対人恐怖症、社交不安障害の克服のいろは

対人恐怖症、あがり症、社交不安障害で悩むあなたへ。必ずそれらは克服できます。重度のあがり症・社交不安障害、対人恐怖症だった私がその克服方法をお教えします。

「対人恐怖症、社交不安障害の克服の考え方」の記事一覧

人間を磨くとは

人間を磨くとは

人間を磨く唯一の方法は、人間と向き合うこと 人間を磨き、人間力を高めるための道は、古典を読むことでもない、山に籠もって修行することでもない。 日々の仕事と生活において、縁あって巡り会った人間と正面から心を開き、向き合うこ […]
その出会いについてよりよく考える

その出会いについてよりよく考える

和解できない人と和解できる心の技法 人生には、どう振り返ってみても、簡単に「和解」する心境になれない人物との出会いもある。 例えば、逃げ出したくなるほど過酷だった上司、仕事のミスで何時間も罵倒された顧客。 例えば、信じて […]
別れても心の関係は絶やさない

別れても心の関係は絶やさない

愛情とは関係を断たないこと 我々の人生においては、必ず、他人との不和や不信、反目や反発、対立や衝突がある。 例えば、友人との喧嘩、恋人との破局、親戚との反目、家族の離別、同僚との不和、上司への不信、部下の反発、隣人との口 […]
言葉は怖い、言葉の力を活用する

言葉は怖い、言葉の力を活用する

嫌悪の言葉が嫌悪の感情を引き出す恐怖 言葉の使い方を誤ると、嫌いな人を、ますます嫌いになっていく。 また、言葉の力を活かすと、逆に、嫌いな人でも、好きになっていく。 その意味である。 では、なぜ、そうしたことが起こるのか […]
その相手を好きになってしまおうと思う

その相手を好きになってしまおうと思う

嫌いな人を好きになれる理由 人生においては、なかなか好きになれない人がいる。 その「感情の問題」は、どうしようもない。 しばしば、そういう声を聞く。 では、誰かを「好きになれない」ということは、「感情の問題」なのだろうか […]
小さいエゴを見つめる

小さいエゴを見つめる

自分の欠点を認められない理由 日々の人間関係の中で人間を磨いていく、心の技法は、 心の中の「小さいエゴ」を見つめる である。 なぜなら、我々の心は、しばしば、「自分の非を認められない」という状況になるからである。 そして […]
自分の方から声をかけよう

自分の方から声をかけよう

可愛げが欠点を救ってくれる理由 人間関係においては、表情や眼差し、仕草や身振り、態度や雰囲気などの「言葉以外のメッセージ」が、言葉以上に多くのことを伝えるために、ただ心の中で自分の非を認めるだけで、それが相手に伝わり、人 […]
心の中で自分の欠点を認める

心の中で自分の欠点を認める

非を改め、欠点を無くすことができれば、人から好かれる訳ではない 心の中で自分の欠点を認める。 しかし、こう述べると、早速、読者から疑問の声が挙がるだろう。 「欠点を認める」のではなく、 「欠点を改める」のではないか? た […]
人間関係が上手くいく方法

人間関係が上手くいく方法

人間を磨く=欠点の無い人間を示すことではない 「人間を磨く」という言葉。 それは、誰もが惹かれる言葉であろう。 昔、人生論の古典などを読むと、「生涯を賭けて人間を磨き、人格の完成をめざす」といった言葉が心に響き、そうした […]
悲しみから守ること

悲しみから守ること

親友の夫が心臓発作で急死した。 急いで彼女の家に駆けつけると、なんとか慰めようと、みんなが集まっていた。 だが、彼女はすすり泣いて、夫が喫煙をやめなかったこと、運動をしなかったことを愚痴るだけだった。 悲しんだり、腹を立 […]
人を救おうとしてしまう

人を救おうとしてしまう

ある時、頭も性格もよかった人が高校を中退した。 以来、大した仕事にもつけず、仕事自体がないときもあり、酒のうえのトラブルも絶えなかった。 母親は自宅に同居させ、借金を肩代わりし、留置場から救い出すということを繰り返してい […]
お節介なアドバイスの心理

お節介なアドバイスの心理

買ったばかりの中古車のエンジンの調子が悪くて、両親が困っていた。 そこで、自分がいつも頼む修理工場に持っていくようにアドバイスしたところ、部品代をぼられたうえ、よけいな修理までされたという。 実の親でなかったら、二度と口 […]
相手を傷つけないための嘘

相手を傷つけないための嘘

ある日、上司から新しい同僚を紹介された。 午前中はお互い別の仕事をするが、午後はずっと隣り合わせで財務報告書の調査をしなくてはならない。 相手は胃でも悪いのか、強い口臭にすっかりまいってしまった。 だが、よく働く気のいい […]
言いがかりを真に受けてしまう人の対処法

言いがかりを真に受けてしまう人の対処法

井戸端会議で一人の友人のことを、彼はどんな人とでもうまくやっていける人間だとうわさする。 偶然その場に居合わせた共通の友人がその人物評を小耳にはさみ、翌日、話に尾ひれをつけて、まるであなたが彼には気骨がないと言っていたか […]
怒りを抑え込むとは?怒りの解消法

怒りを抑え込むとは?怒りの解消法

怒りを抑え込む 自分が手にするはずだった多額の手数料を、上司に横取りされた。 はらわたが煮えくり返る思いがするが、口に出しては何も言わない。 抑え込んだ怒りを会社から家庭に持ち帰り、夕食のときあらいざらい妻にぶちまける。 […]
自己主張の適切な方法

自己主張の適切な方法

自己主張とは、自分の思っていることを相手に渡す事であり、何が起きているか、責任を明確にすることだ。 自己主張が苦手な人、といっても、会社の上司や友達になど場面によってその度合いは様々であるが、それによって気分を落としてい […]
自分の要求を言う大切さ

自分の要求を言う大切さ

世間一般の人間関係の中の問題 都会には、自分が何をしたいかを要求せずにいると、その沈黙のためにこちらが大なり小なり犠牲を払うはめになる人間関係が少なくとも5パターンある。 赤の他人 繁華街の店員、離れた都市で食事する際の […]
いい人の人付き合いの心理

いい人の人付き合いの心理

ある少年の父は年をとるに従って、ジョークやお気に入りの昔話を繰り返すようになった。 子どもたちが学校帰りに寄るお菓子屋の、グリーンおじさんの話は、とくに何度も聞かされた。 ―ある日、「グリーンおじさんがサワーボール(すっ […]
がんばり過ぎないために生活をコントロールする

がんばり過ぎないために生活をコントロールする

よく考えてから引き受ける 100パーセント、自分ひとりで時間を使える人などいない。 がんばりすぎる人はとくに、人のために使う時間が多いはずだ。 その癖を直していこう。 すぐにイエスと言う必要はない 誰かに助けを求められて […]
がんばりすぎない人生プラン

がんばりすぎない人生プラン

仕事を背負い込まない生活づくり 自分を受け入れ、そのままの自分を評価して自尊心を高くもてれば、上手に時間を管理して釣り合いのとれた生活を送ることは、以前ほど難しくなくなるだろう。 とはいえ、まだ簡単ではないかもしれない。 […]
劣等感からがんばりすぎる人

劣等感からがんばりすぎる人

がんばりすぎるとどうなるか 意識するしないにかかわらず、がんばりすぎを長期に続けていると体はダメージを受ける。 いずれストレスによって体のバランスは崩れ、忘れっぽくなったり、夜眠れなくなったりする。 ボールを空中にたくさ […]
自分も他人も受け入れる

自分も他人も受け入れる

まず受け入れられていることを知る 愛のレンズで人生を見たとしよう。 言い換えれば、人生において、罰を下すような判断や拒絶でなく、受け入れるほうを選ぶのだ。 生まれたばかりの赤ん坊をあやす、両親のうれし涙を見たことがあるだ […]
無条件の愛と条件付きの愛

無条件の愛と条件付きの愛

完璧主義者をやめる 完璧主義者をやめると決めたなら、自分の人生を築く別の方法を見つけなければならない。 誰かを喜ばせたり、自分もいい気分にひたったり・・・というのはなかなか両立しないと早く理解しよう。 これは間違いだし、 […]
完璧主義を止める

完璧主義を止める

なぜ完璧主義になるのか 完璧主義をやめるには、まず「私たちは本質的に社会的な存在だから、その癖は社会現象」だと理解しよう。 他者との関係を通して人格という重要な面を満たすのだから、私たちはみんな社会的存在なのだ。 もちろ […]
失ってわかるもののありがたさ

失ってわかるもののありがたさ

失ってわかるもののありがたさとは 雨の日があって晴れる日があるから、晴れる日がよい。 それが神経質者にはわからない。 ただ神経質者は、晴れているのになぜかつらい。 彼らはステーキしか知らない。 ところがあるとき病気になる […]
感謝の気持ちを持つことの大切さ

感謝の気持ちを持つことの大切さ

感謝の気持ちとは 感謝の気持ちは人間関係の絆を強める。 ここが大切なところである。 感謝の気持ちをもつことで、お互いを認め合う気持ちも強くなる。 そしてその感謝の気持ちをあらわすことは心の深いところでのコミュニケーション […]
完璧主義を解消する心理

完璧主義を解消する心理

完璧主義とは 完璧主義を親から刷り込まれたことから始まる 母親は子どもに人生の土台を与えることができる。 ただそれは情緒的に成熟した母親である。 情緒的に成熟した母親は子どもを愛し、そして生きることの土台をつくってやる。 […]
敏感性性格のくやしさの心理

敏感性性格のくやしさの心理

敏感性性格のくやしさとは 無気力的傾向の者にとって耐え難いのは、やはり損失ということである。 それは所有と喪失ということをめぐって心が動いているからである。 所有欲が強ければ強いほど、損失はそれだけ耐え難い。 美しい風景 […]
利己主義者に対する悔しい心理と解放

利己主義者に対する悔しい心理と解放

利己主義者に対する悔しい心理とは 悔しさは利己主義者とは対極にある 悔しくて、悔しくて眠れない夜がある。 なかなか寝付けない。 しつこい嫌がらせをされて気がおかしくなりそうになる。 事実無根の悪口をいいふらす、どうしても […]
敏感性性格の解消

敏感性性格の解消

敏感性性格とは 敏感性性格者は利己主義者に主導権を渡してしまう 皆が自分の心の中の願いや怒りを理解してくれるのを黙って待っている人は、あまりにも甘えている。 また自分を知らせる努力をしないで、誰も自分をわかってくれないと […]
敏感性性格からの解放

敏感性性格から解放する

敏感性性格とは 敏感性性格が人間関係に与える影響 職場の人間関係などでも、伝導能力のある人とない人とでは、いったんこじれたりすると尾の引き方が違う。 また人間関係をうまくやっていけるかどうかも全然違ってくる。 職場で同僚 […]
失敗からの学びで高尚、低俗を超えた自由になれる

失敗からの学びで高尚、低俗を超えた自由になれる

失敗の高尚や低俗とは 失敗から学べば高尚でも低俗でもない自由になれる 人間はある体験をし、ある印象を得る。 悲しんだり喜んだりする。 それらの体験にともなって、心の内部ではいろいろな感情活動が行われる。 しかし人間は、生 […]
控えめな人がのびのびと生きる心理

控えめな人がのびのびと生きる心理

控えめな人とは 控えめな人はくやしい人 我慢を強いられた人の「くやしい!」という叫びは攻撃的であるが、同時に助けを求めている。 助けを求める手段が「くやしい!」という叫びである。 目的は、「自分をもっと愛してほしい」であ […]
物事は場合によって丸く収めなくてもいい

物事は場合によって丸く収めなくてもいい

丸く収めるとは 日本の社会ではよく、「まるくおさめる」ということが尊ばれる。 ことは荒だてないほうがいいとされる。 私だってできればそのほうがいいと思っている。 しかしなにを犠牲にして、誰の犠牲においてことが丸くおさまっ […]
平和に仲良くゆずる人の裏側

仲良く平和にゆずる人の裏側

仲良く平和にゆずる人の裏側にはさまざまな事情や感情がひしめき合っている なにかにつけて「ゆずる」人がいる。 そしてなにかにつけてゆずる人のまわりにいる人は、その人がゆずるのを当然のように振る舞いはじめる。 小さい頃の家族 […]
敏感性性格からの解放

敏感性性格からの解放

敏感性性格とは 敏感性性格の人は小心者で人付き合いが怖い 敏感性性格者とは小心なくせに野心は人以上に強いという人です。 人一倍臆病であり、そちらかといえば、きわめて狭い世界に生きていながらも、名誉欲のほうは人並み以上に強 […]
相談できない悩みを打ち明ける

相談できない悩みを打ち明ける大切さ

相談できない悩みを打ち明けるとは 迷いや悩みを打ち明ける 相談できない悩みを打ち明けるとは、自分も他人も信じる勇気を持つことである。 活発な精神内部の活動があるにもかかわらず、それが外部に向かった行為によって発散されず、 […]
他人の言動に惑わされる

他人の言動に惑わされない

他人の言動が気になるとは なぜ他人の言動が気になるのか 他人が自分のことをなんとも思っていないのに、「自分のことをどう思っているだろう」と気にする人は、その心の底に、他人に特別にあつかってもらいたいという欲求があるような […]
ナルシストとは?ナルシストからの解放の心理

ナルシストとは?ナルシストからの解放の心理

ナルシストとは ナルシストの傷つきやすい思考を理解する ナルシストはこんなムダな努力で疲れてしまう ナルシストとは他人に悪く思われないように、他人に低く評価されないように、自分が傷つかないように、ただそんなことばかりに気 […]
ショックな出来事からの回復

ショックな出来事からの回復

ショックな出来事とは ショックな出来事から日常を取り戻すことの大切さ 日常には、死別や離婚など強いショックな出来事があります。 そのショックな出来事から立ち直るため、ここで「まずは日常を取り戻してから、現実的な行動をとる […]
衝撃での強い孤独感のひとりぼっち

ショックな出来事で強い孤独感のひとりぼっち

ショックな出来事で突然のひとりぼっちとは パートナーの不貞・裏切りでひとりぼっち ここでは突然のショックな出来事などによって心がひどく傷つき、ひとりぼっちをつらく感じる時期について見ておきましょう。 日常を襲う突然の出来 […]
ひとりぼっちは与えることで楽になる

ひとりぼっちは与えることで楽になる

ひとりぼっちとは 独身のひとりぼっちのまま年齢を重ねる不安への対処法 ひとりぼっちがつらいと感じる具体例をいくつか挙げて、対処法を探っていきます。 現代社会では、さまざまな原因からひとりぼっちでいる不安を感じがちです。 […]
安心や感謝を与えることで安心や感謝が返ってくる

安心や感謝を与えることで安心や感謝が返ってくる

与えると返ってくるとは 「与える」とは自己犠牲的な姿勢ではない 孤独を「何か」で満たそうとしても「もっと、もっと」となるばかりで、かえって孤独になってしまいます。 なぜかと言うと、何かを得ようとするときには、常に「足りな […]
何かとつながるありのままの自分

何かとつながるありのままの自分

何かとつながるありのままの自分とは 何かとつながるありのままの自分でいると生きるのが楽になる 「ありのままの自分」が「つながっている」と感じるとき、人は孤独から解放され、「ひとり」が怖くなくなります。 ここでは「ありのま […]
つながりを感じればひとりは孤独じゃない

つながりを感じればひとりは孤独じゃない

つながりを感じるひとりとは 自分の身体を感じると、孤独が消える 「世界」との「つながり」はすでに存在していて、つながるための視点として「他人・自分・今」という3つがあり、その中でも「今」とのつながりは、自分という概念を消 […]
他人の目が気になる心理と対処法

他人の目が気になる人は他人との接し方を変える

他人の目が気になるとは 他人の目が気になる様々な事情 「ひとりでいることが他人からどういう目で見られるか」ということがとても気になる方には、「それぞれの人には事情がある」ということを、頭に入れておいていただければと思いま […]
人恋しいとは?人恋しい心理と対処法

人恋しいとは?人恋しい心理と対処法

人恋しいとは 人恋しい人はひとりになるのが嫌だ 人恋しいとは他人に依存してしまっている状況を言います。 人間は社会的な生き物ですから、基本的には人との関係の中で、お互いに影響を与え合いながら生きています。 完全にひとりで […]
群れる人とは?群れる人の心理

群れる人とは?群れる人の心理

群れる人とは 群れるのは思春期の一過程 基本的に、思春期は群れる時期です。 思春期の役割とは、それまでは絶対的な存在だった親に反発し、親との間に距離を作り、自分なりの価値観や自分なりの対人関係を育てることだからです。 こ […]
ひとりぼっちが辛いとは

ひとりぼっちが辛いとは

ひとりぼっちが辛いとは ひとりで外食(ぼっち飯)ができない ひとりぼっちを苦痛に感じる顕著な例として、外での食事があります。 もちろん、「ひとりで食事をすることのどこが問題なの?」と思う人もいるでしょう。 しかし、「ひと […]