対人恐怖症、社交不安障害の克服のいろは

対人恐怖症、あがり症、社交不安障害で悩むあなたへ。必ずそれらは克服できます。重度のあがり症・社交不安障害、対人恐怖症だった私がその克服方法をお教えします。

「人と接するのがつらい人へ」の記事一覧

ひきこもりの本当の姿をとらえる

ひきこもりの本当の姿をとらえる

ひきこもりの実態 数字で見るひきこもりの実態 ひきこもりの実態について少し数字をあげて説明します。 「全国ひきこもりKHJ親の会・東海」の調査では、ひきこもりの人の兄弟姉妹の中で、一番多いのは長男でおよそ60%にのぼる。 […]
日本人のひきこもり

日本人のひきこもり

ひきこもりは日本独特の現象だった 「ひきこもり」を生む日本の特質とは 日本でいう「ひきこもり」は、今では英語圏でもローマ字で「Hikikomori」と書くことで通じるようになっている。 アメリカにおいて「Hikikomo […]
日本人のひきこもり

ひきこもりとは

ひきこもりを正しくとらえる ひきこもりを定義する 最近では「ひきこもり」という言葉は、かなり一般に知られている。 ひきこもりの青少年による犯罪が相次いで起こり、マスコミを通じて広まったからである。 ひきこもりの子どもを持 […]
自分は変えられる

自分は変えられる

自己物語の文脈による支配 人は自己物語の文脈に支配されている 人は物語的文脈のもとで現実と触れ合って生きている。 裸の現実を体験するなどということはなく、体験されるのは、物語的文脈に沿って意味づけられた出来事である。 意 […]
言い訳が自己物語にもたらす影響

言い訳が自己物語にもたらす影響

言い訳が自己物語に影響する効果 その場しのぎの言い逃れ 遊園地に行けば、迫力あるジェットコースターの類が必ずいくつかあるものだ。 キャーキャー楽しそうな悲鳴が聞こえる。 心理学の実験によれば、ジェットコースターでスリルを […]
自己物語を肯定するカウンセリング

自己物語を肯定するカウンセリング

カウンセリングの必要性 人とかかわるのを避けるとき 語り合う仲間がいないため、社会的承認を得た自己物語をもたない場合、どうしても人とのかかわりを避けがちとなる。 不登校の相談に来た大学生にも、人とのかかわりがスムーズにい […]
語ることと聞くことで自己物語をつくる

語ることと聞くことで自己物語をつくる

語り手と聞き手の条件 妄想は、聞き手に納得されない経験 いつもだれかに見張られている、誰かが自分の後を尾行している―、そんな訴えをする人に出会うと、たいていの人は妄想に違いないと判断するだろう。 もちろん、その訴えを聞い […]
自己物語は独りよがりじゃない

自己物語は独りよがりじゃない

自己物語の破綻 モラトリアム時代の倦怠感 モラトリアムの時代と言われるようになって久しい。 モラトリアムとは、もともとは支払猶予期間という意味の経済用語であったらしいが、精神分析学者エリクソンが心理・社会的モラトリアムと […]
自己物語が変わると世界もひっくり返る

自己物語が変わると世界もひっくり返る

自己物語が変わるとは 人生の意味がわからない 「人生の意味とは何か?」などと改めて口にすると、浮世離れした哲学じみた議論に聞こえるかもしれないが、じつはこれはだれもがたえず自分自身に問いかけていることでもあるのだ。 もっ […]
自己物語の作られ方

自己物語の作られ方

自己物語の心理と行動の繋がり 言葉が心の現象に形を与える たとえば、中年期の危機という現象がある。 就職して仕事に慣れ、できることがどんどん増え、世界が広がり、地位が上がったり、給料が上がったり、といった上昇基調できたの […]
自己物語というアイデンティティの構築

自己物語というアイデンティティの構築

自己物語が描けないアイデンティティが構築できない 将来展望がもてない、前へ踏み出すことができない ある女子学生は、将来展望をもてない苦しさをつぎのように訴える。 「何かしないとと思って、資格を取る目標を立てて、試験勉強が […]
アイデンティティを支える

アイデンティティを支える

アイデンティティを支えるとは アイデンティティとは、生きる方向性 やはり肯定的に自分の姿を描けないことには、気持ちは落ち着かない。 自分探しというのも、肯定できる自分、「あ、いいな」と思える自分を探し求めるのだ。 みすぼ […]
自分探しの心理

自分探しの心理

自分探しとは 自分探しをする人 自分探しの本やセミナーの類が巷にあふれたせいか、自分探しはもう古いという声もある。 だが、自分というのは永遠のテーマであって、そんな簡単に決着をつけられるような柔なしろものではない。 自己 […]
他人の目を活かし対人不安を克服

他人の目を活かし対人不安を克服

他人の目を利用し対人不安を解消する 他人の目をほどほどに気にする 何ごとも行き過ぎは禁物だ。 他人の目を適度に気にすることが、他人へのきめ細かな配慮につながり、人付き合いを良好に保つコツにもなっている。 他人の目をまった […]
他人の目が怖いを克服

他人の目が怖いを克服

他人の目が怖い心理 他人の目が気になって仕方がない これまでに見てきたように、人付き合いにおいては誰もが「他人の目」を気にせざるを得ない。 初対面の相手やよく知らない相手に気を遣うのは当然だが、友達付き合いでも同じだ。 […]
対人不安の心理

対人不安の心理

対人不安とは 対人不安とは楽な自分で他人と接しないことから生まれる 現実に友達付き合いがあまりない場合も、友達とはうまく付き合っているという場合も、誰もが心の中では対人関係に不安を抱えているものである。 たとえば、話すこ […]
嫌われるのが怖い

嫌われるのが怖い

嫌われるのが怖いとは 嫌われるのが怖いから友達の誘いを断れない 人付き合いのストレスについて悩んでいる嫌われるのが怖い人は、嫌われるのが怖くて無理やり相手に合わせなければならないことからくるストレスがきわめて強いことがわ […]
友達付き合いに疲れる人の心理

友達付き合いに疲れる人の心理

友達付き合いに疲れるとは 友達と遊ぶのは楽しいけど、なぜか疲れる 学校で馴染みの友達としゃべったり遊んだりするのは楽しいがなぜか疲れる。 入学したばかりの頃や、クラス替えした直後など、休み時間に気軽に声をかけ合える友達が […]
自分で自分が嫌になるとき

自分で自分が嫌になるとき

自己嫌悪してしまうのは向上心がある証拠 「自分はなんてダメな人間なのだろう」 「こんな自分は大嫌いだ」 と自己を全否定したがる人がいます。 自分をとても卑小な存在とみている人の目には、周囲の人たちが安定した大きな存在のご […]
本当の自分がわからない

本当の自分がわからない

「無口で無愛想な自分」と「明るくおしゃべりな自分」 「いったいどれが、本当の私なのだろう。もしかしたら私は二重人格なのではないか」 ふとこんな思いにかられた経験があるという人は意外に多いのです。 家族のなかにいるときの自 […]
引っ込み思案で社交が苦手

引っ込み思案で社交が苦手

口下手もひとつの理由 積極的に人に話しかけることができない。 みんなと話しているときも隅っこで笑いながらただ聞いているだけになってしまう。 自己アピールの時代といわれるだけに、そういった内気なタイプの人は、取り残される不 […]
時には喧嘩になるくらい本音をぶつけてみる

時には喧嘩になるくらい本音をぶつけてみる

良友は口に苦し 一般に、独立心の強い男性に比べて、女性のほうが親密な友達関係を築きやすいようです。 中・高校生の男子が同性の友達と手をつないだり腕を組んだりして歩いているのは気味が悪くても、女子ならばべつにおかしくありま […]
自分をどこまでさらけだせるか

自分をどこまでさらけだせるか

人との距離がうまくとれない 携帯電話は、今の若い世代にとってなくてはならないものになっています。 ちょっと前まで、電話は機能的コミュニケーションの代表的な道具で、用がなければかけないものでした。 それは、緊急の用件を伝え […]
今の人間関係をものたりなく思ったら

今の人間関係をものたりなく思ったら

何でも打ち明けられる友達がいますか とある心理学者のには、学生が深刻な顔で研究室を訪ね、性格的な問題、就職の問題、家族関係の問題、恋愛や友人関係の悩みなどを相談してくることがあります。 悩みの内容は人それぞれですが、相談 […]
人間関係豊かな人は他人の心を知っている

人間関係豊かな人は他人の心を知っている

豊かな人間関係を築くには相手の心を知るということ 人間関係で悩まない人は感情より事実を優先する 「何に悩んでいるかすらわからない状況」を、簡単に解決する方法をお教えします。 それは、人間関係を客観的に見ること―。 そのた […]
寛容力が無い人が寛容力を育む方法

寛容力が無い人が寛容力を育む方法

寛容力が無い人が寛容力を育む技術 部下にイライラしてしまう原因 人に寛容でありたい、と思いながらも、つい油断して不寛容になってしまいがちなのが、職場での人間関係―特に自分より立場が下の部下に対してなどかもしれませんね。 […]
他人を許せば心は楽になる

他人を許せば心は楽になる

自分を許せれば他人も許せるようになる 他人をどうしても許せない例 もっと人に寛容でありたい。 もっと心の広い人になりたい。 そんな悩みを持っている人は、何か怒りやイライラを感じたときに、「相手を許したい」と思うのと同時に […]
自分を責めない寛容力

自分を責めない寛容力

自分を責めないとは 自分を責めないことは寛容力を培うこと もっと寛容力を身につけたい―。 そう思っている人にぜひお伝えしたいのは、「人に寛容になる前に、自分に寛容になりましょう」ということです。 そしてそのために、「自分 […]
怒りの感情コントロールで寛容力を培う

怒りの感情コントロールで寛容力を培う

怒りの原理 怒りの強さ 「ムカつく」「イライラする」「許せない」 こんな気持ちをシンプルな言葉に集約すれば、「怒りの感情」といえるでしょう。 「怒りの感情」というのは、じつはとてもやっかいです。 なぜなら、理屈では片付け […]
不寛容な人が寛容力を培うには

不寛容な人が寛容力を培うには

人が許せない不寛容とは 不寛容さを表す自分の心の大きさ もっと「寛容力」がほしい。 「寛容力」があれば、こんなにしんどい思いをしなくていいのに。 こんなふうに思うのは、どんなときでしょうか? たとえば、職場のあなたの同期 […]
褒めることは価値観を伝えること

褒めることは価値観を伝えること

褒めることは価値観を伝えること 人を育てる一番の方法は、褒めることです。 褒めれば、人は必ず伸びていく。 最近は子どもを育てるにも、学生を育てるにも、部下を育てるにも、「褒めなさい」とよく言われるようになりました。 だけ […]
自分から発言すると楽になる

自分から発言すると楽になる

声が出るのは、頭を働かせている証拠 しゃべらなければ、人間の思考は停止します。 日本人は四十代になると伸び悩みます。 この原因が「発言不足」にあると考えられます。 日本の会議などは水を打ったように静かで、参加者はあまり質 […]
自分の評価と客観的評価では世界が変わる

自分の評価と客観的評価では世界が変わる

自己評価=まわりの評価が一番幸せ 作家の石川達三は、小説『開き過ぎた扉』のなかで、主人公である男性医師の出生の秘密を通じて「人というのは、その人を取り巻くすべての人の評価を足し合わせたものだ」というようなことを書いていま […]
自分を信じるために大切なこと

自分を信じるために大切なこと

「ダメな自分」でも「うまくいかない自分」でも「不器用な自分」でも、どんな自分でも「素晴らしい」と思うこと。 ありのままの自分、素のままの自分には価値があると信じること。 いつでも、何をしようとも、そう信じることが「折れな […]
自信を育む

自信を育む

起こった問題を、思考を変えるチャンスにする 「弱い自分」「ダメな自分」「何もない自分」も含め、ありのままの自分、素のままの自分を「好き」「素晴らしい」「価値がある」と思う、信じることが「折れない自信」を育みます。 しかし […]
へこんで落ち込んだときの対処法

へこんで落ち込んだときの対処法

生きていれば、晴れの日もあれば、どしゃぶりの日も、大雪の日もあります。 大きな失敗をして落ち込む。 がんばってもうまくいかずにへこむ。 「自分を素晴らしい」と思いたくても思えない。 生きていれば、そういう日もあるでしょう […]
ありのままの自分で生きると自信が湧いてくる

ありのままの自分で生きると自信が湧いてくる

自信がないと、いろんなものを足そう、足そうとします。 自信がないと、それを打ち消すように、いろんな努力をします。 あるいは、お金だったり、地位だったり、服装だったり、資格だったりで自分の身を守ろうとします。 でもやっぱり […]
いつも自信がない人の自信のつけ方

いつも自信がない人の自信のつけ方

「なんだかいつも自信がないなぁ」と思っている人、「何をやってもうまくいかない」「どうせ私なんか」と卑下している人がいます。 そういう「自信の無い人」って、案外、勘違いやすれ違いで「自分はできない人」「自分はダメな人」と思 […]
折れない自信を育む

折れない自信を育む

「自分はダメな人間だ」「何をやってもうまくいかない」と自信がもてない人がいます。 一方、自信たっぷりに見えても、ふとしたことで「もうダメだ」と落ち込んだり、積み上げてきた自信が折れてしまう人がいます。 なぜ、「自信がある […]
完璧主義者でないほうが好かれる

完璧主義者でないほうが好かれる

完璧主義者の過去にこだわるのをやめる いろんな悩みを紹介しても、「私の状況は、もっとひどいのよ」「私のつらさは、そんなもんじゃないのよ」「自分は、もっとずっと大変な目に遭ったのよ」という声があがります。 「私のせいじゃな […]
べき思考をやめると楽になる

べき思考をやめると楽になる

心を窮屈にするべき思考 読者の方々の中にも法律をたくさん持っている人は多いのではないでしょうか。 この法律は国の法律ではなく、”自分だけの法律”です。 いわゆるべき思考というものです。 「仕事はスピーディーにやるべき」 […]
損してもいいと思えると楽になる心理

損してもいいと思えると楽になる心理

損してもいいと思える心理 いい人の人生には「不思議な真実」があります。 いい人の「損したくない」と思って行動するほど、どこかで損をします。 いい人の「得したい」と思って行動すればするほど、どこかで損をします。 いい人は「 […]
愛する心の心理

愛する心の心理

必死に求めなくても愛する心はもとからある ここでは、「断愛」のすすめについて、書いていきたいと思います。 そう、「断食」ならぬ「断愛」です。 「断食」は、食を断つことで、外に求めなくても、自分の中に「エネルギーがある」こ […]
もっと自由にありのままに生きてもいいからしがみつくのはもうやめる

もっと自由にありのままに生きてもいいからしがみつくのはもうやめる

理想と現実のギャップのカラクリ ひまわりの種をまくと、ひまわりが咲きます。 今、あなたの目の前で、ひまわりの花が咲きました。 あなたがひまわりの種をまいていたからです。 でも、あなたはずっと、チューリップの花が咲いてほし […]
心の古傷を隠すことはしない

心の古傷を隠すことはしない

心の古傷は何かのメッセージを伝えている 誰かと話をしていたり、本やブログを読んだりしているとき、なんとなく「これ、自分は好きだなぁ」とか「これは、なんか嫌」と心が動き、反応することって、あると思います。 気にしているつも […]
心のよろいをぬごう

心のよろいをぬごう

心につけた硬いよろいをぬいでみる 自信には種類があります。 それは、根拠がある自信と根拠がない自信とに分かれます。 これはどういうことかと言うと-世間で言うところの「自信」では、その自信の”根拠となる理由”を外から探して […]
心が疲れた人へ元気よく生きるために大切なこと

心が疲れた人へ元気よく生きるために大切なこと

生きていれば、多少、つらいことや突発的な悪い状況に、心がすりへってしまうことはあるでしょう。 けれども、それに気付いて心を満たしてあげてください。 そうすれば、心はすりへったままにならずに、また元のように戻っていきます。 […]
たった一言で疲れた心は満たされる

たった一言で疲れた心は満たされる

「たった一言でもその人の悩みや性格を変えることができる」 これはウソでも大袈裟な話でもなく、「たった一言」でも言葉には力があるということです。 ここでは、そうした「たった一言」を中心に集めてみました。 疲れた心を癒やすた […]
何もかもうまくいかない心理と対処法

何もかもうまくいかない心理と対処法

何をやってもうまくいかないとき、そんなときは、誰のどんな人生にもあるものです。 時々、折れそうになるし、無性に誰かにすがりたくなる。 思い通りにいかない、心を許せる人が1人もいない。 自分では、ただ、がんばっているだけだ […]
自分の性格が嫌だと思う心理と対処法

自分の性格が嫌いだと思う心理と対処法

「『他人』にすりへらされていると思う人」とは反対に、「『自分』で自分をすりへらしてしまう人」がいます。 自分の性格が嫌いな人は自分で自分を悪いと責めているような状態です。 何か悪いことが起きると、自分の性格が嫌いな人は自 […]