対人恐怖症、社交不安障害の克服のいろは

対人恐怖症、あがり症、社交不安障害で悩むあなたへ。必ずそれらは克服できます。重度のあがり症・社交不安障害、対人恐怖症だった私がその克服方法をお教えします。

「愛着障害の克服」の記事一覧

いざ生きる

いざ生きる

人とのつながりには煩わしさが伴う。 人と関係をきちんともとうとすると、自分が何者であるかを明らかにせねばならないし、責任や失敗のリスクも生まれる。 そんな面倒を素通りして、つながりをもたずに暮らすことは、気楽で、安全な生 […]
宮崎駿は、いかに回避を脱したのか

宮崎駿は、いかに回避を脱したのか

『風の谷のナウシカ』『魔女の宅急便』などの傑作アニメで世界的にも評価の高い宮崎駿監督は、幼いころは、とても引っ込み思案で神経過敏な少年だった。 本を読むのと絵を描くのが好きな少年は、同じ服を好み、着る服が変わることにさえ […]
自分の人生から逃げない

自分の人生から逃げない

逃げるのではなく、面倒事にも自分から飛び込んでいくという攻めの姿勢に転じることが、回避からの脱却において決定的な意味を持つ。 そして、そこで起きることは、自分の責任を引き受け、自分の人生を自分の意思と決断で生きようとする […]
同じ傷をもつがゆえに

同じ傷をもつがゆえに

同じ傷を持つとは 同じ傷を持つ心理 回避型か不安型かにかかわらず、愛着障害の人の結婚でよくみられるのは、愛着の傷を抱えた者どうしが、その場を共有するがゆえに結ばれるというケースである。 エリクソン夫妻も、そうした一例だが […]
弱点も補い合える

弱点も補い合える

エリク・エリクソンの場合、ジョアンナ・サーソンとの結婚は、今で言う「できちゃった婚」であった。 ジョアンナから妊娠を告げられたとき、エリクはまさに青天の霹靂で、すっかり尻込みしてしまった。 結婚などまったく考えておらず、 […]
運命の声に従う

運命の声に従う

運命の声に従うとは 運命の声に従う心理 回避から脱することは、人生に主体性を取り戻すことである。 しかし、人生とは、何もかも自分の力で決められるほど単純なものではない。 自分の身に起きていることのほとんどは、自分の意思と […]
世話をすること、働くこと、愛すること

世話をすること、働くこと、愛すること

世話をすること、働くこと、愛することとは 世話をすること、働くこと、愛することの心理 愛着は、生物学的な仕組みでもある。 頭でいかに問題を理解しても、それだけでは改善につながりにくい。 それよりも、生き物として、哺乳類と […]
認知行動療法とマインドフルネス

認知行動療法とマインドフルネス

認知療法や認知行動療法といった治療法の存在が、一般にもよく知られるようになった。 うつや不安の改善だけでなく、パーソナリティや対人関係の偏り、嗜癖的な行動の修正にも、こうした治療法が広く使われるようになっている。 認知療 […]
受容と励ましのバランス

受容と励ましのバランス

心に受けた傷や親からの支配が強ければ強いほど、それを味わった期間が長ければ長いほど、その影響を脱するには、根気のいる作業が必要になる。 人は、自分が受けた傷から回復しようとする本能的な欲求をもっている。 安心感が保証され […]
愛着の傷を癒す

愛着の傷を癒す

愛着の傷を癒すとは 愛着の傷を癒す心理 回避型の愛着スタイルも含め不安定な愛着スタイルは、愛着が傷を受けたことから始まっている。 その起源を思い出すことが困難な場合も多いのだが、ある時期までは、安定した愛着を形成していた […]
自分を縛っているものを自覚する

自分を縛っているものを自覚する

こうした振り返りと再体験のプロセスを経る中で、自分を回避へとむかわせていた外傷的体験の記憶がよみがえってくるとともに、さらにその根底にあった親との不安定な愛着という問題が自覚されるようになる。 ただ、こうした作業は、往々 […]
主体性と責任の回復

主体性と責任の回復

無気力で、投げやりになっている状態。 それは、主体性を奪われた結果、自分に対する責任を放棄している状態である。 回避型愛着スタイルの人が自分の人生から逃げているときも、同じことが起きている。 その場合、主体性と責任を回復 […]
安心感と関心の共有が心の扉を開く

安心感と関心の共有が心の扉を開く

回避型愛着スタイルの人は、他人との接点が少なく、どく限られている。 だが、まったく接点がないわけではない。 回避型愛着スタイルの人の場合、外との窓口の役割を果たしているのが興味の領域である。 そのため、興味を共有すること […]
いなくなっても心の中に存在し続ける

いなくなっても心の中に存在し続ける

書道家の武田双雲さんが、ご自分の子ども時代について語っている。 双雲さんは、一風変わった子どもだった。 他の子どもとは違うことに夢中になってしまったり、教師に気になったことを質問して授業を止めてしまうようなこともあった。 […]
心の安全基地

心の安全基地

カウンセリング、認知行動療法、対人関係療法など、さまざまな心理技法や治療法がある。 同じ技法をもちいても、それを行なう人や、それを受け取る人によって、良くなる場合もあれば、あまり効果がなかったり、逆に悪化してしまう場合も […]
同好会を活用する

同好会を活用する

回避型の人は、たわいないおしゃべりをしたり、身の上話をしたり、社交のための社交をしたりということは苦手である。 そうした単なるつきあいには関心をもちにくいが、趣味や関心を共有できる仲間とのつきあいなら、このタイプの人にと […]
情報通信依存を脱する

情報通信依存を脱する

情報通信依存とは 情報通信依存を脱する心理 今日、回避のワナに陥っている人の多くに共通する深刻な問題は、情報通信依存、画面依存である。 総称してメディア依存と呼んでおこう。 かつて人々は、現実生活を回避して、内的な生活に […]
必要は行動の母

必要は行動の母

治療的に行うのがエクスポージャーや森田療法であるが、現実の生活の中で、これらと同じことが起きることがある。 それは、いわば必要に迫られてショック療法てきな体験をすることである。 ドトールコーヒーを一代で築き上げた鳥羽博道 […]
森田正馬

森田正馬

回避が症状によって強化され、完成されると、回避のループから抜け出せなくなる。 しかし自ら症状に正面から向き合おうとすれば、症状の呪縛を解くだけでなく、不安から回避するという悪循環を打破するチャンスも生まれる。 そのことを […]
高すぎる期待値を下げるー回避型愛着スタイル

高すぎる期待値を下げるー回避型愛着スタイル

回避の壁には、心が生み出した恐怖と同時に、もう一つ重要な要素がある。 それは、期待や理想の高さである。 これが、失敗に対する不安や恐れを強め、回避の壁を高くしてしまうのだ。 学校や仕事に行けなくなっている人に多いのは、た […]
回避を突破する

回避を突破する

回避している状況は、砦の中にこもっているのに似ている。 周囲に高い壁を築き、その中にいることで自分を守っているつもりだが、実際にはそこから出られなくなっている。 傷ついた心が生み出した恐怖の幻影によって、壁が乗り越えがた […]
カール・ユングの場合

カール・ユングの場合

回避を脱する上でカギを握るのは、自分が問題から逃げていることに気づき、もう逃げないと覚悟を決めることである。 立ちはだかっている課題に向かっていこうと決心することである。 後に精神医学の世界的大家となるカール・ユングは、 […]
傷ついた体験を語る段階

傷ついた体験を語る段階

回避を脱するということは、人生に主体性を取り戻すということとほぼ同義である。 そのための第一歩は、避けている問題に向き合い、そのことについて語ることである。 それは、本来の回復のために、避けては通れない不可欠な段階である […]
愛着を支える生物学的仕組み「オキシトシン」

愛着を支える生物学的仕組み「オキシトシン」

ここ数十年、愛着というものが軽視されてきたのは、それがいわば動物的で原始的な感情であり、栄養や教育、経済的豊かさといった近代的な課題に比べれば、単なる心理的な問題で、大して重要でないと考えられた為であった。 すなわち、人 […]
回避型愛着スタイルの克服

回避型愛着スタイルの克服

現代人に広がる回避型愛着スタイル 人と親密になるのを避けてしまう、一人の方が気楽、結婚や子どもをもつことに消極的、責任や束縛を嫌う、傷つくことに敏感、失敗を恐れる・・・。 そういった特徴をもつ人が急増していると言われてい […]
愛着障害の克服でのアイデンティティの獲得と自立

愛着障害の克服でのアイデンティティの獲得と自立

愛着障害を克服するということは、一人の人間として自立するということである。 ここでいう自立とは、独立独歩で人に頼らないという意味ではない。 必要な時には人に頼ることができ、だからといって、相手に従属するのではなく、対等な […]
愛着障害の克服には人を育てる

愛着障害の克服には人を育てる

愛着障害を克服していく過程でしばしば観察される現象の一つに、自分が親代わりとなって、後輩や若い人達を育てる役割を担うということがある。 愛着障害の人は、いわば親にうまく育ててもらえなかった人である。 それゆえ愛着障害を克 […]
愛着障害の克服での自分が自分の「親」になる

愛着障害の克服での自分が自分の「親」になる

親の保護や導きも期待できず、親代わりの存在も身近にいないという場合、愛着障害を克服する為の究極の方法は、「自分が自分の親になる」ということである。 ある女性は、大学生のとき、何かに躓くととたんに自己嫌悪にとらわれ、落ち込 […]
愛着障害の克服での否定的認知を脱する

愛着障害の克服での否定的認知を脱する

愛着障害がある人の人生を困難なものにする重要な要因の一つに、否定的認知にとらわれやすいことが挙げられる。 愛着障害の人は、親から肯定的な評価を受けられなかったことが多く、それが他の人との関係にも尾を引き、自分に対して、あ […]
愛着障害の克服での社会的、職業的役割の重要性

愛着障害の克服での社会的、職業的役割の重要性

愛着障害を抱えた人がそれを克服する為に、安定した愛着スタイルばかりを課題として追い求めることは、必ずしも得策でない。 それよりも、自分がやるべき役割を担い、それを果そうとして奮闘するうちに、まず周囲の人との関係が安定する […]
愛着障害の克服―スティーブ・ジョブズのケース

愛着障害の克服―スティーブ・ジョブズのケース

若い頃のスティーブ・ジョブズは非常に多動で、反抗的で戦闘的で、傍若無人であった。 愛着障害を抱えた人の典型的な特徴を示していたと言えるだろう。 愛着障害だったジョブズは、損得に敏感だった。 何も信じることができない彼が唯 […]
愛着障害の克服―クリントンのケース

愛着障害の克服―クリントンのケース

[義父と和解したクリントン] 愛着障害だったビル・クリントンは、子どもの頃、酒を飲んでは母親に暴力をふるう義父を憎み、「出て行け」と迫ったこともある。 実際、一度は義父と母親の離婚が成立した。 だが、そのとき愛着障害のク […]
愛着障害の克服での過去との和解

愛着障害の克服での過去との和解

愛着障害を克服する過程として、「過去との和解」という段階が認められる。 愛着対象へのネガティブなとらわれを脱し、自己肯定感を取り戻すためにも、この段階は非常に重要な意味を持つように思える。 自分を否定し、虐げていた親や自 […]
愛着障害の克服での怒りが赦しに変わるとき

愛着障害の克服での怒りが赦しに変わるとき

過去の傷と向かい合う段階を徹底的に進めていくと、ある時期から変化がみられるようになる。 否定的なことばかりを語り尽くした後で、楽しかった経験や親(や養育者)が自分のために骨を折ってくれたことをふと思い出して、「そういえば […]
愛着障害の克服における傷ついた体験を語り尽くす

愛着障害の克服における傷ついた体験を語り尽くす

愛着の傷を修復するためには、安全基地を確保し、子どものころの不足を取り戻したり、周囲に受け入れられるといった共感的、体験的なプロセスとは別に、もう一つのプロセスが必要である。 それは言葉を介した、認知的なプロセスである。 […]
愛着障害の克服の依存と自立のジレンマ

愛着障害の克服の依存と自立のジレンマ

愛着障害を抱えた人が良くなっていく過程において、その傷が深いほど、自分を支えてくれる人に甘えようとする一方で、反抗的になったり困らせたりするのが目立つようになる時期がある。 わざと無視したり、怒りを示したりすることもある […]
愛着障害の克服における遊びがもつ意味

愛着障害の克服における遊びがもつ意味

川端の「子ども心の回復」という願望は、愛着障害を癒やす方途として、一つのヒントを与えている。 実際、愛着障害を抱えた人は回復していく過程で、子ども心を取り戻すという段階を経験する。 ウィニコットやエリクソンのような、愛着 […]
ままごと遊びと子供心と愛着障害からの回復

ままごと遊びと子供心と愛着障害からの回復

愛着障害だった川端康成が「自分には子ども心がわからないので、親になるのが怖い」と述べていると述べているが、愛着障害を修復する一つの手立てとして、まさに愛着障害だった川端のいう「子ども心」を取り戻すことが、鍵をにぎるように […]
愛着障害の克服には幼い頃の不足を取り戻す

愛着障害の克服には幼い頃の不足を取り戻す

愛着障害の修復過程は、ある意味、赤ん坊のころからやり直すことである。 私たちはよく「子どものころからやり直したい」とか「幼稚園からやり直してこい」などと口にするが、そこには、深い真実が含まれている。 実際に、愛着障害を抱 […]
良い安全基地とは

良い安全基地とは

では、良い安全基地となるためには、何が大事なのだろう。 一つは、安全感を保証するということである。 これが最も重要なのは言うまでもない。 愛着の問題を抱える人にとって、一緒にいても傷つけられることがないというのが、最優先 […]
安全基地を求めてさまよい続けた愛着障害のルソー

安全基地を求めてさまよい続けた愛着障害のルソー

愛着障害のなかでも、脱抑制性愛着障害や、程度は軽いが、不安型愛着スタイルの人は、一人で自分を支えることができず、これはと思う人には誰かれなく接近し、甘えようとする。 若き日のルソーには、明らかにそうした傾向があった。 自 […]
愛着障害をいかに克服していくか

愛着障害をいかに克服していくか

安全基地となる存在 愛着の原点は、親との関係で育まれる。 愛着障害は、そのプロセスで躓いている。 それを修復するには、親との関係を改善していくことが、もっとも望ましい。 親のなかには、子どもに問題が表面化したのを機に、自 […]
愛着障害を乗り越えた存在のもつ力

愛着障害を乗り越えた存在のもつ力

通常の対人関係においては、安定型の愛着スタイルの人どうしがパートナーになった方が、物事はうまく運びやすい。 逆に、不安定型の愛着スタイルの人同士が関わりあうと、些細なことから大きなトラブルになり、状況が混迷しやすい。 不 […]
なぜ彼らは愛着障害の回復を生じさせたのか?

なぜ彼らは愛着障害の回復を生じさせたのか?

優れた臨床家というのは、精神分析であれ、認知(行動)療法であれ、他の心理療法であれ、この関門を開け、それを維持する何かをもっている。 それは、こうした治療の方法自体とは別の何かである。 治療の本体とされる部分ではなく、も […]
精神分析が愛着障害を悪化させるのは

精神分析が愛着障害を悪化させるのは

境界性パーソナリティ障害など重いレベルの精神疾患の場合、精神分析療法が逆に症状を悪化させてしまう危険があるということは、精神医学の歴史における一つの苦い教訓であった。 その理由の一つとして、境界性パーソナリティ障害では、 […]
なぜ愛着障害には従来型の治療は効果がないのか

なぜ愛着障害には従来型の治療は効果がないのか

難しいケースほど、心理療法や認知行動療法が効かない理由 多くの精神科の治療家や心理療法家が、痛いほど経験してきたことであるが、難しいケースほど、カウンセリングや通常の認知行動療法では、なかなか効果が得られにくい。 得られ […]
母親以外と関係する愛着スタイルと愛着障害

母親以外と関係する愛着スタイルと愛着障害

愛着や愛着障害について主として論じられてきたのは、母親との間の問題であった。 実際、母親の不在や機能不全は、愛着障害のもっとも大きなリスク要因となり、その後の愛着スタイルだけでなく、発達全般に影響を及ぼしやすい。 しかし […]