不安型(とらわれ型)愛着スタイルへのアプローチ

否定や批判に過剰反応する不安型(とらわれ型)愛着障害 不安型(とらわれ型)愛着障害の人は、自分が受け入れられているかどうか、相手に認めてもらえているかどうかに過敏である。 少しでも相手の反応がおかしかったり、いつもと違っ […]
安全基地が安全基地を呼ぶ

安全基地が安全基地を呼ぶ

子どもに問題が起きているという場合、母親自身が問題を抱えていたり、行き詰まっていたりすることが多い。 母親が安全基地として機能しないために、子どもをうまくバックアップできず、子どもが躓きやすくなっている。 子どもを元気に […]
べき思考が強いと、安全基地になれない

べき思考が強いと、安全基地になれない

べき思考が強いと、安全基地になれない もう一つ、よく出会う、「安全基地となることを妨げる要因」として、「~するべきだ」といった「べき思考」が強いことが挙げられる。 安全基地となり、愛着が安定する為の鍵の一つは、応答性であ […]
安全基地の妨げと愛着障害

安全基地の妨げと愛着障害

よかれと思って子どもを誘導すると、かえって遠回りになる 安全基地になることを妨げる、もう少し複雑な要因として、その人が抱えているコンプレックスや執着が絡むことで、共感的な応答を妨げてしまう場合がある。 学歴コンプレックス […]
安全基地のママ修業と愛着障害の克服

安全基地のママ修業と愛着障害の克服

敏腕女社長のママ修業 大学生の娘が情緒不安定で、リストカットをしたり、倍くらい年上の男性と隠れてホテルに行っているということで、母親が相談にやってきた。 母親は中堅規模の会社を経営している。 結婚してその娘を産んだが、家 […]
自分が主役になってしまう人は安全基地になりにくい

自分が主役になってしまう人は安全基地になりにくい

自分が主役になってしまう人 安全基地になりにくい典型的なタイプの一つは、本人を押しのけて、自分が主役になってしまうタイプだ。 このタイプの人は、とても自己愛が強く、自分が中心にいないと気が済まない。 もともとサポート役に […]
安全基地になった母と愛着障害の克服

安全基地になった母と愛着障害の克服

傷口にいきなり触れてしまう母親 大学院に通うニ十三歳の女性・恭佳さん(仮名)が、うつ状態や自傷を繰り返し、不安定になっていると、母親から相談があった。 愛着障害の恭佳さんはとても頑張り屋で、成績もよく、スポーツでも高校ま […]
安全基地の条件は無心になって聞く

安全基地の条件は無心になって聞く

余計な発言や助言より、無心になって聞く 安全基地になれない人の典型は、すぐに自分の意見や考えを言いたがる人である。 黙っていられないのだ。 誰もその人の意見など求めていないのに、勝手に分析や評価をしたり、助言や問題解決の […]
安全基地の条件、自分の言い分にとらわれる人も、ダメ

安全基地の条件、自分の言い分にとらわれる人も、ダメ

自分の言い分にとらわれる人も、ダメ 求めている時に、求めていることを返すという応答は、安全基地の大原則である。 求めれば、すぐそれに応えてもらえるとき、本人はわかってもらえていると感じ、相手への親しみや安心感、信頼を覚え […]
「求められたら応える」安全基地

「求められたら応える」安全基地

求められていないことは言わない 安全基地に求められる応答性とは、「求められたら応える」ということを基本にする。 ということは、それは同時に「求められていないことには応えない」ということでもある。 愛着関係が成立する最初の […]
素人にもできる、ズレを最小限にし、安全基地になる方法

素人にもできる、ズレを最小限にし、安全基地になる方法

素人にもできる、ズレを最小限にする方法 そんなふうに書くと、とても素人にはできそうにないことのように思われるかもしれないが、心理療法を学んだことがない人でも、ズレを少なくし、相手の気持ちに寄り添いやすくする方法を伝授しよ […]
カウンセラーの達人と安全基地

カウンセラーの達人と安全基地

安全基地となるためには、相手が求めていることを汲み取って、そこをはずさないように応えなければならない。 だが、現実には、相手の意図や気持ちを読み取り損なうということが、しばしば起きる。 相手の反応に無関心で、注意を払って […]
ミラーニューロンと安全基地

ミラーニューロンと安全基地

高い感受性と非言語的応答はリンクしている 応答性とは、単に応えるのではなく、相手が求めていることに応えることである。 相手が求めていることに応えるためには、相手が何を感じ、何を考えているのかを察知しなければならない。 調 […]
気分や仕草、声のトーンを合わせる安全基地

気分や仕草、声のトーンを合わせる安全基地

安全基地となることは、何も人間だけの特権ではない。 犬でも馬でも、母犬や母馬は、子犬や仔馬に対して、安全基地として振る舞っている。 つまり、難しい理屈や高い知能が、必ずしも必要なわけではない。 母犬が仔犬に対してどう振る […]
反応が遅いのは安全基地として大減点

反応が遅いのは安全基地として大減点

反応が遅いのは大減点 安全基地を必要とするときというのは、困っている時である。 助けを求めているのに、すぐに応えてくれなかったら、命にかかわるかもしれない。 泣いているのに、放っておかれたら、捕食動物にさらわれてしまうか […]
愛着障害の連鎖

愛着障害の連鎖

愛着障害の連鎖の心理 とくに相手が子供の時に言えることだが、安全基地になることを妨げる要因として非常に多いのは、親が叱り過ぎてしまっている状況である。 そしてじつは、このことは、大人にも当てはまる。 部下を叱り過ぎる上司 […]
安全基地

安全基地になるための原則

子どもの頃から、安全基地となってくれる親や身近な存在に恵まれた人は、それを自然に身につけることができる。 だが、そうした機会に恵まれなかった人は、安全基地となる能力に長けた人からサポートを受ける中でしか、安全基地になるこ […]
安全基地を教えるには、自身が安全基地でなければならない

安全基地を教えるには、自身が安全基地でなければならない

安全基地を教えるには、自身が安全基地でなければならない これまで見てきたように、子どもや配偶者に見られるさまざまな問題点―心身の症状や問題行動、社会適応の困難といったものを改善したいと思った時、最も大切で、かつ有効なこと […]
すべては、「安全基地になれるかどうか」にかかっている

すべては、「安全基地になれるかどうか」にかかっている

すべては、「安全基地になれるかどうか」にかかっている 愛着アプローチとは、安全基地としての機能を取り戻したり、一時的に肩代わりすることで、愛着システムの安定化を図り、それによって基本的安心感や対人信頼感、ストレス耐性や否 […]
発達障害の改善のカギは愛着障害の克服

発達障害の改善のカギは愛着障害の克服

発達障害も、改善のカギは愛着の安定化 今日、家庭でも学校でも身近な問題となり急増しているとされるのが、発達障害である。 晩婚化や出産の高齢化以外にも、近代的なライフスタイルに、発達障害を増加させる要因がひそんでいるようだ […]
愛着障害の克服が改善を決定する

愛着障害の克服が改善を決定する

安全基地をもてば、行動や情緒の問題も落ち着く 悲しいことだが、安全基地をもたない子どもは、様々な場面で、安定した愛着に恵まれた子どもより行動や情緒の問題を呈しやすく、「悪い子」として叱られ、制裁を加えられやすい。 彼らの […]
「悪いことをするから叱る」は親の言い訳

「悪いことをするから叱る」は親の言い訳

「悪いことをするから叱る」は親の言い訳 愛着の安定にとって、安全基地がいかに大切であるかをお話しするとき、ときどき聞かれる質問がある。 「子どもを叱らないで甘やかしていたら、余計手が付けられなくなるのではないですか」「悪 […]
安全基地をもつことは、「生きる意味」を得ること

安全基地をもつことは、「生きる意味」を得ること

安全基地をもつことは、「生きる意味」を得ること 生理学的にいえば愛着の安定化は、オキシトシン・システムを活性化し、抗不安作用や抗ストレス作用を高め、社会的機能や認知機能、活力や免疫力さえ増強することで、状態を改善するのを […]
愛着の改善は、広く問題の改善に役立つ

愛着の改善は、広く問題の改善に役立つ

愛着の改善は、広く問題の改善に役立つ 考えてみたら、愛着は、家族や配偶者、恋人との関係だけでなく、あらゆる対人関係にかかわってくる問題であり、たとえきわめて恵まれた環境で育ち、安定した愛着をもった人であっても、出会う相手 […]
愛着障害の男子学生の強迫症状の克服

愛着障害の男子学生の強迫症状の克服

高校二年生の男子生徒が強迫症状や不安症状のため勉強や学校生活に支障が出ていると受診してきた。 この愛着障害の男子生徒の強迫症状は、正確さにこだわってしまうというもので、文章を読んでいても、特定の語句の意味が曖昧にしかわか […]
社交不安障害、摂食障害の愛着障害の大学生

社交不安障害、摂食障害の愛着障害の大学生

大学四年生の女性・菜穂さん(仮名)が、過食と嘔吐が止まらず、うつもひどく、大学を休んでいると、母親とともに相談にやってきた。 父親は一流企業の研究所に勤めるエリートで、兄も一流大学を出てエリートの道を歩んでいる。 愛着障 […]
オキシトシンの作用と愛着、愛着障害

オキシトシンの作用と愛着、愛着障害

再発見されたオキシトシンの作用 ボウルビィは愛着を、単なる心理学的な結びつきというよりも、生物学的な仕組みだと考えた。 しかし、その仕組みがどのような生理学的なメカニズムによって支えられているのかが知られるようになったの […]
四つの愛着タイプとその要因と愛着障害

四つの愛着タイプとその要因と愛着障害

エインワースは、愛着タイプの分類をおこなうとともに、そうした愛着が生まれる要因について、母親の接し方がカギを握っていることを解明していった。 その後わかってきたことも含めて、各タイプの要因や背景について整理しよう。 「安 […]